« TGVまとめ | トップページ | 沢木氏はなぜ大英博物館近くに泊まることになったのか »

2014年11月16日 (日)

1890年創立のパイ&マッシュ

ロンドン2日目、ロンドンでの沢木詣でを果たしたあと、1日乗車券があったので、グリニッジに行きました。すでに昼を回っていて、腹ぺこです。

グリニッジ天文台に向かう途中、アジアンテイストあふれる屋台街がありましたが、テイクアウェイしてきても食べる場所がないし、いざとなれば以前食べたことのある中華・ベトナム系料理屋があることを思い出し、先に急ぎます。

Fe2138

<渋そうな店>K-7/DA16-50mm

すると、緑で統一された店が現れました。1890年創立というから124年もやっているわけですね。はじめはパブかと思ったほどです。

外に出ている黒板を眺めると、各種のパイの店のようです。ここにしましょう。

ビーフパイにマッシュポテトをつけて、コーラの小を頼みます。そのまま、4.8ポンド支払い、料理を受け取り、二階に上がります。実はネイティブに対する英語がとても苦手で、ドキドキものでした。

Fe2132

<ビーフパイ&マッシュ>GR DIGITAL

黒塗りのテーブルが並んだフロアはかなり広々としています。家族連れからひとりの客まで様々です。年齢層も子供から老人まで。つまりはいつもごく普通に食べられている、イングランドの伝統料理なのでしょう。

Fe2134

<断面図>GR DIGITAL

パイは固くもなく柔らかくもなくといったところです。やはりナイフは必要です。パイの中からはミンチ肉が出てきました。タマネギも混ざっています。イングランドの定番ともいえる、グレービーソースをかけているのですが、すべてがソースの味に染まっているような感じです。

もちろんマッシュは味がありません。

後日発見した店のホームページによれば、ソースも選べ、マッシュの他、ベイクドビーンズも選べるようでした。

メニューとしては、ステーキ&キドニーパイ、ドーバーでも食べたステーキ&エールパイ、チキン&マッシュルームパイ、ウナギのゼリーよせなどもあります。

味が感じられないパイですが、ここに長年通い、いくつかのソース、付け合わせを試し、お好みの1品を決めていくというのが、イングランドに生きる人の「いつものこと」になっていくのでしょうね。

でなくちゃ、120年以上店を続けられないですよ。

Goddard's at Greenwich
22 King William Walk Greenwich London SE10 9HU
Tel: 020 8305 9612

|

« TGVまとめ | トップページ | 沢木氏はなぜ大英博物館近くに泊まることになったのか »

918t France & England」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

こういう時に日本から醤油を持っていけば助かるような気がしますが、どうでしょうか?

投稿: スクムビット | 2014年11月16日 (日) 19時35分

UKの人にとって「パイ」は日本人にとっての「味噌汁」と立ち位置が似ていて、お袋の味だという話を聞いたことがりますが、さもありなんですな^^;。

投稿: おりんぴあ | 2014年11月16日 (日) 23時58分

golfスクムビットさん、こんにちは。
中国の朝の白粥に対抗するため、ふりかけを持参したことがありますが、それ以外は調味料を持ち歩いたことがありません。
各自で味付けをするイングランドでは、いろいろなものが置いてありますが、ここにはなかったような。
120年の自信なんでしょうか。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月17日 (月) 00時52分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
なんでもパイ皮で包んでしまうイングランド料理ですから、「お袋の味」なんでしょうかね。
グレービーソースもそのひとつでしょうか。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月17日 (月) 00時54分

パイの手前の白いのは
全ておイモ?

投稿: trintrin | 2014年11月17日 (月) 14時42分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
そうです。
すべて、マッシュポテトでございます。
こんなにいらないっての。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月17日 (月) 22時21分

ふふふ、食べてみたいような、味が想像つくような・・・ですね(^^ゞ
ウナギのゼリーよせも食べたいけど、味がなさそう

投稿: kimcafe | 2014年11月18日 (火) 20時18分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
グレービーソースの味が強すぎて、元の味があまり感じられないんですね。
イングランドじゃウナギも蒲焼きなんかにしないでしょうから、何ともいえない味なんでは。
上海のタウナギは割とウナギの味がしましたが。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月19日 (水) 00時02分

味のないパイや味のないマッシュポテトはあまり食べたくないです。ソースをかけるにしても、食べる気がしないなぁ。それに量が多いですね。

投稿: とんび | 2014年11月30日 (日) 13時58分

chickとんびさん、こんにちは。
まあ、これらを通過しないと、イングランドの味がまったく伝わってきませんからね。
食べ続ければ、だんだんわかってくるのかもしれません。
味のしっかりしたものは、すべて外国料理になってしまいますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月30日 (日) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60662165

この記事へのトラックバック一覧です: 1890年創立のパイ&マッシュ:

« TGVまとめ | トップページ | 沢木氏はなぜ大英博物館近くに泊まることになったのか »