« 成田のタイ寺院 | トップページ | 屋台でカオチー・パーテ »

2015年1月20日 (火)

レシプロエンジン

Lp0188

<マッカサン>K-7/DA21mm

いよいよ6年ぶりのルアンパバーン。2日滞在したアソークの宿を早朝のチェックアウト。MRTで1駅のペッチャブリーに出て、マッカサンでエアポートリンクに乗り換えます。

Lp0195

<長蛇の列>K-7/DA21mm

早朝だというのにこの大行列。とはいえ、ほとんどの人が、ネット販売でそれぞれがプリントアウトしてきた用紙やスマホに送られてきたメールを見せるだけなので、かなり早くチェックインできました。

出国審査を済ませ、ラウンジへ急ぎます。何しろ朝食を食べていないもので。バンコクエアウェイズはすべての乗客にラウンジが開かれています。

Lp0198

<本日の朝食>GR DIGITAL

バナナ、サンドイッチ、ちまきとジュース。このあとコーヒーも頂いてシメとします。ネットのチェックも少しだけして、搭乗口に。

Lp0201

<バス移動>K-7/DA21mm

ATR72であることは予約時にわかっていました。飛行時間2時間なので、いつもは通路側を確保しますが、往復とも窓側を予約しました。

Lp0206

<フアヒン号>K-7/DA21mm

バンコクエアウェイズ特有の塗装。いかにも南国風です。バゲージが積み込まれていくところもよくわかります。

Lp0210

<エンジン作動>K-7/DA21mm

ジェットエンジンだと滑走路を進んでいく時のけぞるような感覚がありますが、滑らかです。滑走路の端まで進んでいき、くるっと向きを変えます。

Lp0219

<スワンナプーム空港>K-7/FA35mm

こんな作りなんですね。速度が遅いのではっきりとよく見えます。

Lp0221

<機内食>GR DIGITAL

卵焼きに赤のもち米と普通のタイ米。卵焼きは美味くなかった。ヨーグルトにカットフルーツ。以前はボックスミールだったから、まだマシなんでしょうか。キャセイのカラトリーはすべてプラスチックですが、こちらは金属製でずっしりしています。

昨年くらいから機内での写真撮影とビデオ撮影がいつでもできるようになりました。ちょうど高度を下げ始め窓から眺めているとメコンが現れ、すかさずK-7を動画にして撮影です。

ルアンパバーンがよくわかりますね。プーシーの丘もばっちりです。

ちなみに離陸および着陸前はカメラとビデオは許可されましたが、音楽プレイヤー、スマホを含む携帯電話、タブレットやPC操作は禁じられています。

この映像3分近く撮り続けましたが、オリジナルサイズでYouTubeにアップできませんでした。リサイズして縮小してあります。

Lp0239

<無事到着>K-7/FA35mm

ATR72を降りると、そのまま徒歩で空港の建物へ。日本人は15日間ならビザ免除です。荷物も無事出て、乗り合いタクシーで宿へ。乗り合いタクシーというものの、実態はワゴン車です。まだ、ラオスの通貨、キープを持っていなかったのでバーツで支払いました。チケットには200バーツと印刷されていました。

|

« 成田のタイ寺院 | トップページ | 屋台でカオチー・パーテ »

919t Bangkok & Luang Phabang」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

空からみるとルアンパバンも大きな町ですね
窓際左側に座るのがコツですね
しかし、物価が高いというのが納得できません(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年1月20日 (火) 22時13分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
規模からいうと、ナコーンパノム、ムクダーハンくらいでしょうか。
それでも見どころはほとんど歩いて回れます。
2日あれば十分ですかね。
いやもう、ラオスは観光するとやたら金がかかります。
4日で2万円近くですから、東南アジアとしては異様に高いです。
まあ、土産も買ったけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年1月20日 (火) 23時53分

空からのスワンナプーム空港
興味深く拝見しました
焼く前の餃子が並んでるみたい

投稿: trintrin | 2015年1月21日 (水) 05時42分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
屋根の形、内部からはわからないんですけどね。
バンコクに戻る便でも、いい眺めを楽しませてもらいました。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年1月21日 (水) 22時15分

バンコクエアはエコノミークラスでもラウンジが利用できて太っ腹な航空会社だと思います。昨年はバンコクエアを使って、バンコクからクラビとコ・サムイに行きましたが、計4回利用することができました。写真を見ると食べ物は国内線の場合と同じようです。

投稿: とんび | 2015年1月31日 (土) 13時39分

chickとんびさん、こんにちは。
スワンナプームで国際線も国内線も使っていますが、ほぼ同様の内容ですね。
ラウンジが2箇所あるとも思えないのですが、どうなんでしょう。
シェムリアップにいったときはラウンジまでたどり着けませんでした。久しぶりです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年1月31日 (土) 20時51分

スワンナブームは国内線と国際線で別々の場所にラウンジがあります。自分が国際線ラウンジにはいったのはルアンパバン行った時です。このときはルアンパバンにはまだラウンジがありませんでした。シェムリアプも同様でヒョウちゃんがいったときにはまだなかったのだと思います。

投稿: とんび | 2015年2月 1日 (日) 20時30分

chickとんびさん、こんにちは。
ちょっと省略したところがあるので、書き直します。
バンコクエアウェイズのスワンナプームのラウンジを使ったのは今回を含めて2度目です。
シェムリアップも含め、他の空港での使用歴はありません。

>シェムリアップにいったときはラウンジまでたどり着けませんでした。

というのは、スワンナプームのことです。

ルアンパバーンではラウンジらしきところはありましたが、閉まっていました。

バンコクエアウェイズのHPで国際線と国内線両方にラウンジがあることは確認しました。
ありがとうございます。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年2月 1日 (日) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60992894

この記事へのトラックバック一覧です: レシプロエンジン:

« 成田のタイ寺院 | トップページ | 屋台でカオチー・パーテ »