« 初観光はこの寺院から | トップページ | レリーフが素晴らしい »

2015年9月 1日 (火)

ホテル・サラワナ・バワンでティファンセット

チェンナイ到着3日目の夕食の話です。

この日はマハーバリプラム日帰りで、一度ホテルに戻って休憩してから食べに行きました。それはHotel Saravana Bhavan。ガイドブックに載っている店がすべてではありませんが、「清潔で女性でも入りやすい」とあります。しかも、低料金のようなので、行くことにしました。

Ck0365

<メニュー>GR DIGITAL

場所は、パッカー御用達のケネット・レーンにありました。チェンナイ国際空港から宿に向かうとき、ケネット・レーンの前を通りましたが、冠水しておりました。

店内広いです。そして、ACルーム(*1)もありました。

渡されたメニュー表がこちらです。表というより冊子になってますね。そして、ほとんどがアルファベット表記です。「スープ」とか英単語も使っています。でも、ところどころタミル文字になってますね。

これだけ品目が多いと、なかなか決められませんね。

Ck0367

<コンボNo.9>GR DIGITAL

ともあれ、10種類くらいあるティファン(*2)の組み合わせからこちらを選びました。

Ck0366

<ダール・ショルバ>GR DIGITAL

その他、このスープと、ソルト・ラッシー(*3)をオーダー。スープの器はとても小さいです。そして、豆はほぼつぶされていましたね。でも、ダール(*4)だけじゃないですね。かなり酸っぱく、トマトも使われているようです。

Ck0376

<ラッシー>GR DIGITAL

「ソルト」といったはずなんですが、「スウィート」でした。一応この順番で画像を並べているんですが、最初に来たのはショルバで次がコンボ、ラッシーは最後でした。

向かいにお皿が見えますね。誰も座っていない4人用テーブルに席を取ったんですが、あとからインドのおじさんがやって来て、向かいに座るんです。で、ティファンを2つくらいオーダーして、さっさと勘定を済ませて出ていきました。噂には聞いていたんですが、インド人は食べるのが早いです。

では、ひとつひとつ解説します。

Ck0368

<アッパム>GR DIGITAL

これ、アッパム(*5)です。米をミキサーにかけ、ココナッツミルクと塩、砂糖を入れ、一晩おいたものを焼いたものだそうです。

Ck0378

<裏側>GR DIGITAL

というわけで、裏は焦げ目ありです。食感、もちもちしてます。数枚食べたら腹一杯ですね。

Ck0371

<ワダ>GR DIGITAL

穴がふさがり気味ですが、ドーナツ状の揚げ物、ワダ(*6)です。揚げ物ですが、ここはベジレストランですから、肉とかじゃありません。材料はウラッド豆だそうです。ペースト状にしてから、揚げるようですが、豆も少し入っています。がんもどきそっくりの食感で、慣れると美味いですよ。

ワタクシ的には南インドの朝食で食べたいもの第1位です。

Ck0370

<ラヴァ・ケサリ>GR DIGITAL

これはウプマ(*7)と呼ばれるものを、サフランやギー(*8)で黄色く色づけしたものです。素材はセモリナ粉でにんじんやグリーンピースが入ってます。見た目、「オカラ」ですね。

ウプマやラヴァ・ケサリはある店がなかなかなかったんですよ。特にラヴァ・ケサリはカルナータカ州(*9)の料理だそうで、やはり州を越えるとなかなか出会えないってことでしょうか。

で、これらをそのまま食べるのかというと、やはりカレーにつけるんです。

Ck0372

<サンバル>GR DIGITAL

北インドではダールが基本でしょうが、南はサンバル(*10)です。豆と野菜のカレーでタマリンドを使っていてちょっと酸っぱいです。

Ck0374

<チャトニ>GR DIGITAL

フラッシュ撮影したので、色が飛んでしまいましたが、緑です。ココナッツミルクに青唐辛子をすり下ろしたものがチャトニ(*11)の基本です。

このサンバルとチャトニがティファンの基本ですね。マレーシアのインド料理店でもこれは出ますね。

Ck0373

<これもチャトニか>GR DIGITAL

チャトニは青唐辛子の他、トマトやミントも使うそうで、色も変わりますね。でも、カレーですよ、これは。かなりスパイシーでした。基本、ティファンはそれほどの味がありませんから、こういうものにつけて食べると、美味いんだな。

さて、料金は、166.5ルピー。今やパイサ(*12)はほとんど使われないし、旅していても出てこなかったので、166ルピーの切り上げとなりました。

あー、でも、まだ食べられたな。

<註釈>

  1. 大きな食堂だと、ACルームとノンACルームがあります。でも、料金は一緒。
  2. アルファベット表記「Tiffen」。軽い食事がこれにあたるとか。
  3. アルファベット表記「Lassi」。ヨーグルトドリンク。塩や砂糖の他、フルーツ味もあり。
  4. アルファベット表記「Dal」。北インドでは豆のカレー。
  5. アルファベット表記「Appam」。ケララ州の料理。シチューと合わせるらしい。
  6. アルファベット表記「Vada」。ここでは「ワダ」で統一します。
  7. アルファベット表記「Upma」。
  8. アルファベット表記「Ghee」。バターオイル。宗教儀式に欠かせない。ミールスにもついてきます。
  9. 州都はベンガルール(バンガロール)。
  10. アルファベット表記「Sambhar」。マレーシアやインドネシアのものとは別物。
  11. アルファベット表記「Chutney」。「オリエンタルカレー」の「マンゴチャツネ」を知っている方は相当人生のキャリアが長いです。
  12. ルピーの補助単位。1ルピー=100パイサ。

今日のインド人

Ck0108

<カーンチプラムの少年A>K-7/DA16-50mm

長くなりましたけど、今日もやります。

寺院見学中、ついてくるんです。たぶん英語が話せないのでコミュニケーションが取れないと思い、カメラを見せて「撮って欲しいのかい?」ときくとそうみたいだったので、スナップさせて頂きました。

でも、1枚撮ってもついてくるんだな。

|

« 初観光はこの寺院から | トップページ | レリーフが素晴らしい »

920t South India」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

こういうティファンセットは食べたことないです
いろいろな種類が食べれていいですね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年9月 2日 (水) 22時49分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
いくつか朝食付きのホテルにも泊まったんですが、結構な種類のティファンが登場しました。
これもあとで記事にします。
タミル・ナドゥ州ではほぼ、イドリー、ワダ、ポンガルに絞られていく感じですが。
いずれも美味しく頂けました。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月 2日 (水) 23時12分

いろいろな料理がセットになってくるのは日本の朝食と同じですね。ワダというのがおいしそうですね。和田という日本人の名前と同じなので覚えてしまいました。

投稿: とんび | 2015年9月 5日 (土) 08時36分

chick
とんびさん、こんにちは。
ここ、チェーン店みたいなんです。
そして、けっこう大きいレストランですから、単品でも種類が多いですし、コンボメニューもあるようです。
他の食堂は種類が少ないですよ。
ウラッド豆を豆腐と思えば、がんもどきに似ていると思いますよ。<ワダ。
美味しかったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月 5日 (土) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62200355

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル・サラワナ・バワンでティファンセット:

« 初観光はこの寺院から | トップページ | レリーフが素晴らしい »