« チェンナイのMarina Inn | トップページ | リキシャから見たチェンナイの物価高 »

2015年9月 8日 (火)

だまされたんじゃなかろうか

Ck0189

<エーカンバラナータル寺院>K-7/DA16-50mm

かなり遅い昼食を挟んでのカーンチプラム観光です。これが最後の寺院、エーカンバラナータル寺院です。

実はこの近くのカマークシ・アンマン寺院に連れてこられたのですが、まだ16:00前だったので、開いてなくてこちらになりました。でも、ここも16:00にならないと肝心の部分は開かないんですが。

Ck0192

<南インドの紋様>K-7/DA16-50mm

それでも、開くまでこういうものを撮りながら待ちます。

Ck0194

<跪く人>K-7/DA16-50mm

さあ、ようやく開きました。インド人参拝者とともに入場しようとすると、寺院の関係者に注意されます。

「非ヒンドゥ教徒入るべからず」の看板を指さします。有料で入れるとのことで、言い値は100ルピーでした。なんか高い。ともあれ、払いますが、レシートやチケットはありません。

入場はできましたが、そのまままっすぐの聖域(*1)内はやっぱりダメで、それ以外の部分のみの限定入場でした。

Ck0211

<寺院内の回廊>K-7/DA16-50mm

あとで調べてみると、特に入場料はなく、ビデオチケットが100ルピーでしたが。

ともあれ、ここは16~17世紀に建てられた、カーンチプラム最大の寺院でした。シヴァを祀る寺院です。

Ck0215

<聖なるマンゴーの木>K-7/DA16-50mm

回廊に囲まれた中庭には、マンゴーの木と祠がありました。言い伝えによるとシヴァとカマークシ(南インドではパルヴァーティ)が結婚した場所だそうです。

その後、回廊に戻り見て回っていると、サドゥ(*2)だか坊さんだかに呼び止められ、額に灰をつけられました。で、バクシーなんだそうです。ではと、この人の写真を撮ってもいいかときくと、それはダメだそうです。

カーンチプラムの観光はこれで終了。もう開いているであろうカマークシ・アンマン寺院には戻りませんでした。リキシャワーラーはバススタンドで出会ったときには、500ルピーという話でしたが、結局要求したのは800ルピー。最初はしっかりと歩いていたはずなのに、すごいよろよろ歩くんです。途中でなんかヤバいクスリでもやったんじゃ…。

<註釈>

  1. 神聖なリンガを祀ったところなどは異教徒はダメというところが多い。例外的にすべて大丈夫なところもあるが、写真撮影はほぼ禁止です。
  2. 家を出て修行をしている行者のような人。観光地に行くとこれを生業にしている「観光サドゥ」もいて、積極的に写真を撮られたがり、撮影料を請求されます。南インドの場合はほぼ観光サドゥはいないと思われます。でも、路上生活者とほぼ変わらないサドゥもいて、一見の観光客には見分けがつきません。

今日のインド人

Ck0182

<ドーティの老人>K-7/DA16-50mm

入場できなかったカマークシ・アンマン寺院から出てきた老人。上半身裸でドーティ(ルンギー)姿です。でも、正式な参拝方法は男性はこのスタイルなんだとか。

|

« チェンナイのMarina Inn | トップページ | リキシャから見たチェンナイの物価高 »

920t South India」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Temple/Church」カテゴリの記事

コメント

私はシヴァ教徒なのでただでしょうね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年9月 9日 (水) 21時22分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
そうですね。
入国の時から額に横三本線描いていると、うるさくないかもしれません。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月 9日 (水) 23時07分


 だまされたんじゃなかろうか?


 だまされたっていいんだよ

どなたかが申し上げそうなコメントですわね


投稿: trintrin | 2015年9月10日 (木) 08時29分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
確かに。
でも、かなり怪しげでした。
これ以降あまり納得できないことは起きませんでしたが。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月10日 (木) 22時49分

インドっぽいエピソードですね~
(行ったことのない私のインドイメージですが…)

ヤバい薬…
ど、どんなものがあるのでしょう?

計り知れないインド!

投稿: prego | 2015年9月12日 (土) 22時17分

rouge
pregoさん、こんにちは。
インドは日本人の感覚では理解不可能なわけわからんことが多いです。
そういうことがエピソードになりますが、やたらとあるんですね。
インドに詳しい人の話では、アレもコレもあるそうで…。
以前はガバメントショップが堂々とあったようですが、見かけなかったです。
でも、あると思いますよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月13日 (日) 01時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62244353

この記事へのトラックバック一覧です: だまされたんじゃなかろうか:

« チェンナイのMarina Inn | トップページ | リキシャから見たチェンナイの物価高 »