« National Expressでロンドンへ | トップページ | TGVまとめ »

2014年11月 9日 (日)

そうだアレを食べよう

ロンドンに到着しました。宿はヴィクトリア駅を見下ろすように跨線橋のたもとにありました。ロケーションとしてはこれ以上のところはあまりないでしょう。ヴィクトリア・コーチステーションに徒歩5分。ヴィクトリア駅に徒歩10分。ロンドン地下鉄のヴィクトリア駅までは15分ほどです。

おまけに、ヴィクトリア駅に向かう途中にはコーチステーションから折り返す施設に小規模のモールが入り、ヴィクトリア駅の建物にはスーパーやレストランがありました。非常に便利なのですが、それらのレストランにはあまり食指が動きませんでした。

ではいよいよアレを食べてみるか。そうです。アレです。イングランドに来ているというのに、まだ食していないアレ。やたら看板は見ますが、なぜか縁がなかったアレです。

そこで、ヴィクトリア・コーチステーションに再び向かいます。その店は通りの並びにありました。イングランドを代表する料理だというのに、ケバブもやっているスタンドです。こんなことでいいのでしょうか。おそらくいいのでしょう。なぜなら、この料理は昔から移民が多く経営者になっているともききます。

普通に注文し、7.3ポンドしました。意外に高いです。しかし、もらった紙袋はずっしりと重いです。

Fe1982

<フィッシュ&チップスお持ち帰り>K-7/DA16-50mm

というわけで、ようやくフィッシュ&チップスを頂くことになりました(引っ張ってすいません)。こういうものはそこらの公園あたりで食べるのが、いかにもという感じがします。とはいえ、写真も撮るので、宿の部屋で食べることにします。

Fe1984

<油まみれ>GR DIGITAL

購入場所は500mも離れていないでしょう。部屋まで10分程度でしょうか。こういうものは冷め切ってしまうと手がつけられなくなるので、このまま一気に頂くことにします。

油まみれに見えますが、テイクアウェイの際に酢と塩をふってもらったからです。でも油もかなり染みこんでいます。

Fe1985

<魚フライとイモの山>GR DIGITAL

袋の中はわら半紙みたいなもので二重に包まれていました。えっ、新聞紙じゃないの?という声も聞こえてきそうですが、新聞に印刷されているインクが人体に有害ということが判明してから、新聞紙は使われなくなったそうで。ちょっと味気ないです。

Fe1986

<二種類の白身魚>GR DIGITAL

本当はのんびりと写真を撮っている場合じゃないんです。急激に冷めていきますから。

魚は二種類あり、どちらも白身魚です。タラとスズキのような感じです。タラというとポルトガルの干しダラ、バカリャウが有名ですが、イギリス近海のものを使うようです。イギリスのタラですがコッド(Cod)あるいはハドック(Haddock)というそうです。違いはよくわからないのですが。

軽く揚がっていると書きたいところですが、やはり指でつかむと油っぽいです。パブなどで出てくるものは皿に盛られ、ナイフとフォークで食べるため、このべとべと感はないでしょうが、味の方はたいした差はないと思われます。

どちらかというと、タラの方が美味いです。揚げ魚二種はなんとか食べきりましたが、持てあますのはチップスです。食べても食べても減らない。イングランドのチップスはフランスのものより厚みがある感じです。やはり、イギリス人の主食はイモであったか。

チップスはわずかに残し、あとは紙で包んでゴミ箱にポイッ。胸焼けします。この半分くらいなら、何とかなったでしょうが、量が多すぎます。とうとう、このあと、フィッシュ&チップスは食べることはありませんでした。

|

« National Expressでロンドンへ | トップページ | TGVまとめ »

918t France & England」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

おっと、でましたね、FISH&CIPS
なぜか袋の絵も、油まみれの包みも、本物のフィッシュフライも同じ姿に見えるのが不思議です(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2014年11月10日 (月) 21時16分

coldsweats01
よーくわかります、その気持ち。
多いんですよ、量が多すぎ。
しかも単純な味付けで。
私も途中で捨てるでしょう。
ですけど自分で買ったものを捨てるのもくやしい。

捨てるくやしさと、我慢して全部食べてしまうことを天秤にかけると、やはり捨てることになるんですけどね。

投稿: スクムビット | 2014年11月10日 (月) 21時25分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
前回のイギリス旅行では外国料理ばかり(中華かインド、韓国など)食べていて、それじゃ行かんと思い直し、イングランドの味があったら、できるだけ食べるようにしました。
ま、それでもイタリア料理なんか食べたりしたのですが。
魚フライですが、手前のでかい方がタラで、奥がスズキです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月10日 (月) 22時19分

golfスクムビットさん、こんにちは。
イングランド料理の真骨頂は極力素のままの味を保つか、よく煮込んで形をなくし味もなくすことでしょうか。
そして、自分で好きなように味付けするんですね。
量も多いですねぇ。
やはり、イギリスを取り巻くフランスやスペインあたりの味には負けてますね。
いちお、チップスは完食できなくても、フライは食べきるつもりでした。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月10日 (月) 22時23分

Fish&Chipsは当たり外れが極端な博打のような料理ですからねぇ。。。。。ちょっと買うのは勇気が要ります(笑)。

投稿: おりんぴあ | 2014年11月11日 (火) 00時08分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
バクチなんですか。
当たりもありなんですね。
ワタクシが食べたフィッシュ&チップスは当たりでも外れでもなかったかな。
店で食べるとビネガーと塩以外にも、ソースが付くようですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月11日 (火) 20時24分

私がかつてロンドンで食べたギリシア系のFish&Chipsは大当たりでした。脂っこくなくかつボリュームもあったし。

あと、Fish&Chipsは別にChips(フライドポテトのこと)のみを注文しても良いです。またソースはケチャップやマヨネーズ、ブラウンソース(日本のソースみたいな立ち位置)もありです。店によってはマヨネーズ別料金(といっても20-30ペンス程度(笑))という店もありました。
飲み会のあとに日本のシメのラーメン食べる感覚ですかね^^;>Chips.

投稿: おりんぴあ | 2014年11月12日 (水) 00時20分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
んー、イギリスに食べログみたいなものがあれば、美味しいフィッシュ&チップスも辿り着けそうですが。
チップスだけの注文ですか。たぶんしないなあ。
今回初めてだったので、塩とビネガーでしたが、次回はいろいろなソースを試してみようかな。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年11月12日 (水) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60626631

この記事へのトラックバック一覧です: そうだアレを食べよう:

« National Expressでロンドンへ | トップページ | TGVまとめ »