« 聖地のサドゥ | トップページ | 謎のまつりごと »

2015年9月25日 (金)

クルタを着る

Ck0902

<クルタ>GR DIGITAL

カーンチプラムでクルタ(*1)を購入したということは以前に書きました。そのまま日本に持ち帰って日本で着ようかなとも思ったのですが、せっかくなので着てみることにしました。

シルクが有名なカーンチプラムなのでシルク製品のようです。シルクは糸を燃やすとタンパク質特有の匂いがするのですぐにわかるそうですが、そのようなテストはしていません。ですが、さらっとした着心地から、化繊でもコットンでもない、ましてや混紡でもないと信じています。

購入価格はちょっぴりディスカウントしてくれて750ルピーでした。

半袖のクルタなんですが、やはり夏向きでしょう。画像ではわかりませんが左の袖のやや下に小さなポケットがあります。その他はすっきり。襟とボタンまわりに刺繍が施されているのが決め手でした。

サイズはあちらもので「40」です。何かで計ったわけではなく、女性店員がワタクシの身体つきを見てそう宣言したのです。試着してみるとぴったり。同じサイズでグレーっぽいものもありましたが、白では汚れが目立ってしまうし、かといって濃い色でもどうかということで、こちらにしました。

ボタンは金属製です。一番上のボタンは世界の常識通り男性ものとしては右側についています。ですが、その下の2つのボタンは左側に付いていて、上から留めるようになっています。

Ck0923

<クルタで外出>GR DIGITAL

「今日のインド人」ではございません。筆者の素晴らしい御近影でございます。

クルタといいますと、あの日本を震撼させた某新興宗教の人たちが着用していることでおわかりと思いますが、丈がちょっと長めでだぶついているのですが、これならばほぼ違和感ないかと。

さらっとした着心地なんですが、この日陰のないポンディ(*2)の海岸では汗がじわじわ出てきます。それもホテルに戻りしばらく乾かしていると乾いてしまいましたが。まあまあ暑くても大丈夫です。当たり前ですよね。インドの服ですから。

Ck0962

<もっと近くで見ると>i phone5c

その後、洗濯をしました。翌朝には完全に乾いてしまうほど即乾性にも優れています。ただ、その後2度目の着用をしたところ、ボタンホールが緩くなってしまったようでした。

金属のボタンはただ通してあるだけで、糸で結ばれていません。ボタンに糸を通す穴もありません。そのため、ボタンの脱落が何度も起きて、1個紛失したかと思ったくらいです。しょうがないので、マドゥライ(*3)のテーラーショップで事情を話し同じようなボタンを予備にもらってきました。有料かと思ったら、タダでした。いよっ!太っ腹。

ですが、不便なので、日本に戻ってから普通のボタンを縫いつけました。

というように現地でクルタを購入し、着用した顛末を書きましたが、旅行中クルタを着たインド人男性はいっさい見かけなかったです。冬場とかだといるんだろうけど。また、別のところで長袖のクルタも購入しています。こちらはアジアのどこかで着ることになるかも。

<註釈>

  1. アルファベット表記「Kurataa」。インド人男性の民族服ではあったものの、ほぼ着る人はいないような。これとセットになったズボンは「ピジャマ」。パジャマの語源ともいわれています。ちなみにピジャマまでは購入するつもりはありません。
  2. 旧フランス領インドであった「Pondicherry」(ポンディシェリー)の略称。元々は「Puducherry」(プドゥチェリー)だったが、フランス占領時代にポンディシェリーに読み替えられた。「プドゥチェリー」の方がインド一般では通じる模様。バスの呼び込みなどでは圧倒的に「ポンディ」。ここでは「ポンディ」に統一したいと思います。
  3. アルファベット表記「Madurai」。タミル・ナドゥ州第3の都市。

今日のインド人

Ck0949

<ポンディの一家>K-7/DA16-50mm

ポンディの海岸散策中に声をかけられ、撮ってあげた一家の肖像。いやあ、お母さん貫禄です。その後住所らしきものを書いてもらいましたが、見事なタミル文字でまったく読めません。

中央の親父もしくは長兄、わざとこういう表情をしています。そういう意味では末っ子の表情は最もインド人らしいです。

|

« 聖地のサドゥ | トップページ | 謎のまつりごと »

920t South India」カテゴリの記事

Clothes」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

クルタって言葉、オフ会のときも聞いていましたが、何か違和感がありました。原因がわかりました。オウムの服だったのですね。オウムの服はもっとカラフルで裾が長く、ズボンも同じ素材同じ色で、半袖じゃなく長袖だったように記憶していますが、それにクルタって名前をつけたのですね。違和感の原因がわかりました。

投稿: とんび | 2015年9月27日 (日) 08時11分

chick
とんびさん、こんにちは。
あの宗教団体は、クルタを使用したのです。
「名前を付けた」のではなく、クルタそのもの。
クルタもいろいろな色があります。
通常はもっと裾が長いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月27日 (日) 09時59分

ヒョウちゃんにもらったクルタ着ないうちに寒くなっちゃいました(^^ゞ
なかなか勇気要りますよ
顔出しいっぱいしてるのになんでアップで隠すの?

投稿: kimcafe | 2015年9月28日 (月) 21時29分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
応用法。
インドで着る。
あるいは、バンコクのインド人街で着る。
これでいかが。
いちお、顔出ししているものはサングラスで隠したつもりなんです。
そろそろ、50万アクセス行くんですが、それほどばれてないようだから、素顔で行きますか。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月28日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62340821

この記事へのトラックバック一覧です: クルタを着る:

« 聖地のサドゥ | トップページ | 謎のまつりごと »