« ポンディの朝メシ事情 | トップページ | La Marina Guesthouse »

2015年10月18日 (日)

インドでビーフ

Ck0911

<フレンチコロニーのインド寺院>K-7/DA16-50mm

旧フランス人居住区に唯一あるヒンドゥ寺院です。寺院はありますが、フレンチコロニーには牛がいません。でも、このガネーシャ寺院には象がやって来るそうです。

ポンディ2日目ともなるともうやることがありません。そんなことでこの日は休養日に当てました。このところマイブームとなっている絵はがき。まず絵はがきを売っている店まで行き、環境のよさそうなカフェで文章を書きます。郵便局まで足を運び、切手を購入して投函。これで半日かかりました。

狭いフレンチコロニーの中を右往左往し、それだけで汗だくでした。午後は暇なので、今夜何を食べるか考えつつ、レストランを探します。昨日白ワインだったし、今夜は赤か。なんてね。

もうおわかりでしょうが、この牛のいないポンディで牛肉を食べてやろうと思いました。これに赤ワインなら完璧。

Ck0952

<これはビール>GR DIGITAL

ということで、どこでもステーキはありそうなので、宿の近くのMadame Shanthesに入ります。ルーフトップのレストランです。こういうタイプはツーリスト向けで探せばインドでもけっこうあるみたいでした。

でも、ワインを置いていないんですよね。誤算でした。しょうがないのでビールです。キングフィッシャー(*1)とかブランドをたずねましたが、陶器のグラスに入ったビールを持ってこられます。あとで2杯目も来るとのこと。

飲んでみると、まろやかな感じで生ビールのようでした。ちょっとラッキーかもしれません。でも、ワインくらい置いといてよ。リカーショップ(*2)なんかたくさんあるんだから。

Ck0955

<オニオングラタンスープ>GR DIGITAL

これは定番。フランスの味そのもので美味しいです。

Ck0957

<牛フィレ>GR DIGITAL

ソースがかかっていますがステーキです。輸入の肉ってことはないだろうから、ミディアムにしてもらいました。筋張っているとか、小骨があるとかもなく、素直に美味しいです。インドのビーフ見直しました。

そこら辺の野良牛ということもないでしょう。非ヒンドゥ教徒向けに飼われている肉牛なんでしょうね。

Ck0959

<シメはコーヒー>GR DIGITAL

実はポットできました。インド人向けのコーヒーと違い、自分でミルクと砂糖を加減して入れます。といって、エクスプレスではないです。

ポンディがフランス領になったのは17世紀ですから、エスプレッソ抽出機が発明されるずっと以前です。古式フランス風コーヒーなのかも。

お代は前日よりぐっと安く、644ルピーでございました。牛肉にビールというインドにいてインド人ならばあるまじきこういですが、バチは当たらなかったです。

Madame Shanthes Cafe Restaurant
40A Romain Rolland Street

<註釈>

  1. Kingfisher。カワセミの一種らしいですが、インドを代表するビールのブランドです。本拠は南インドらしい。系列会社にキングフィッシャー航空があります。
  2. ポンディではかなりの数のリカーショップがあります。でも、街中ではおおぴらに売れないのか、鉄道駅の近く、つまりは外れにかたまってました。

今日のインド人

Ck1663

<小学生も制服あり>K-7/DA16-50mm

場所はマドゥライ。宿の近くに学校があり、夕刻にぞろぞろでてきます。男子生徒も制服があるはずですが、撮ってないんだな。

|

« ポンディの朝メシ事情 | トップページ | La Marina Guesthouse »

920t South India」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

野良牛だったら嫌ですね…。
食肉のための牧場的なところってあるんでしょうか???

投稿: prego | 2015年10月18日 (日) 09時45分

rouge
pregoさん、こんにちは。
ゾロアスター教徒もキリスト教徒もいますから、どこかで牛を飼育していると思います。
このずっと後でビーフカレー食べます。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月18日 (日) 15時29分

インドでビーフって、いい経験になりましたね。ヒンドゥー教の場合、牛肉が禁止なのに、インドは牛肉を結構輸出しているので、何か変な感じだったのですが、異教徒には寛容で、国内消費も多少はあるってことでしょうね。

投稿: とんび | 2015年10月19日 (月) 07時39分

chick
とんびさん、こんにちは。
キリスト教徒が少数といっても、総人口13億以上ですから、ビーフの需要もそれなりにありますよ。
でも最近のニュースで、急進的なヒンドゥ教徒が肉食や食肉加工に対してテロまがいの行為を取っているようです。
ここには及ばないと思いますけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月19日 (月) 21時23分

南インドでビーフってすごく罪深いように感じてしまう私ですが、このステーキとてもおいしそうです。
ポンディのこういうお店でなら安心して食べられそうです。
赤ワインがなかったのは本当に残念!

ずっと後で食べられたというビーフカレーもとっても気になります。
タミルナードゥだとムスリム経営の怪しいお店とかを想像しちゃうのですが、ケララでのお話ですかね。

投稿: pudina | 2015年10月19日 (月) 21時24分

banana
pudinaさん、こんにちは。
ポンディなら、フレンチやイタリアンの店が多く、ステーキも当たり前のように食べられますね。
でも、豚肉はありませんね。
ビーフの方が調達は簡単かと。
ビーフカレー、ご指摘の通りケララで頂きました。
詳細はずっと後日。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月19日 (月) 21時33分

ああ、罰当りな・・・
私は昔、カルカッタでビーフ食べたら具合悪くなりましたぜ(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2015年10月20日 (火) 23時20分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
コルカタのビーフって、ムスリム向けの怪しいところのでしょう?
ヒンドゥの急進派の呪いかも。
わたしゃ、キリスト教徒の多いところだったからか、平気でした。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月20日 (火) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62496010

この記事へのトラックバック一覧です: インドでビーフ:

« ポンディの朝メシ事情 | トップページ | La Marina Guesthouse »