« カンタベリーのパフォーマーたち | トップページ | リバプールまでの大移動 »

2014年10月16日 (木)

ホステルに泊まる

ドーバーで泊まったのは、ホステルでした。

旅行者が外国で泊まる施設といえば、ホテルをはじめサービスアパートメント、ゲストハウスといったところでしょうか。ホステルといえば、ユースホステルが有名ですが、管理人がいてドミトリーのベッドというのが定番。YMCAもこのカテゴリーに入るのでしょうが、完全にホテル化している香港のような例もあり、いまいち明確ではありません。

ともかく今回のホステル、Hostel Alma & Cafe Expressはagodaで予約でき、1泊60USD程度と、イギリスにしては激安だったので、泊まってみることにしました。

Fe1235

<外観>K-7/DA16-50mm

ドーバーのフェリーターミナルからドーバー・プライオリー駅へ。駅への道を曲がるとすぐにホステルが現れました。こりゃ近くて楽だと思いましたが、まだ入口が開いていません。よく見ると貼り紙があり、時間外営業はしてないとのこと。営業時間まであと少しなので待つことにしました。

管理人がどこからか鍵を持ってやって来るものだと思いこんでいたのですが、実は中にいたのですね。何のことはない、客室に通じる入口にブザーがあったのです。1時間くらいして、別の宿泊予定者がやってきてブザーを鳴らしました。そしてようやく部屋にありつけたのです。

Fe1241

<ベッド>GR DIGITAL

ここは鍵がなくて、PINコードでドアを開けるシステムです。外から客室に通じる階段のドアと客室のドアは別のPINです。しかも階段入口のPINは毎日変更になります。セキュリティはかなり万全に近いですね。

ドミトリーではなく個室です。もともとドミトリーはない模様で、シングルのかなり狭い屋根裏部屋を与えられました。ベッドはシングルというより、かつてのブルートレインのB寝台みたいな感じでしょうか。これでも転落することなく熟睡しました。

Fe1242

<客室設備>GR DIGITAL

板を渡したようなデスクがひとつだけ。キャリーバッグを開くときはここで行いました。

Fe1244

<テレビ>GR DIGITAL

テレビはつい見てしまって、時間を浪費するので、海外では見ないようにしているんです。なくてもよかったな。

いちおうWiFiがあることになっていましたが、電波が飛んできたのはほんの一瞬でした。コメントを1件書いたらもう来ませんでした。今になって考えると、テレビをつけると部屋にWiFiが通じたのではないかということ。

Fe1247

<唯一の窓>GR DIGITAL

景色はガソリンスタンドが見えるだけ。エアコンがないのでこれを閉め切ってしまうと暑くなります。さすがに夜は閉めましたが。

Fe1243

<トイレとシャワー>GR DIGITAL

狭いです。畳半畳くらいでしょうか。バスタオルはありました。写真には写っていませんが、もちろん洗面台もありました。この写真(最後の1枚)のものよりさらに小さかったです。おそらく、今まで泊まった個室の中で最も狭い部屋ですね。全部で三畳くらいでしょうね。

Fe1334

<朝食>GR DIGITAL

それでも朝食付きです。ジュースとシリアルはセルフサービス。トーストとゆで卵、チーズは運んでくれます。紅茶かコーヒーを選べ、こちらも運んでくれます。シリアルは6種類くらいありました。

ホステルはおそらく泊まることはもうないと思いますが、結構味のある宿でしたよ。女性の管理人はかなりわかりやすい英語をゆっくり話してくれます。でも、TripAdviserではかなり酷評されてましたね。

|

« カンタベリーのパフォーマーたち | トップページ | リバプールまでの大移動 »

918t France & England」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

イギリスの激安が1泊60USD程度。
本当に悲しくなるぐらい高いですね。
ロンドンの中心地なんか、世界の最高級ホテルの値段が普通のビジネスホテルですから。

それでもこのホテルの朝食の写真を見ると、イギリスの品格のようなものを感じますね。
bread

投稿: スクムビット | 2014年10月18日 (土) 13時26分

golfスクムビットさん、こんにちは。
ホント高いです。
ヨーロッパの中でも一番高い部類でしょう。
北欧とかはもっと高いんでしょうかね。
朝食は結構よかったです。
週末に泊まったので、朝食の提供時間が1時間遅くなるというおまけ付きでしたが。
ヨーロッパは今後行くとしても、イギリスは当分ないでしょうね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月18日 (土) 14時11分

広さは重慶マンションの安宿ぽいですね(^^ゞ
でもシャワーが付いているのでOKでしょう
で、いくらなんですか?

投稿: kimcafe | 2014年10月18日 (土) 20時53分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
60USDなんで、重慶マンションのいい部類と同じ価格です。
息が詰まりそうになるのも同じくらいではないかと。
わたしゃ、重慶のHappy Guest House、快樂招待所に行ってみたいです。
ここで、劇的紀行・深夜特急の撮影が行われたんです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月19日 (日) 00時46分

こんばんわ。
香港高い高い、と言ってましたが、
イギリスもきっと高いでしょうね~
行ったことないのですがw
TVを見ると無駄に時間を過ごしてしまうって本当にそうだと思います。
私はテレビっ子で海外でもTVが無いとダメで、しかも夜中まで見てしまったりとダメなやつです…
お風呂、うぅ狭いですね~。周りがびしょびしょになってしまいそう~

投稿: prego | 2014年10月19日 (日) 22時01分

rougepregoさん、こんにちは。
イギリスの中でもロンドンがことのほか高いです。
1泊軽く1万円超えますね。
それもなんでも揃っているいいところじゃなくて、自分の感覚だとエコノミーホテルでです。
シャワーですが、もっと狭かったのが長江クルーズ船の個室のやつ。
ブースを水浸しにしないように、かがんでシャワーを浴びましたっけ。今回それに近かったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月19日 (日) 23時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60490542

この記事へのトラックバック一覧です: ホステルに泊まる:

« カンタベリーのパフォーマーたち | トップページ | リバプールまでの大移動 »