« 檳榔あるいはパーン | トップページ | ワット・アルンは流し込み式かも »

2015年6月24日 (水)

ラマダンが始まっていました

Ea021

<朝の礼拝>Coolpix880

先週の新月からラマダンに突入していたようです。日本じゃニュースになりませんからねえ。ちなみにこの画像は、ワタクシの友人でシリアでムスリムに改宗した人物の朝の礼拝風景です。

イスタンブールのホテルに同宿したのですが、律儀に早朝の礼拝をやっていたため、了解を取って撮影させて頂きました。こういう機会は滅多にないものですから。

Yam086

<東京ジャーミィ>GR DIGITAL

約1年前の東京ジャーミィです。約1年前というのは7月の終わりの頃です。ムスリムの暦は太陰暦でグレゴリオ暦より短く、なおかつ季節のずれを調整することをやりませんから、毎年少しずつ早まっていくのです。

Yam096

<夜の東京ジャーミィ>GR DIGITAL

ラマダン月は日の出から日の入りまで、食べ物と飲み物を口にすることができません。断食後(日没後でもあります)、初めて食べる食事を「イフタール」といいますが、東京ジャーミィではラマダン月の週末にイフタールを振る舞うのです。なんと、イスラムのみならず、異教徒もOKというおおらかさ。

そのイフタールを頂きにヤムの会で代々木上原に集合となったのです。集まったのはkimcafeさんtrintrinさんカルロスさん、初参戦のにこちゃん、そしてワタクシでした。

kimcafeさん、trintrinさんはプチラマダンを実行し、途中までは徒歩でやって来たそうです。にこちゃんはフューチャーフォンのカメラでモスク内と食べ物を撮りまくりです。カルロスさんはなんと、昼間別の集まりがあり、ビールおよび豚肉を大量摂取してきたという反則ワザ。大ヒールですな。

Yam098

<席は男女別>GR DIGITAL

時間が来て、地下の大食堂に移動します。列に並び、銀のプレートを受け取り、男女に分かれて食べます。女性二人の様子はまったくわからずです。

Yam092

<イフタール>GR DIGITAL

これです。東京ジャーミィはトルコが作りました。一応トルコ料理ということになりますか。手前左から時計回りに、炊き込みライスのピラウ、ひよこ豆のスープ、プディングのようなデザート、メインのおかずである肉と野菜の煮込みです。

色合いは辛そうに見えますが、唐辛子はいっさい使っていません。脂っこいかというとそれもありません。むしろやさしい味で食べやすいというか。

世界各地でスパイシーなものを食べまくり、トルコ料理にも慣れているワタクシは、「刺激の少ないトルコ系料理」などと罪深いことを口走っていました。

ラマダンですからね。約1ヶ月にわたりこうした身体に優しい料理を食べ、日中の辛さに耐え抜くのです。そしてラマダンあけには豪華でスパイシーな料理を食べる楽しみが待っているのです。ある程度はジャーミィの講話からの受け売りですが。

Yam097

<デーツ>GR DIGITAL

乾燥させたナツメヤシの実です。イフタールには欠かせないものだとか。モロッコのベルベル人のテントにおじゃましたときには、デーツとモロッコパンとミント茶を振る舞われました。それだけで立派な食事になるとのことでしたが、ちょっと寂しかったです。

ま、このあと、全員で下北沢に移動して、タイ料理をかっ食らったのですが。ともかく、来月半ばくらいまでラマダンは続きます。ムスリムの方たち、身体壊さないでね。7月には夏場所も始まります。エジプト出身、大砂嵐も断食を実行するようです。がんばれ。

インドに向けて
チェンナイとコーチンの宿を予約しました。その他いろいろ見ているんですが、ポンディあたりでも手頃でWiFiのあるホテルがけっこうありますね。アクセスも悪くないので、すべてとは行きませんが、ある程度予約しちゃおうかな。

それに、その頃はラマダンも終了しています。ムスリム系のインド人がイライラしていないというのはいいことかも。

|

« 檳榔あるいはパーン | トップページ | ワット・アルンは流し込み式かも »

Food」カテゴリの記事

Temple/Church」カテゴリの記事

コメント

数年前はラマダンが真夏になっていて、日本にいるムスリムにはつらかったようですねぇ。

投稿: 伊 謄 | 2015年6月25日 (木) 01時39分

train
伊 謄さん、こんにちは。
2010年のインドネシアで真っ最中でしたが、昼間でも食事しているインドネシア人がたくさんいまして、あまり実感なかったです。
一昨年はマレーシアでぶち当たりました。
開いている飲食店は半分以下で、ラマダンあけのハリラヤ・プアサではムスリムが一斉に食事に出てきて、席にありつけなかったです。
そのときくらいです。
影響を食らったのは。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年6月25日 (木) 23時05分

えーっ!
あれからもう1年ですか?早すぎです
ジャーミィはトルコが建てた、ヒョウちゃんの記事に間違いは全くないのですが
ジャーミィ建てたのは鹿島建設だったと思います
材料はトルコから運んだらしいし設計もトルコ人だけど
寺社建設にお強い清水かと思ったら鹿島でちょっと意外だったのです

投稿: trintrin | 2015年6月26日 (金) 07時59分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
大変ためになるコメントでした。
ワタクシもwikiで調べてしまいました。
それにしてももう1年たちましたよ。
てなわけで、次の旅までもあともうすぐです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年6月26日 (金) 23時06分

新大久保のナスコという店にビリヤニを食べに行ったんです
開店時間になっても開かないので???と思っていたら・・・ラマダン期間は休みますの張り紙が・・・
納得しました(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年6月29日 (月) 22時38分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
やっぱそうなりますか。
うちの勤め先もラマダン休暇なんてなると、大歓迎なんですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年6月29日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/61789827

この記事へのトラックバック一覧です: ラマダンが始まっていました:

« 檳榔あるいはパーン | トップページ | ワット・アルンは流し込み式かも »