« シャーロック | トップページ | 卵がのるとアローイ »

2015年7月 5日 (日)

ヴァラナシー中級ホテルで静養

In0495

<ガンガーのガート>K-7/DA21mm

もう何度も書いたことですが、ネタがないので再び書きます。

コルカタに到着し、宿周辺を歩いただけで2日後にはブッダガヤへ移動します。でもその日の朝から腹がややゆるめでした。

ブッダガヤではだましだまし行動していましたが、3日目の昼頃、嘔吐と激しい下痢が始まり、絶食して次のヴァラナシー行きの列車に乗り込みます。朝食だけはトーストをガヤの駅で取りました。うんざりするほど列車を待ちましたが、幸い何事もなく、ヴァラナシーに到着します。

宿はガート沿いのゲストハウスかなとも考えていましたが、体調を考えて駅近くのガイドブックに載っていた中級ホテルとしました。

In0439

<Pallavi International>K-7/DA21mm

オートリキシャで宿へ。乗り込んで「体調が悪い。激しい腹痛がする」と告げていたためか、余計なお誘いもなく、料金も40ルピーで済みました。ヴァラナシーでもこんな普通のリキシャワーラーもいます。

到着したのはパーラヴィ・インターナショナルというホテルです。1泊1800ルピーくらいでした。朝食は付きません。

In0424

<客室その1>GR DIGITAL

体調いまいちながらいくつか部屋を見せてもらいます。

In0426

<客室その2>GR DIGITAL

ダブルベッドにテレビに冷蔵庫。決め手となったのはきちんとしたデスクがあったことです。エアコン付きですが、頻繁に停電が起こり、自家発電に切り替わりますが、エアコンは切られてしまいます。もちろんWiFiはありません。

In0427

<シャワールーム>GR DIGITAL

古そうなホテルですが、こんなものでしょう。新市街にある高級ホテル、クラークスにも泊まったことがありますが、この程度でした。15年くらい昔の話ですが。

でかい給湯器があり、お湯が途切れることはありませんでした。

結局はここで5泊し、体調を整えていったのですが、毎日必ずといっていいほどチップ目当ての従業員がトイレットペーパーを持参するのには参りました。

下痢は数日続きましたが、3日目くらいには治まりました。

In0440

<朝食>GR DIGITAL

朝食は通りに出て探し、プーリーとは違う揚げパンとカレーを出す店を見つけほとんどここで食べていました。わずか15ルピーですが、美味しかったです。味を感じるようになったので、体調が回復しつつあるという証拠です。

昼食は抜くか、ガート沿いにいれば日本食か日本食もどきを食べていました。

夕食はほとんどホテルレストランで済ませました。味気ないインド料理です。

1泊目は現金払いでしたが、あとの4泊分はカードで精算しました。

それにしてもあの体調の悪さはなんだったのでしょうか。つらつら考えるとこういう結論に至りました。

・コルカタの店で軟禁状態になりチャイを振る舞われた。ここで少量の薬が盛られていた。
・ブッダガヤで自称ガイドにつきまとわれ、数回チャイを頂く。ここでも薬が盛られていた。
・ブッダガヤでの衛生状態が悪かった。

ということでしょうか。ノロウィルスということも考えましたが、やっぱり違いますね。

さて、南インド、どうなることでしょう。

|

« シャーロック | トップページ | 卵がのるとアローイ »

03b India」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

ご安心あれ
「東南アジアとか行ってお腹こわしませんか?」と聞かれ、「インドとバングラデシュ以外は大丈夫」と答えていましたが、前回の南インドは全く問題なしでした(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年7月 5日 (日) 21時12分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
わたしゃ、ラオスとタイでも激しく壊れましたけど。
自信あったんだけどな。
インド以外では出される水もけっこう飲んでます。
でも、今度はリムカやチャイ、コーヒーですかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年7月 6日 (月) 22時34分

偶然ですが、私もここに泊まりました。
私の場合は豪雨でバラナシが水没して、目的の宿に行けなかったのが理由ですが。
今回は南インドですよね、経験上、北ほど厳しい旅にはならないと思います。

投稿: ogawa | 2015年7月 6日 (月) 23時10分

アジアでの下痢は、菌だけに関わらず、疲れ、暑さ、油の違いからくることも多いかと思います。
きてしまったら残念ですが、こればっかり気にしていたら何もできない。
ただ最初のうちは体が慣れるまでゆっくりしていたらいいですね。
スクムビット

投稿: スクムビット | 2015年7月 7日 (火) 07時54分

camera
ogawaさん、こんにちは。
4年前ですね。
ちょっと、時期がずれていて、お会いできませんでしたが。
ワタクシが訪れたときも、けっこう雨は降っていて、ガンガーもすごく増水していたのですが、水没まではしていませんでした。
もう、南インドにはワクワク感があります。
ogawaさんの旅行記やkimcafeさんの記録が参考になっています。
背中を押されたようなものです。ありがとうございます。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年7月 7日 (火) 22時05分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
まあ、ホントにひどいのは前回のインドと、その翌年のタイ、7年前のルアンパバーンですね。
あ、パキスタンでもありました。
それくらい…ってけっこう多いですね。
まあ、数年に1回だとは思います。
今回、朝食がとても楽しみなんです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年7月 7日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/61842425

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァラナシー中級ホテルで静養:

« シャーロック | トップページ | 卵がのるとアローイ »