« 船とは無縁のブライトンピア | トップページ | Oxford Tube »

2014年12月11日 (木)

イングランドの朝メシ問題

ロンドンの宿では朝食が付きませんでした。6ポンドで朝食を出してくれるとのことでしたが、4泊もするのでなんとか6ポンド以下でそれなりの朝食を探すことにしました。

しかしこれが何とも難しい。ともあれ、2日目の朝はヴィクトリア界隈を回って、労働者向けの店を見つけました。Green Cafeというところで、カウンターで注文し、席に座って食べるところです。精算は食後でした。

Fe1993

<Green Cafeの朝食>GR DIGITAL

フライドエッグ、ベーコン、ダブルソーセージと紅茶を頼みました。食事が3.3ポンド。紅茶が80ペンスです。完璧じゃないですか。

Fe1994

<塩分控えめではなし>GR DIGITAL

と思っていたのですが、トーストを頼むのを忘れました。頼んでいたら、5.0ポンドくらいになったかも。

ソーセージはやはり大陸のものの方が美味しいです。ベーコンはまるでハムのようですが、これの方が特徴あります。こちらは大陸のものよりいいです。卵はもちろんどこで食べても同じ。インドあたりでは地鶏の取れたて卵ということがあって、これはとびきり美味しいですが。

80ペンスの紅茶ですが、まるでコーヒーのような茶褐色です。これでも、ティーバッグで出されたのですが、我々日本人が慣れ親しんでいる扁平なティーバッグではなく、茶葉がぎっしりと入ったものでした。小さなボールみたいな形でした。名もないメーカーのものでしょう。決してフォートナム&メイソンなどではなく(80ペンスですし)、スーパーで探して土産にでもすればよかったです。

まあまあ満足しました。ここに毎日通うとして、いろいろ試してやろうと思っていましたが、翌日は休業していて、一気にテンションが下がります。

Fe2190

<Breakfast Wrap>GR DIGITAL

しょうがないので、ヴィクトリア駅階上にあるマクドナルドに行きました。いろいろ朝食メニューはあるんですが、マフィンとかではなく、飲み物付きのラップというものにします。これで3.9ポンド。

Fe2191

<ブリトーのような感じ>GR DIGITAL

包装を剥がすと、薄い小麦粉で焼いた生地の中にコロッケと肉が現れます。こりゃ今ひとつです。安いだけあります。

近くの席では移民と思われるガキ、いやいややんちゃな男子2名が座席に寝そべりはじめ、あまり雰囲気がよろしくありません。食べて早々に立ち去ります。マクドナルド、こりゃあかん。

Fe2325

<3日目>GR DIGITAL

まだ、フルイングリッシュ・ブレックファストを食べてないなと思い、4日目の朝食はこれにチャレンジします。場所はやはり、ヴィクトリア駅階上の一角へ。マクドナルドと同じフロアですが、持たざる者は入ってこれないようになっていますので、安心です。

Frankey & Benny'sという、チェーン店です。イングリッシュ・ブレックファストもいろいろ種類があり、Big Breakfastというものを頼みます。トーストもつけました。

Fe2331

<Big Breakfast>GR DIGITAL

来ました。小食な人の夕食分くらいの量です。昼食でも十分ですね。

Fe2328

<ボリューム満点>GR DIGITAL

ダブルフライドエッグ、ソーセージ、ベーコン、ベイクドビーンズ、焼きトマト、焼きマッシュルーム、チップスという内容。これに、シリアルとジュースがあれば、完璧ですか。たぶん、メニューにはそういうものもあるんでしょう。

目玉焼きがレアな部分も残してあるのは、トーストにつけて食べる人が多いからでしょう。ビーンズもそうして食べる人がいるようです。わたしゃお上品に、バターとジャムだけで頂きましたが。

マッシュルームは意外によかった。焼きトマトというものも、イングランド特有でしょうか。もちろん酸味がありますが、暖かくて意外な味があります。トマトも中華ではスープに入れたり、料理の具材で熱を加えますから、意外でもなんでもないのかも。

それにしても、イングランドでトマトが育つのだろうか。温室栽培なんでしょうね。高いのかも。

料金は8.4ポンド。1000円オーバーです。今のレートが、1ポンド=185円くらい。銀行レートで197円とありました。やがて、200円越えですかね。やってられんです。やはり、ロンドンやイングランドの人にとっては、1ポンド、100円くらいの感覚でしょうね。

最終日はスーパーで一番安いサンドイッチを買い、部屋の無料のコーヒーで流し込みました。グレートブリテン島、財布には辛いです。

|

« 船とは無縁のブライトンピア | トップページ | Oxford Tube »

918t France & England」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

フル・イングリッシュ・ブレックファーストの難点は毎日食べるといい加減重くて食べる気がなくなる点ですな^^;。

紅茶は日本のような糸がついたものは珍しくだいたいはスーパーで40ティーバック入り1.40ポンドの丸いティーバッグをマグカップに放り込んで電気湯沸し器のお湯ぶっこんで飲みます。ミルクはスーパーのペットボトル入りの牛乳です(^^)v。

投稿: おりんぴあ | 2014年12月12日 (金) 00時41分

あ、あとトマトはスペイン・イタリアなど南欧から輸入だと思います。EUなので関税がかからないのですよ。あとUKの農家は日本ほど勤勉ではないので温室栽培はやらないと思います^^;。

投稿: おりんぴあ | 2014年12月12日 (金) 00時42分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
連投ありがとうございました。
毎日目先の変わったものを食べたくなりますが、飽きずに食べ続けることができることが、朝食の条件のひとつでもありますね。
と、なると、Green Cafeくらいのやつがちょうどいいわけですが。
ティーバッグの解説もありがとうございました。
あれ、ちょっと欲しいです。
トマトは輸入ですか。なるほどね。
露店などではやたらと、イチゴあたりは見かけましたが、トマトはなかったなと。
関税なし。イギリスもEUでしたね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月13日 (土) 00時16分

お写真のような
マッシュルームとトマトがはさんである
ハンバーガーがフレッシュネスバーガーにありますよ♪
このくらいの大きさのマッシュルーム
国内でも時々見かけます
これは加熱するとじゅわーっと水分が出て
おいしゅうございます

投稿: trintrin | 2014年12月13日 (土) 08時38分

英国のように食事代がホテル代や交通費に比べて相対的に高い国では朝食がつかないとか別料金ってのは痛いですねぇ。英国は朝食がつけば、そこそこいいと思うのですが、外食しても、朝からあまり食べたくなるようなものがないのもつらいですね。

投稿: とんび | 2014年12月13日 (土) 09時19分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
そうでしたか。
基本日本ではほとんどハンバーガーを食べることがないので、知りませんでしたが、我が地元にも1軒ありますね。
あれだけでかいキノコは、結構腹の足しになります。美味いですし。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月13日 (土) 15時56分

chickとんびさん、こんにちは。
昨年あたりから、朝食はホテルとは別のところで食べようと、がんばってます。
できるだけ違うもの、地元のものをと思っているんですが、イギリスはちょっときついです。
イギリスのホテルの朝食も、コンチネンタルっぽいものが増えてきたので、高額料金を取って、それというもの痛いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月13日 (土) 15時59分

こんにちは!
イギリスの朝ご飯事情、面白かったです。
やっぱり本当に高いのですね。
最後のは誰かと一緒だったらシェアしてもよさそうですね~

投稿: prego | 2014年12月14日 (日) 09時20分

rougepregoさん、こんにちは。
以前行ったときも、このくらいの対ポンドレートでした。
でも、もう少しイギリスの物価は安かったと思います。
5ポンドでも高いですが、せめてそのくらいで済ませたいです。
シェアできれば安上がりですが、ひとり旅には辛いところです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月14日 (日) 14時04分

一度はフルイングリッシュブレックファストもいいとは思うのですが、いかんせんハムソーセージ類を基本、食べないわたしにはちょっともったいない・・・。焼きトマト、懐かしいです。19歳のとき、B&Bで初めて「温めたトマト」を食べました(バース)。うー・・・と思ったけど、あんまり甘くもないトマト(生食に向いてないような味)だと、焼いてちょっと塩かけるとおいしく食べられますよね。

しかし、物価高い。姪と行ったときにマックで驚愕。おいしければともかく、マックで数千円を払うのは(ふたり分)どうよ、と思いました。

投稿: あけきち | 2014年12月15日 (月) 09時37分

dogあけきちさん、こんにちは。
お約束通り、また来てもらって嬉しいです。
ずいぶん前のことですが、「フライド・グリーン・トマト」という映画があって(でも見てません)、その後リバプールのYMCAでこれが朝食にでてきて、「ああ、これか」と思ったものです。
一瞬「えっ?」となりますが、食べたらどうってことありませんね。
物価高には参ります。
ドーバーからカンタベリーという隣町に電車で往復したら、3000円オーバーですからね。
ま、知らずに片道料金で払ってしまいましたけど。

けっこう痛かったので、今はひたすらタイやベトナムあたりに激しく行きたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年12月15日 (月) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60796072

この記事へのトラックバック一覧です: イングランドの朝メシ問題:

« 船とは無縁のブライトンピア | トップページ | Oxford Tube »