« ビーチでビール、そしてビーフカレー | トップページ | バックウォーター・クルーズ »

2015年8月19日 (水)

水郷地帯

どうも、毎度お騒がせの南インド情報です。

本日はトリバンドラムからアレッピーにやってきました。移動はやはり列車を使いました。今回も、セカンドスリーパー席で120ルピーでございます。

トリバンドラム始発ということもあるのですが、今回も定刻発、アレッピーには数分遅れでございました。数分遅れというのは、アレッピーの少し手前でトラブルがあったようです。いきなり景色がもやがかかったような状態が続きました。そこでストップ。機関車か車両の一部から何か漏れたようで、それが気化したのかと推測します。でも全然煙くなかったです。

そのストップ分約5分くらいかと思いますが、こりゃタイの鉄道をはるかに凌駕してますね。揺れもないし、そこそこ早いし。

アレッピーの鉄道駅は中心部から数キロ離れていて、オートリキシャを使うのですが、ここでもプリペイド・オートリキシャがありました。プリペイドといいながら、窓口では1ルピー払うだけです。レシートをくれてそこに料金が明記されています。客はそれを払えばいいわけです。明朗会計です。

ですがね、運ちゃんが場所を全く知らなかったんですよ。なんだかんだで道を聞きつつ1時間もかかってしまいました。やれやれです。実はバススタンドは中心部にごく近いんです。でも、列車の快楽を知ってしまったらもう後には引けません。次も列車確定ですな。今日のボックスは独占というわけにいかず、6人掛けのところに8人くらい座るという状態でしたが、それでも楽々ですから。

Ck2601

<ハウスボート群>K-7/DA16-50mm

到着して、ミールスを食べ、その後街をちょっとだけ歩きました。画像のような豪華ハウスボート以外に小型の観光船も多数ありまして、歩いているとやたらと声がかかります。

もちろん明日はボートクルーズの予定ですが、わたしゃ格安クルーズで行くんです。定期観光船はこの時期運航されないんですが、「シー・クッタナード」という、わずか2時間のクルーズがあるのでこれを利用します。予約の必要もないですしね。

画像は晴れあがっているのですが、このあと雨雲がでてきて、ホテルに帰るとスコールとなりました。今も降っています。

夕食に出ると、まつりごとをやっていました。デジイチ持ってきませんで残念です。とはいえ、コンデジとスマホで撮影してます。動画も撮りました。

外国人旅行者ですが、マドゥライからだんだん増えてきてます。マドゥライにいたカップル連日目撃してます。今日は目が合った東洋人とあいさつしたら、上海から来た青年二人組でした。いよいよ中国人もバックパッカーの時代かも。

それにしても止む気配がありません。明日、大丈夫かいな?

|

« ビーチでビール、そしてビーフカレー | トップページ | バックウォーター・クルーズ »

News」カテゴリの記事

コメント

さっき、イタリア料理屋に食べに行ったら、隣にトレッドヘアの東洋人3人組が座り、こりゃ何人だ?と疑問に思っていたら、「ニイハオ」と話しかけてきました
本土の中国人らしいですが、ラスタマン・・・ですかね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年8月20日 (木) 03時25分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
お互い旅が終わっちゃいますね。
かつてのエチオピア皇帝、ハイレセラシェがラスタたちから尊敬されているらしいですよ。
なのでエチオピアなのか。
ま、そんな中国人、実は共産党幹部の子息だったりして。
ところで今コーチンなんですが、東洋顔の従業員がいるんです。
インド人に見えないけど、ブータンとかあっちの方のひとかな?

投稿: ヒョウちゃん | 2015年8月21日 (金) 00時32分

インドも中国人が多かったですか。韓国も中国人が多いので、南大門市場などでは、ニイハオと言われました。食堂とかに入って注文したりすると日本人だとわかるようで、日本語がわかる人だと楽ですが。ラスタって?映画か何かにでてくるのでしょうか。

投稿: とんび | 2015年8月24日 (月) 19時53分

chick
とんびさん、5蓮投め。
たまたま中国人とは遭遇しましたが、日本人も韓国人も中国人もこの地域ではほとんどいません。
欧米のいわゆるファランはたくさんいます。
タミル・ナドゥ州よりケララ州の方が外国人旅行者は多いみたいでした。
ラスタって、いわゆるレゲエの人たちですよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年8月25日 (火) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62111477

この記事へのトラックバック一覧です: 水郷地帯:

« ビーチでビール、そしてビーフカレー | トップページ | バックウォーター・クルーズ »