« パブで常連になるには | トップページ | 船とは無縁のブライトンピア »

2014年12月 6日 (土)

ブライトンへ

Fe2194

<ヴィクトリア駅>K-7/DA16-50mm

ロンドン3日目。ヴィクトリア駅にやってきました。これから、海辺のリゾート、ブライトンに出掛けます。

Fe2195

<車内>K-7/DA16-50mm

なぜにブライトンというと、特に意味がなく、泊まっているところがヴィクトリア駅に近いところからですね。別の始発駅に行くと、余計な交通費がかかりますから。

車内はこんなシンプルな作りのサザントレインズ。もちろん二等席です。

Fe2309

<車内販売>K-7/DA16-50mm

とはいえ、こんな車版もあります。もちろん買いませんが。

Fe2208

<ブライトン駅前>K-7/DA16-50mm

ブライトンは雨でした。ついていない。しばしの雨宿り。でもすぐには止まず、傘をさして歩き出します。

Fe2212

<時計台>K-7/DA16-50mm

駅前からの道を進んでいくと下り坂になっていて、最後は海にぶつかります。その途中に時計台がありました。

Fe2211

<プリンセス・オブ・ウェールズ>K-7/DA16-50mm

プリンス・オブ・ウェールズがイギリス皇太子のことです。この時計台の4面のひとつには、ヴィクトリア女王の肖像があって、この若い女性は女王の若いときのものかと思ったのですが。

Fe2300

<後のエドワード7世>K-7/DA16-50mm

こちらが皇太子でした。母親がヴィクトリア女王で、その長男。最も長くPrince of Walesの立場にあった人物です。で、Princess of Walesは皇太子の妃ということでした。

先ほどの人物はエドワード7世の妃である、アレクサンドラ・オブ・デンマーク。ま、ヴィクトリアは美人ではありませんからね。

Fe2275

<ロイヤル・パビリオン>K-7/DA16-50mm

ブライトンにはこんなものもあります。イギリス国王ジョージ4世が建てた離宮だそうです。このジョージ4世にちなみ、海峡植民地でもあった、ペナンの中心都市をジョージタウンと名付けられたのです。

それにしても悪趣味な離宮。インドかアラブかといったところですね。時計塔とはあまり関係ありませんが、エドワード7世からさかのぼること、3代前の国王時代のことです。その頃からリゾートだったのかも。

さらに調べていくと、ブライトンでは国際捕鯨委員会がよく開かれていたようです。また、性転換者やゲイ、レズビアンのコミュニティがあり、その手の人たちのイギリスにおける首都なんだそうで。しらんかった。

|

« パブで常連になるには | トップページ | 船とは無縁のブライトンピア »

918t France & England」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60768761

この記事へのトラックバック一覧です: ブライトンへ:

« パブで常連になるには | トップページ | 船とは無縁のブライトンピア »