« ホテル・サラワナ・バワンでティファンセット | トップページ | チェンナイのMarina Inn »

2015年9月 5日 (土)

レリーフが素晴らしい

画像の取り込みの関係で時空的に行き来しますが、ご容赦ください。

カーンチプラムで次に訪れたのは、ヴァイクンタ・ペルマール寺院でした。入っていくと、門を閉ざしています。それは当然、16:00になっていないからで、リキシャワーラーは寺院の管理人のような女性に声をかけると、鍵を開けてくれたのです。

Ck0138

<ライオンの列柱>K-7/DA16-50mm

ここはほぼ、外観からはうかがい知れないものが次々に現れました。管理人はどんどん鍵を開けていき、建物の上部にまで出ることができたのです。

Ck0143

<上部のレリーフ>K-7/DA16-50mm

しかも、普通寺院に入るには履き物を脱がなくてはなりませんが、ここでは履いたままです。

Ck0147

<内部のレリーフ>K-7/DA16-50mm

この8世紀にできた寺院はやはりヴィシュヌを祀ったところだそうです。建物自体は狭いので、混雑した時間だと、ここまで見ることができたでしょうか。

結局は管理人の女性にチップ(*1)50ルピーを渡し、次へ。

Ck0170

<カイラーサナータル寺院>K-7/DA16-50mm

白っぽい石造りの寺院でした。ここは裸足で入ります。石が焼けて、足裏が火傷しそうになります。ここも、レリーフがすごいです。

Ck0174

<外壁のレリーフ>K-7/DA16-50mm

ここも8世紀の建造だそうです。マハーバリプラムの海岸寺院が原型といわれていますが、形はしっかりと残っていますね。

Ck0178

<建物上部の像>K-7/DA50-200mm

写真には撮れていないのですが、塔門から色鮮やかなものが飛び立ちました。緑のインコです。昔、アグラ(*2)からジャイプール(*3)に向かう途中休憩で立ち寄った都市で、インコがスズメかカラスのように群れていたことを思い出します。やはりインドは自然がすごいと。

この旅に出て初めて望遠のズームを使いました。長短2本のズームを持っていると、まずは短い方のズームでだいたいのところを撮り、レンズを替えて次のものを狙うというスタイルです。

でも、あまりにも時間を費やしたためか、リキシャワーラーがやって来ました。寺の人は「あとで、中も見に来なさい」をいっていたのですが。ちなみにここはシヴァ(*4)寺院だそうです。

<註釈>

  1. インドじゃチップをもらう方から要求されることの方が多い。またの名を「バクシーシ」。
  2. アルファベット表記「Agra」。タージマハールとアグラ城塞が世界遺産。北インド名うてのBad Cityです。
  3. ラジャスタン州の州都。別名ピンク・シティ。アンベール城が世界遺産。
  4. ヴィシュヌと人気を二分するヒンドゥの神。破壊の神として君臨し、妻はパルヴァーティ。息子はガネーシャ。乗り物が牛なので、牛が神聖視される。

今日のインド人

Ck0244

<バスの少女>K-7/DA16-50mm

マハーバリプラムに行くとき、となりのバスから強い視線を感じました。この少女がじっと見つめているのでした。

ちなみに南インドでは北インドほど凝視されることはありません。でも、日本人は珍しいんでしょうね。

|

« ホテル・サラワナ・バワンでティファンセット | トップページ | チェンナイのMarina Inn »

920t South India」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Temple/Church」カテゴリの記事

コメント

レリーフきれいですね。急いでいるとなかなかきれいさをつかめないと思うので、じっくり見学なさってよかったです。細かいところまで見て、それをきっちり撮影できるヒョウちゃんも立派です。

投稿: とんび | 2015年9月 5日 (土) 08時32分

chick
とんびさん、こんにちは。
自分的にはリキシャをチャーターしてしまったので、時間的な制限があると感じていました。
できたらひとりで回りたいです。
とはいえ、この二つはけっこう良かったです。
内部のシヴァリンガ見たかったですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月 5日 (土) 12時24分

こんにちは!
こちらに遊びに来たら、私が行ったことのある場所もない場所も興味があるところばかりで興奮しております!
最近の記事を少し読ませていただいたのですが、写真がとっても綺麗ですし、日本人は滅多に行きそうにないティルバンナマライにもいらっしゃったようですし、インド料理にもお詳しいようで、いろいろ本当に楽しいです。(意味不明(笑))
カーンチプラムには10数年前に行きましたが、あまり記憶がなくてこんなお寺だったかなという感じです。
過去の記事もゆっくり読ませてもらいます。
リンクをいただいていきますね。

投稿: pudina | 2015年9月 6日 (日) 15時34分

banana
punidaさん、ようこそです。
お待ちしていました。
ちょっと褒められすぎかもしれませんが、嬉しいです。
「地球の歩き方・南インド」にティルバンナマライが初掲載されたんですよ。
で、聖地で面白そうだし、アクセスも悪くないので行くことにしました。
インド料理もまあ、ガイドブックと某ブログからの受け売りです。
でも、インド好きなんです。
4年前はブッダガヤでぶっ倒れてしまい、当分インドはないかもと思っていましたが、南インドが面白そうだったので、今年行くことにしました。
まだまだ、記事は盛りだくさんになる予定です。

>過去の記事もゆっくり読ませてもらいます。
>リンクをいただいていきますね。

ありがたいことです。
引き続きよろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月 6日 (日) 19時59分

こんばんわ!
先日はお土産までいただきましてありがとうございます。
楽しい時間が過ごせました~

ここ、本当にレリーフがきれいですね
カンボジアの遺跡なんかだと、すごく崩れているものなんかも多いのに、ここはほんとにきれい~

ただ、足裏大丈夫でしたか???やけど~

投稿: prego | 2015年9月 8日 (火) 23時02分

rouge
pregoさん、こんにちは。
ばらまき土産でございます。
どうぞ、お受け取りくださいませ。
こちらこそありがとうございました。
これから出しますが、マハーバリプラムの海岸寺院(世界遺産)などは風化してます。
寺が多い割にはインド人しか来ませんし、自然条件も比較的いいのでしょうね。<カーンチプラム
足裏、火傷はしませんでした。
それより、尖った小石とか、修復で使った何かの破片などもあり、そっちの方が危険です。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月 8日 (火) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62219353

この記事へのトラックバック一覧です: レリーフが素晴らしい:

« ホテル・サラワナ・バワンでティファンセット | トップページ | チェンナイのMarina Inn »