« イングランド料理の味はいかに | トップページ | 英国国教会の総本山 »

2014年10月 9日 (木)

クラシックカーと花嫁

ちょっと間が空いてしまいましたが、何があったというわけではありません。画像が多すぎて、その取り込みと加工に時間がかかってしまっただけです。

ドーバー2日目はカンタベリーに足を伸ばしました。往復電車を使ったのですが、魔の土曜ということを忘れていました。料金がいやになるほど上昇するのです。しかも往復購入すればよいものを片道ずつ支払って、8.0ポンドを2回。UKの交通機関利用のキモはピーク時間(混雑する時間とはまた別)を避ける、休日を避ける、往復を購入する、1日利用券があったら積極的に利用するですかね。

一応ドーバーとカンタベリーの間にはバスも走っているようでした。たぶん料金も鉄道より安いだろうと思いますが、ドーバーのコーチステーションがわからなかったです。ま、駅のすぐ近くに宿があったので当然鉄道利用ですかね。

Fe1357

<カンタベリー>K-7/DA16-50mm

つうことで、カンタベリー・イースト駅から城壁の上の遊歩道を少し歩き、カンタベリー中心部にやってきました。カンタベリーといえば世界遺産カンタベリー大聖堂なんですが、こちらはあとで報告します。

イングランドまたはイギリスというと、どうしてもフランスと比較され、フランスの派手なイメージに比べどうしても地味に見られがちです。料理にしてもフランス料理にはどうやっても太刀打ちできないし。ところが、古い建築物は別にして、商店とかパブなどの色遣いはフランスよりも明るい感じです。だいたいはツートーンの色を使っていますが、隣の店と別の色を使いそれぞれが自己主張しながらも、大きくはみ出すことはなく、調和が取れている感じがしました。

Fe1485

<ご存じロールスロイス>K-7/DA16-50mm

路駐のクルマをふと見ると、ロールスロイスだったりします。まあ、ばんばん走っているわけでもないのですが、イタリアでフェラーリを見かける確率よりは高くロールスロイスには遭遇すると思います。

Fe1486

<エンブレム>K-7/DA16-50mm

こういうクルマを見ると、細部まで観察したくなるんですね。で、エンブレムを撮影しました。では後ろに回ろうかと、キャビンを見たら、助手席にいたんですよ、人が。「この田舎もののアジア人」とでも思われたでしょうか。

撮影は中断し、そそくさとその場を去ります。沢木耕太郎みたいに、「このクルマはオレのだから、一緒に撮ってくれ」みたいな展開にはなりませんね。

Fe1492

<アメ車ですが>K-7/DA16-50mm

キャデラックでしょうか。先ほどの失敗を繰り返さないように、さりげなく撮ります。なんか、花で飾られています。

Fe1493

<教会前>K-7/DA16-50mm

あ、そうだったんですね。花嫁を友人が囲むの図です。

Fe1494

<祝福>K-7/DA16-50mm

今回ズーム2本を持参したのですが、レンズで長短撮ることができるので、自分の身体がどこか一歩踏み出せないもどかしさを感じていました。ただでさえ、プライバシーを大切にするヨーロッパですから、人物写真はなかなか撮りにくいです。

それでも、今回の人物が写ったものの中ではベストに近いものです。次の旅(未発表)では単焦点レンズを使ってみたいなと思った一瞬ではありました。

|

« イングランド料理の味はいかに | トップページ | 英国国教会の総本山 »

918t France & England」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

地元でクラシックカーのフェスティバルがあったので、1938年式の現役のオースチンを眺めてきました。

投稿: 伊 謄 | 2014年10月 9日 (木) 13時41分

UKの鉄道は土日になると運行本数もガクンと落ちるので要注意です。あとはネット予約して現地の発券機で発券するとそれなりに安くなります。

投稿: おりんぴあ | 2014年10月 9日 (木) 13時55分

train伊 謄さん、こんにちは。
1938年式なんて、凄いですね。
1950年代設計のクルマなら、インドでばりばり今も販売してますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月 9日 (木) 23時14分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
それに引っかかって、リバプールまではロンドンから列車3本乗り継ぎでした。
ネット予約、次(いつになるかわかりませんが)は考慮してもいいかも。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月 9日 (木) 23時16分

ロールスロイスのはとの横に
ヒョウちゃんのシャツが!

投稿: trintrin | 2014年10月11日 (土) 12時04分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
やはりよく見てらっしゃいますね。
このシャツを着て、本日某所でイサーン鍋&シーシャでございました。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月12日 (日) 00時37分

ドーバーからカンタベリーも鉄道でいけるのですね。なんだかロンドン中心のイメージがあって、ロンドンから行くものとばかり思っていました。自分も鉄道とバスの両方があれば、基本は鉄道ですね。スペインほくぶのように鉄道が極端に遅かったり、本数が少ない場合は別ですが。

投稿: とんび | 2014年10月13日 (月) 13時06分

chickとんびさん、こんにちは。
コサムイからどうもです。
料金は高いですが、カンタベリーまではほんの少しで到着します。
今回は鉄道を多用しましたが、あまりにも料金が高く、次からはバスかとも思ったりしています。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月13日 (月) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60446583

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックカーと花嫁:

« イングランド料理の味はいかに | トップページ | 英国国教会の総本山 »