« だまされたんじゃなかろうか | トップページ | 世界遺産マハーバリプラム »

2015年9月11日 (金)

リキシャから見たチェンナイの物価高

チェンナイでは3泊するうちにカーンチプラムとマハーバリプラムに日帰りで出掛けました。長距離バスがでるのはCMBT(チェンナイ・モフジール・バスターミナス)という、郊外にある場所です。ティルバンナマライもここからです。

そこへの行き来は市バスかメトロ(*1)となります。ですが、市バスはさすがに乗りこなせず、メトロはホテルのあるエグモアまで乗り入れていないので、結局はオートリキシャに乗ることになります。

Ck0061

<ほぼ使われないメーター>K-7/DA16-50mm

初めてCMBTに出向くのに、エグモア駅前で両替したあと、オートリキシャに乗り込みました。はじめの言い値は200ルピー。やや高いと思いましたが、メーターも倒していたのでOKします。

CMBTまでは距離があるというより、大きな通りをしばらく走ったあと、横道に入り30分ほどかかったでしょうか。車内には「ミニマム25ルピー」などとあります。メーターには距離と時間、料金などが出ます。けっこう複雑な料金体系だと思われます。

Ck0062

<かなりの交通量>K-7/DA16-50mm

メーターの数字が一部しか光っていないのですが、実際にはすべて点灯しています。CMBTまでは料金だけで見ると、200ルピーしないくらいでしたが、実際の要求額は300ルピーでした。この、ゴウツクオヤジめが。

Ck0240

<プリペイドカウンター>K-7/DA16-50mm

ですが、CMBTにはオートリキシャのプリペイドカウンター(*2)もあったんです。カーンチプラムから戻ったとき、これを利用すると、200ルピーで戻れました。使い方は、カウンターで行き先を告げて、手数料を払うと、リキシャワーラーに払う額のレシートをくれます。

戻ったときにはこのカウンターに到達する前に、運ちゃんが寄ってきて、乗ることができたので手数料はあまりよくわかりません。その後、数ヶ所でこのシステムを使いましたが、1~2ルピーではないでしょうか。

もしかしたら、エグモア駅にもこのシステムがあった可能性があります。見つけられなかったのですが。

翌日のマハーバリプラム行きも、ホテル前からCMBTまで300ルピー。

Ck0384

<荷物つき>GR DIGITAL

最終日のティルバンナマライまでの移動で、やはり宿の前からオートリキシャに乗ると、250ルピーで済みました。どうやら、200ルピーくらいが適正料金かと思われます。

でも、マハーバリプラムからの帰りは、州営バスではなく、アディヤールというチェンナイの新市街で降ろされ、そこからオートリキシャで戻ると、CMBTよりも遙かに遠くのはずなのに、250ルピーで済みました。正直な運ちゃんでしたね。

でも、高いですよね。リキシャひと乗りでミールス1食、ティファンならば3食くらい食べられますから。

<註釈>

  1. 現在地下鉄があるインドの都市はコルカタとデリーのみ。チェンナイのメトロは地下も走る郊外鉄道のようなもので、一部開通済み。郊外列車は空港やCMBTまで開通しているものの、中心部と結ばれていない模様。そのためか、メインストリートは工事中の区間が多く、ひどく渋滞します。
  2. 空港のプリペイドタクシー、駅やバススタンドのプリペイドオートリキシャなどがあります。でも、自分は4年前のコルカタでだまされました。また、カウンターに到達する前に客を奪うドライバーもいるので注意が必要。

今日のインド人

Ck0064

<一番最初のリキシャワーラー>K-7/DA16-50mm

200といいながら300ルピー要求したオヤジ。雨が降っていて、外に出ないのでフラッシュを使用しました。DA16-50mmの望遠側でフラッシュを使用すると、画面の下のように影がでてしまいます。普段フラッシュは使わないからなあ。

乗ったオートリキシャのドライバー写真はほぼ撮ってきたので、リキシャワーラー写真も多いです。

|

« だまされたんじゃなかろうか | トップページ | 世界遺産マハーバリプラム »

920t South India」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

インドの物価、どんどん上がっていて、オートの適正価格もたまに帰国するうちのインド人夫でも分からないようです。
以前はチェンナイでもメーターで行ってくれるドライバーも多かったと思うのですが・・・
ティファンもマサラドーサが15ルピーくらいだった頃の記憶(2000年頃?)が強いもので、インドもあまり安く滞在できない国になったなと思っちゃいます。

投稿: pudina | 2015年9月12日 (土) 22時44分

banana
punidaさん、こんにちは。
やっぱり、物価がすごく上がりましたよね。
4年前のヴァラナシでは15ルピーで割としっかりした朝食を食べることができたのですが。
値段があまり変わらないのはバスや鉄道くらいですかね。
東南アジアも物価が安いのですが、ラオスやマレーシアではけっこう散在します。
まだインドは安く感じますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月13日 (日) 01時50分

4年前だとトーキョーも物価上がってますね
お値段据え置きでも
チーズの枚数が減ってたり
ちくわが細くなってたり

投稿: trintrin | 2015年9月13日 (日) 11時20分

げー!
バスステーションまで200ルピー!!ってことは往復400ルピー=800円ですか・・・(^_^;)
私のインド旅行計画だと1日2500円なんですよ
ホテル400ルピー、食事400ルピー、その他400ルピーとか
これじゃバススタンドまでしかいけないじゃん・・・(>_<)

そうだ!市内バスで行けばいいんだ(^^)v
アジスアベバもタクシーは超高くとられ(4-500円)、ミニバスなら10円くらいでいけるんです

投稿: kimcafe | 2015年9月13日 (日) 12時13分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
そういや、料金が変わらなくても中身が減っていたというのはありますね。
タイだったら、ラーメンの容量が少なくなったという経験ありです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月13日 (日) 13時58分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
これからインドの物価はどんどん上がっていく気がします。
ホテル400ルピーは厳しくないですか?
食事はそれでいけますね。
でも、エグモアからメトロが接続するかもしれませんよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年9月13日 (日) 14時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62257161

この記事へのトラックバック一覧です: リキシャから見たチェンナイの物価高:

« だまされたんじゃなかろうか | トップページ | 世界遺産マハーバリプラム »