« 夏は南インド | トップページ | コーヒーと軽い食事 »

2015年5月 7日 (木)

マラッカのウォールアート

Mt0081

<マラッカ>K-7/DA16-50mm

派手なトライショー。ここはマラッカのオランダ広場で客待ち中。年を追うごとに派手さを競うようになってきた感じがします。同時期に世界遺産に登録されたジョージタウンのトライショーはかなり地味ですけど。

Mt0115

<マラッカ川>K-7/DA16-50mm

マラッカにはマラッカ川が流れています。近年この両岸にゲストハウスやらカフェやらバーなどができはじめました。2007年に初めて訪れたときにはほとんどなかったと思うのですが。

Mt0091

<ジャズ・バー>K-7/DA16-50mm

かなり上手な絵です。トランペットの人物はルイ・アームストロングでしょうか。ご丁寧にタイガー・ビールの商標まで描き込まれています。ジャズ・バーと表記しましたが、ライヴはやらんでしょう。ジャズの音楽(CDとか)が流れているカフェでしょうか。

マラッカ川の上流部から歩いてくると最初に目についたのが、この看板のようなものでした。客寄せのためでしょうが、こういう感じのものがだんだんと増えてきます。他とは差別感を出すためでしょう。

Mt0122

<全面アート>K-7/DA16-50mm

おそらくマラッカの歴史のようなものを描いたもの。こちらは裏側ですが、建物は安ホテルだったような。それにしてもなんのために。労作には違いありませんけど。

Mt0213

<中華系ポップアート>K-7/DA16-50mm

扉を残し壁全面がアートです。特に看板もなく、ただの民家だったような気もします。

Mt0223

<アンディ・ウォーホル風>K-7/DA16-50mm

魚の缶詰をそのまま壁に描いたものです。漢字の看板がでているので、商店であることは確かか。

Mt0343

<オランウータンハウス>K-7/DA16-50mm

ここはオリジナル作品をTシャツなどにプリントして販売する店です。マラッカでは老舗です。壁のアートもここが始めたものかと思います。

ディスカバリー・カフェという店も壁面にアートがありました。ここも古そうです。

画像は2013年のものですが、あれから2年、こういうものがますます増えているのかどうか。どこも競うようにしてそういうことをすると、ゴテゴテになってしまいそうですが。一応、ジョンカー・ウォークなどのある世界遺産に指定されているところは、景観を守るため規制されていると思いますが。

タイフェスティバル(代々木会場)までそろそろ1週間となりました。「ヤムの会」では16日(土)に集合して、タイの料理を食べ、タイのビールを飲み、タイをはじめとする諸外国のことを中心に語り、お互い楽しむということを2012年から行っています。参加自由ですので、一緒に楽しみたい方を募集しています。

|

« 夏は南インド | トップページ | コーヒーと軽い食事 »

02g Malaysia」カテゴリの記事

コメント

前世紀には、マラッカ河畔では野良イグアナが寛いでいたのになぁ(笑)。

投稿: 伊 謄 | 2015年5月 7日 (木) 23時14分

train
伊 謄さん、こんにちは。
この写真を撮った時期も、いましたよ。
以前記事にしてます。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年5月 8日 (金) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/61555403

この記事へのトラックバック一覧です: マラッカのウォールアート:

« 夏は南インド | トップページ | コーヒーと軽い食事 »