« ランガルに参加しました | トップページ | ワット・シェントーンの金箔職人 »

2015年3月25日 (水)

腹一杯のバミー

バンコクで是非とも行きたかった店がありました。その名も「バミー・ジャップガン」。「労働者のバミー」という意味です。

この前の旅ではバンコクだけだったので、2012-2013年度版「地球の歩き方・タイ」ではなく、新しい「地球の歩き方・バンコク」を購入していったのです。かなり詳しい内容になっていて、レストランの紹介も、中高級店だけでなく、屋台に近いような店まで紹介されていたのです。「ピンクのカオマンガイ」も掲載されていました。

ここにあったんですよ。バミー・ジャップガンが(表記は「バミー・チャップカン」でしたが)。

Lp1498

<ジャルンクルン通り>K-7/DA21mm

場所はヤワラートにあります。昨年「9つの寺院巡り」をした、ワット・マンコンの近くだといいますが。相変わらずのMRT延長工事で、途中からとても歩きにくくなります。歩道が狭くなるんですね。

Lp1499

<フルーツ屋台>K-7/DA21mm

この屋台が現れたらすぐです。でもすぐには見つからないんだなあ。

Lp1504

<ちょっとした市場>K-7/DA21mm

それは、店が小さな市場の中にあるからでして、表の通りからは見えないんですよ。ワタクシも探し回りました。

Lp1505

<発見>K-7/DA21mm

と、市場の間の空間に店らしきものを見つけました、明らかにどんぶりの大きさが他店とは異なり、ラーメンどんぶりくらいのサイズです。ここに間違いないでしょう。

なんか注文を受けていないのにどんどん麺をどんぶりに入れていきます。おじさんの方は具をのせていきます。

ではワタクシも席に着くことにしましょうか。超満員でようやく1席あきました。「バミー・ヘーン、タマダー」と注文します。

Lp1506

<すぐに来ました>GR DIGITAL

普通麺の店では、麺の種類を指定し、スープのありなしを伝え、具も指定するのですが、ここではスープありの「バミー・ナーム」かスープなしの「バミー・ヘーン」だけでよいのです。

この店はバミーオンリーで、クイッティオはないのです。具も、青菜とチャーシューっぽい豚肉だけです。

真上から撮影したので、量の多さは今ひとつ伝わらないと思いますが、軽く普通のバミーの2倍はあると思います。

そんな量なので、スープありにすると途中で麺がふくらんできて食べきれないともいわれています。80%くらいはスープなしが出ているようです。

Lp1508

<リフトアップ状態>GR DIGITAL

タマダー(普通盛り)にしてみましたが、ラーメン並みにはありますね。冷やし中華よりは量が多いです。

腹が減っていたこともあるのですが、完食です。次はビセート(大盛り)に挑戦したいです。バンコクナビの情報ではタマダー、30バーツとのことでしたが、35バーツでした。それでも安いです。

Bami Japgang
Thanon Jarungrung Soi Jarungchai 23, Bangkok 10100, Thailand(TripAdvisor)

バンコクナビ

岡崎大五、「アジア飯店」にも登場します。

|

« ランガルに参加しました | トップページ | ワット・シェントーンの金箔職人 »

919t Bangkok & Luang Phabang」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

あれ?
ピンクのカオマンガイって渋谷にもできましたよね?
渋谷といえばヒョウちゃん、エライことになってます
東急東横店は跡形もなくなってました
MRTもどんどん伸びる!
渋谷もモノレールだか空中を渡るらしい

投稿: trintrin | 2015年3月26日 (木) 04時53分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
そういや、長らく渋谷駅界隈に行ってないです。
Google Mapが必要です。
渋谷といえばタイフェス。
今年は5月16~17日だそうです。
今年は何をしましょうか?

投稿: ヒョウちゃん | 2015年3月26日 (木) 19時47分

バミー・ジャップガンですか。スープなしの麺はあまり食べたことがありませんが、美味しそうですね。この店、行ってみようかな。地球の歩き方のバンコク編に書いてあるのですね。何年か前のがあるのですが、書いていなかったら、買い替えようかな。

投稿: とんび | 2015年4月 4日 (土) 07時54分

chick
とんびさん、こんにちは。
10年くらい前のバンコク編には登場してないです。
常設ではあるんですが、屋台を大きくしたような店ですから。
このあたりを取材して、掲載されたのは最近のことではないかと。
フアラムポーンから歩くと、ジャルンクルン通りの右側を歩いていき、ワット・マンコンの手前の市場のようなところを探すとあります。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年4月 4日 (土) 13時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/61337821

この記事へのトラックバック一覧です: 腹一杯のバミー:

« ランガルに参加しました | トップページ | ワット・シェントーンの金箔職人 »