« アルナーチャラ山麓のリンガ巡り | トップページ | Carte Blancheで大枚はたく »

2015年10月10日 (土)

ロケーションだけは最高、ル・カフェ

Ck0783

<ポンディの海岸>K-7/DA16-50mm

ティルバンナマライからポンディに。州営バスで約3時間でした。宿にチェックインし、早速ビーチ沿いを散策します。気持ちいいんですが、暑いです。それにかなり腹減り状態です。

Ck0795

<Le Cafe>K-7/DA16-50mm

お、あれは巨匠も訪れたル・カフェですね。このあたりでは飲食できる店はここしかありません。極限状態ではありませんが、突入しましょうか。

Ck0789

<店内>K-7/DA16-50mm

こ洒落た感じですが、評判悪いんですよね。オーダーはコーヒー・オンザロックスとチキンクラブサンドです。

今いる場所は、ポンディの中でもフランスが商館(*1)を建て小さいながらも植民地とした、旧フレンチコロニーです。今でもフランス領事館があったりします。もちろんインドではありますが、小汚い布を頭に巻いたような汗して労働するインド人は見あたりません。もちろん、牛も皆無です。

Ck0791

<コーヒー・オンザロックス>GR DIGITAL

来ました。氷だけはたくさん入っているんですが、量が少ないです。よく見ると、レモンの小片も入っています。ちょっとだけ異質なアイスコーヒーです。でも許せるレベルですね。

Ck0793

<チキン・クラブサンド>GR DIGITAL

いまいちクラブサンドイッチの定義がわからんのですが、3枚でサンドイッチにしたとwikiにはあります。でも、ここは焼きサンドイッチみたいですね。ここはいっちょう本家フランスみたいにバゲットでサンドイッチを作ってもらいたいですが、まあ、満腹しました。ポテトがありますからね。

うーん、これで275ルピーですか。サンド200にコーヒー70。計算が合わんし。あとはサービス料のようです。ま、夕食はもっとかかるはずだし、ポンディじゃこの程度は普通ですかね。

海が眺められて、涼しい風が吹き抜ける絶好のロケーションです。でも、向いの鉄柵にやたらと鳥が留まるんだよな。海だったら、カモメあたりが似つかわしいんですが、鳴き声からするとカラスです。

この連中に食い物を奪われないかちょっと心配になります。

それにしても、この店だけが唯一道路のビーチ側にある飲食店なんです。しかも、近くに飲食店も何にもないんです。外観にだまされて絶対人が来ますよね。翌日やっぱり入ってしまいました。

<註釈>

  1. 現在はポンディシェリー連邦直轄領でその首府。この直轄地が曲者でなんと4箇所に分散してます。いずれもとても小さいです。

今日のインド人

Ck0937

<地面に幾何学模様を描く>K-7/DA16-50mm

スナップです。チョークの粉らしきもので描いていきます。さらにこのあと、色つきのチョークで彩っていくと思われます。こんなもので、上手に描く、さすがインド人と思われそうですが、実は型紙があるんです。

|

« アルナーチャラ山麓のリンガ巡り | トップページ | Carte Blancheで大枚はたく »

920t South India」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

クラブサンドって…確かにわかりませんねー
三枚だなっていうのは毎回思っていましたが…
ここおしゃれですね~
しかし、お料理に対してコーヒーが…(^^;;)
生きた鳥は苦手なんで、そんなにいたら怖いです~

女性が書いている幾何学模様、きれいですね!
私も真似してかいてみたい~

投稿: prego | 2015年10月10日 (土) 09時42分

rouge
pregoさん、こんにちは。
海岸にはまったく他の飲食店はおろか、商店もないんです。
そんなところに冷たい飲み物を提供する店があったら、つい入ってしまいますよね。
コーヒーはここのはミルクが入らないそうで。レモン味のコーヒーです。
カラスは数羽でしたが、図体がでかいです。
絶対食べ物あさりですよ。ここしか出ないし。
こういう模様はけっこうあちこちにあります。
家の前に描いたり、寺院の中だったり。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月10日 (土) 14時25分

こんにちは。
ル・カフェってガイドブックにも必ず載っているようなお店ですよね。
このロケーション、店構えだとお値段はこんなものでしょうかねえ。
10年前とかだと、インドで食事に200ルピーなんて贅沢すぎて払えませんでしたが・・・

コーラム(幾何学模様)型紙があるなんて知りませんでした!
家庭の主婦だと毎朝家の前にフリーハンドでスラスラ描いている感じです。
型紙があれば私にも描けるかな(笑)

投稿: pudina | 2015年10月10日 (土) 15時08分

banana
pudinaさん、こんにちは。
歩き方には載ってませんがロンリープラネットには掲載しているようです。
ワタクシも4年ぶりのインドでしたが、前だと、200ルピーも食事に使うというのは、なんちゃって中華か日本食もどきくらいでした。
型紙はどこかのバザールで見かけたのです。
ああ、こうやるのかと。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月10日 (土) 16時50分

ここのコーヒー飲みにくいですよね(^^ゞ
コーヒーだけ吸うとあっといまになくなっちゃうし、氷に接してないのでなかなか解けないし・・・
食べてはいないんですが、朝のヴェジ・ブッフェはすごくお値打ち価格だったような

投稿: kimcafe | 2015年10月12日 (月) 16時18分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
アイスティは普通の量だったです。
なぜコーヒーだけこうなんでしょう。
え、朝からそんなものあったんですか。
ポンディでは朝食付きではなかったです。
店を見つけるのが結構大変だったんです。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月12日 (月) 18時33分

アイスコーヒーはのみかけじゃなくって、最初から少なかったのですね。氷がとけてからじゃぁコーヒーが薄くなりすぎますし。これだけ少ないとなんだか詐欺のような感じもします。ここのお店、評判がよろしくないってことも、なんとなくわかるような。

投稿: とんび | 2015年10月19日 (月) 08時08分

chick
とんびさん、こんにちは。
このル・カフェは店員の態度がけっこう尊大なんです。
でもって、料金が高い割に内容が今ひとつという点が、ロンプラの審査でだめ出しされたのかも。
ここは歩き方でも紹介されてませんよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月19日 (月) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62438003

この記事へのトラックバック一覧です: ロケーションだけは最高、ル・カフェ:

« アルナーチャラ山麓のリンガ巡り | トップページ | Carte Blancheで大枚はたく »