« 台北経由の長い道のり | トップページ | 嗚呼学食は花と散る »

2015年3月30日 (月)

大沢たかお、バンコクの宿

深夜特急の足跡を追うVol.19

「劇的紀行・深夜特急」で大沢たかおがドンムアン空港で出会ったタイ人の大学生に連れてこられた宿があります。そこでは結局原作のように、ボーイたちに「レディいらないか」攻撃に遭い、すぐにカオサンに行ってしまうという設定でしたが。

ここは映像でばっちり映っていて、「Suriwongse Hotel」と読めるのです。大学生によればこの界隈の名前は「パッポン。日本の店がたくさんあるよ」とのこと。

ま、そんなわけでシーロムあたりに実在するホテルだと思っていました。この旅のために「歩き方・バンコク」を購入したと報告しましたが、そこに掲載されていました。おまけにシーロム界隈の屋台の紹介とともに、パッポンやタニヤの拡大図まであり、スリウォン・ホテルの場所までばっちり載っていたのですね。

こりゃ行くしかないでしょう。

Lp1478

<朝のパッポン>K-7/DA21mm

見事にお店は閉店してます。って、歓楽街ですから。ファラン向けの店の前にあったテーブルには布製のコースターがそのまま置かれていました。

宿はスリウォン通り側にありました。

Lp1471

<看板>K-7/DA21mm

右手がスリウォン通りです。この路地を入っていきます。このあたりでメモなんぞを取っていると、怪しい人物が近づいてきて朝っぱらからその手のお誘いを仕掛けてきますが、ほとんどは詐欺みたいなものでしょう。無視して歩きます。

Lp1472

<ここだ>K-7/DA21mm

映像ではかなりの規模のホテルに見えたのですが、小さいです。左側には併設された建物がありますが、なんと、ボーイズ・ゴーゴー・クラブだそうで。これは見事に映っていませんでしたね。

Lp1474

<入口>K-7/DA21mm

実はWebサイトもあって、ホテル側のレートでは1泊1200バーツから。一番良い部屋は4900バーツとのことですが、眉唾物かも。旅行会社を通せばかなり安くなると思います。

Suriwongse Hotel
31/1, 33 Suriwong Rd.
Tel 0-2266-8257~60

このあと、カオサンに宿替えするのですが、そのときの宿はKhaosan Privacyとなっています。しかし、この宿はもう現在ありません。

メイキング映像を添付してみました。冒頭はスリウォン・ホテルだと思いますが、このシーンは本編には登場しません。その他興味深いシーンもあります。

とりあえず、バンコクでのミッション、ある程度果たせたかも。

|

« 台北経由の長い道のり | トップページ | 嗚呼学食は花と散る »

919t Bangkok & Luang Phabang」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

Midnight Express」カテゴリの記事

コメント

ここは何回も前を通ったことがあります。
しかし深夜特急とは全然結びついていませんでした。

私も一人でバンコクで最初に泊まったのは、シーロム。
私のとってパッポンや、タニヤの通りがタイの全てでしたから、深夜特急と同じです。
スクムビット

投稿: スクムビット | 2015年3月31日 (火) 07時43分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
スクムビットさんにとってはこのあたりがバンコクでのルーツみたいなものなんですね。
わたしゃ、バンコクで初めて泊まったのが、あのナナ・ホテルでして、予約する前から評判は聞いていたんですが、安さに負けました。
それ以来、BTSスクムウィット線のチットロムからアソークの間に宿を取っています。
シーロムはどちらかというと未知の世界です。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年3月31日 (火) 21時00分

1000バーツなら一度泊まってもいいですね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年4月 2日 (木) 23時01分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
さすがにフアラムポーンのステーション・ホテルとはクオリティが違いますかね。
値段は4倍ですよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年4月 3日 (金) 23時03分

簡単に見つかりましたね。この一帯はちょっと不便なので泊まったことがありません。BTSでも乗り換えが必要ですしね。泊まるのはアソークのジャスミンホテルが気に入って定宿になっています。コストパフォーマンス抜群でいいのですが、飽きてきたので、別のホテルに宿かえしてもいいかなとか思っています。それでもアソークあたりかな。

投稿: とんび | 2015年4月 4日 (土) 07時25分

chick
とんびさん、こんにちは。
ここに泊まることはないと思いますが、シーロムに屋台街があることがわかったので、1回くらいはこのあたりで泊まってもいいかと思ってます。
だいたいはBTS沿線で泊まっています。
いつもセンターポイントで泊まることができればいいのですが、高いので旅の最後あたりにぶつけて、大きいものを洗濯するなどに当ててます。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年4月 4日 (土) 13時46分

とうとう当たってしまいました。
ここ、用途が特殊なホテルで
99%宿泊は避けてください。
サイボーグを見たくないでしょう。
金魚鉢とか、それも検索しないで欲しいです。
ついにリンク先の大沢たかお、の
海賊youtubeが生きているのを見ました。
タイ語ができるようになった自分が
見ていると「覚醒」です。
あと、25年ぶりの一眼レフも!

投稿: TAKA | 2016年9月 4日 (日) 22時40分

cancer
TAKAさん、こんにちは。
ということはお泊まりになったことがある?
その話、ビンミンで伺いましょう。
あの、メイキング映像はおそらく名古屋テレビまたはテレビ朝日の番宣ですよ。
ヨーロッパ編とかインド編などもあります。
カメラ来ましたか。
次はブログですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年9月 4日 (日) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/61363718

この記事へのトラックバック一覧です: 大沢たかお、バンコクの宿:

« 台北経由の長い道のり | トップページ | 嗚呼学食は花と散る »