« ホステルに泊まる | トップページ | UKタクシーに乗ってみた »

2014年10月19日 (日)

リバプールまでの大移動

ドーバーから一気にリバプールまでの大移動をしました。

Fe1548

<高速鉄道>K-7/DA16-50mm

ドーバーからリバプールまではロンドンに一度出る必要があります。ロンドンのターミナルはヴィクトリアとセント・パンクラス。ロンドンからリバプールまではユーストンから出ているので、ほぼユーストンに隣接しているセント・パンクラス行きにしました。(画像は前日のもの)

Fe1571

<高速鉄道車内>K-7/DA16-50mm

高速鉄道とはいえ、座席指定があるわけでもなく、向きを変えられない固定の席です。ボックスになった座席には大きなテーブルがありますが、ちょっとじゃまだったりします。

ロンドンに向かうのだから、カンタベリーに向かった方角に進み、途中のどこかでヴィクトリア方面とは違う方向に行くのだろうと思っていました。だが、逆方向に進みます。ドーバー・プライオリーが行き止まりだとばかり思っていたのですが、違いました。

Fe1578

<白い崖>K-7/DA16-50mm

高速鉄道は途中からユーロスター専用線を走るようになります。以前のユーロスターは在来線を走り、終着はウォータールー駅でしたが、在来線のために高速を出せませんでした。初めてイギリスを訪れたときはわざわざウォータールー駅までユーロスターを見に行ったりしましたが、その間に専用線ができて、終着もセント・パンクラス駅に変更になったのです。

ユーロスター専用線といっても、ユーロスターがしょっちゅう走っているわけでもなく、こうして高速鉄道の登場となったわけです。

なんと、セント・パンクラスには1時間で到着。途中激込みでしたが、始発で乗ったので問題ありません。

Fe1588

<ケント州の伝統衣装>K-7/DA16-50mm

セント・パンクラスではドーバーやカンタベリーのあるケント州のキャンペーンをやっていて、州の伝統的な衣装を着た男女が気軽に撮影に応じてくれました。

しかし外は雨。ものすごい降りようです。セント・パンクラスからユーストンまでは地下鉄(Tube)で1駅なのですが、料金4.5ポンドがばかばかしい。なんとか雨が小降りになるのを待ち、傘をさして歩いてユーストンまで行きました。

Fe1590

<ユーストン駅>K-7/DA16-50mm

ここからはヴァージン・トレインズのリバプール行きが出ているはずなのですが、電光掲示板にはどこを探してもリバプールの文字が見あたりません。きくと、バーミンガムで乗り換えとなるそうです。

しょうがないので自動券売機でチケットを購入。これもまた、座席指定のないものでした。

Fe1593

<ヴァージンのペンドリーノ>K-7/DA16-50mm

アナウンスがあり、ホームに移動します。アフリカ系の男性が改札係でチケットにスタンプを押してから、ヌガーのようなものをもらいました。

Fe1595

<ヌガーとチケット>GR DIGITAL

ヴァージンの車両はいささか古く、座席も狭いです。また、頭上の荷物置き場も狭く、ようやくキャリーバッグを置くことができました。座席はボックスではありませんでした。

Fe1598

<エコノミークラス並み>K-7/DA16-50mm

しかも激込み。

Fe1612

<バーミンガム・インターナショナル駅>K-7/DA16-50mm

途中ようやく雨が上がりました。バーミンガムで乗り換えです。次はリバプール行きが来るのかと思ったら、またもスタッフォードというところで乗り換えです。

Fe1616

<座席なし>K-7/DA16-50mm

スタッフォードまでは1駅だったので、座ろうと思いませんでしたが、1時間くらいかかりました。検札のヴァージンの車掌が来て、チケットを確認すると、どこで乗り換えるか自分にこたえさせようとします。普通逆だろう。

Fe1619

<スタッフォード>K-7/DA16-50mm

駅の売店でスナック菓子を購入し、昼食代わりにすることにします。次はやっとリバプール・ライムストリート行きの表示がありました。鉄道会社(Operator)はロンドン・ミッドランドに変わります。

Fe1627

<車内>K-7/DA16-50mm

3人掛けと2人掛けのシートでした。いかにも近郊電車という感じです。それでもヴァージンよりはゆったり感があったかも。

Fe1638

<リバプール・ライムストリート駅>K-7/DA16-50mm

いやー、疲れました。約8時間かかり、リバプールに到着です。リバプールへの直行がなかったのは週末だったからのようでした。平日はあります。

|

« ホステルに泊まる | トップページ | UKタクシーに乗ってみた »

918t France & England」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

沢山電車にのったのですね~。
それにしても色々な電車があるんですね~
上から2番目の写真やグリーンのシートの電車はとても近代的ですが、バージンの電車と書かれているのは確かにエコノミーっぽいですね~
でもヨーロッパは電車の旅いいなぁ~
若きころヨーロッパで夜行列車に乗ったりしたことをお思い出しました。
少し長い旅行がしたいです。
ちなみに何日間くらいの旅だったでしょうか?

投稿: prego | 2014年10月20日 (月) 21時41分

rougepregoさん、こんにちは。
前回って、2000年に訪れたときは近郊電車と地下鉄のみ利用でしたので、ドーバーとリバプールまでは是非とも鉄道を使ってみたかったんです。
一応、イギリスの鉄道はかつての国営が線路だけはNational Railとして残り、列車の運行は鉄道会社、オペレーターに別れているんです。
ヴァージンはあのヴァージン・アトランティック航空の系列ですが、他の会社と明らかに違う列車が走っていますね。
今回全部で19日間の旅でしたが、戻りのリバプール・ロンドンとオックスフォードまでだけがバスでした。
あとは鉄道です。
でも、もし次のイギリスがあったら、安いバスにします。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月20日 (月) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60505804

この記事へのトラックバック一覧です: リバプールまでの大移動:

« ホステルに泊まる | トップページ | UKタクシーに乗ってみた »