« ワット・シェントーンの金箔職人 | トップページ | 大沢たかお、バンコクの宿 »

2015年3月29日 (日)

台北経由の長い道のり

Fe2670

<ヒースロー空港>K-7/DA16-50mm

宿で荷物を受け取り、ヴィクトリアからヒースローへ。朝購入しておいたワンデイパスで行くことができます。それでもたっぷり1時間かかりました。

エバー航空のターミナルは2でした。なんと、マシンでのセルフチェックイン。荷物は別に預けることになります。台北経由ですが、台北で1泊することになっているのでサブのバッグに替えの服を入れておきました。

アメリカ同様出国審査はないのですが、荷物検査は厳重です。バッグの中身をすべて検査されます。

まだ早かったためか、搭乗口の案内はなく、こんなロビーでくつろぐことになります。無料WiFiは1時間のみ。

Fe2674

<飛行ルート>GR DIGITAL

繁体字の地図。少し立体的に見える斬新な作りです。

Fe2697

<アニメ風>GR DIGITAL

モニターのない飛行機ではアテンダントによる実演ですが、普通ビデオで上映する安全の確保事項。エバーではアニメです。

Fe2696

<登場人物>GR DIGITAL

数名の登場人物がいて、やってはいけないことを映し出します。特にカップルで出てくるキャラクターはアテンダントに注意されたあと、抱き合うなんて細かい演出もありました。

Fe2704

<桃園空港ホテルバス乗り場>K-7/DA16-50mm

スワンナプーム経由でようやく桃園。1日だけの入国で、帰りの搭乗券を提示させられました。

Fe2706

<ノボテル>K-7/DA16-50mm

けっこう高いノボテルの部屋。実は空港内部にトランジットホテルがあり、このことに気づいたのは出発後であったと。ただ寝るだけの部屋。

Fe2720

<朝食>GR DIGITAL

お粥にしました。麺もできたのですが、早すぎて準備中。空港から宿までの往復は無料シャトルが出ているので、用意してきた台湾元は不要でした。

Fe2736

<帰りもキティジェット>GR DIGITAL

そして成田まではやはりキティジェットでした。それにしても長い道のりでした。これで、2014年夏の旅レポは終了。数多くのコメントありがとうございました。

|

« ワット・シェントーンの金箔職人 | トップページ | 大沢たかお、バンコクの宿 »

01b Taiwan」カテゴリの記事

918t France & England」カテゴリの記事

Airport」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

お疲れさま~(^^ゞ
ロンドン→バンコク→台北泊→東京ですか
長い道のりですね
今は頭の中がもうインドモードでしょうね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年3月29日 (日) 21時24分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
夕方乗って、昼過ぎにスワンナプーム、夜に桃園です。
でも、翌日はあっという間でした。
インド渦巻いていますよ。
本日パスポートの更新に行ってきました。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年3月30日 (月) 19時54分

ロンドンからはキティちゃんじゃないんですね
キティちゃんはアジア限定だったっけ?
ネコカマボコがなんとも懐かしいですわ
ハーゲンダッツもキティちゃんだったですよね?

投稿: trintrin | 2015年3月31日 (火) 08時04分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
当時はパリもロンドンもごく普通のエバー塗装でした。
今調べてみたら、パリ便もキティジェットになったようです。
他に、グアムに飛んでいるようです。
6月からはヒューストンにも飛ぶようで、世界制覇しそうな勢いです。
まずはハローキティに馴染みのあるようなところから攻めるんでしょうか。
パリジャンのおぢさんは、この機内でなんと思うことやらです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年3月31日 (火) 21時21分

ずいぶん遠回りしましたね。台北乗継だけじゃなく、バンコクも経由でしたか。かなり時間がかかってお疲れだったことでしょう。しかも、エバーは1泊しなければならないことが多くあるのも不便ですし。ホントご苦労様でした。かなり疲れるのは大変ですが、エバーはサービス悪くはないし、スター系のマイルがそこそこたまりますし、乗り甲斐はありますね。

投稿: とんび | 2015年4月 4日 (土) 07時39分

chick
とんびさん、こんにちは。
エバー航空は、パリ便は直行なんですが、ロンドン便はバンコク経由なんです。
経由地で1泊というのは初めてでした。
またエバーでヨーロッパというのはたぶんないと思いますが、東南アジアだったらありかもです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年4月 4日 (土) 13時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/61354238

この記事へのトラックバック一覧です: 台北経由の長い道のり:

« ワット・シェントーンの金箔職人 | トップページ | 大沢たかお、バンコクの宿 »