« 不思議系ドリンク | トップページ | Anand Sweet & Snacksで朝食 »

2015年10月31日 (土)

ダーラースラムに行ってみた

Ck1140

<郊外へ>K-7/DA16-50mm

クンバコーナム郊外にはチョーラ朝(*1)の寺院が2つあります。どちらも世界遺産に登録されていて、近い方のダーラースラム(*2)に行ってみることにしました。まずはオートリキシャをチャーターします。言い値300ルピーですが、OKしました。

Ck1143

<アイラーヴァテシュワラ寺院>K-7/DA16-50mm

ここが入口です。やはりシヴァ派の寺院で、寺院自体が山車に見立てられているとのこと。

Ck1152

<車輪あり>K-7/DA16-50mm

その寺院を引っ張る車輪や馬、象の彫刻があちこちにあります。入場料なしというすばらしさですが、やはり境内では裸足になる必要があり、足裏が火傷しそうになります。

Ck1154

<象>K-7/DA16-50mm

12世紀半ばの作りだそうです。結構大きそうに見えましたが、寺院自体の大きさは同じ「大チョーラ朝寺院群」である、タンジャブール(*3)とガンガイコンダチョーラプラム(*4)の寺院には及ばないそうです。

Ck1155

<馬>K-7/DA16-50mm

しかし、彫刻の緻密さと完成度はその中でも随一だそうで、美しさは引けを取らないとのこと。

Ck1173

<内部>K-7/DA16-50mm

足裏があっちっちーなので、中に入ります。写真を撮っていると、僧に手招きされました。でも、聖域なので写真は拒否されます。ここの僧なのか、僧侶の服を着た人物は3人くらいいました。大きさに比べると少ない人数です。

Ck1191

<レリーフ>K-7/DA50-200mm

メインの建物の壁面には様々なレリーフが施されています。

Ck1213

<我慢の撮影>K-7/DA16-50mm

なるべく日陰部分を歩きますが、撮影するときに日の当たる場所に移動します。またしても火傷しそうになります。我慢が続きます。が、限界。

予定ではガンガイコンダチョーラプラムとタンジャブールにも行くはずでしたが、これで十分。カットし、先を急ぐことにしました。

<註釈>

  1. 「Chola Dynasty」。9世紀から13世紀にかけて南インドを支配したタミル系のヒンドゥ王朝。首都はタンジャブール。
  2. 「Dharasuram」。クンバコーナムの西4km。さらに進むとタンジャブールへ。
  3. 「Thanjavur」。タンジョールとも。人口22万の小都市だが、歴史上いくつもの王朝がことを首都と定め、1000年もの間繁栄したとか。
  4. 「Gangaikondacholapuramu」。この長い名前の意味は「ガンガーを征服したチョーラ朝の都」とのこと。
今日のインド人

Ck1224

<駐車場の係>K-7/DA16-50mm
さあ、帰ろうとすると、リキシャ付近でこの人物が寄ってきて、料金を請求しました。なぜかメモを取らず値段不明ですが、20ルピーくらいだったかと。金を払ったのでこちらから撮らせていただきました。

|

« 不思議系ドリンク | トップページ | Anand Sweet & Snacksで朝食 »

920t South India」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Temple/Church」カテゴリの記事

コメント

熱い石畳でもインド人は平気ですよね(^^ゞ
足の裏が厚いのでしょうか?
エチオピアの協会では靴下はOKでしたが靴下はいたら怒られるんでしょうかね

投稿: kimcafe | 2015年10月31日 (土) 19時46分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
足裏は鍛えられているでしょうね。
結構裸足で生活している人もいますよね。
バスでとなりに乗った人が裸足でした。
かといって、服装は至って普通で、貧しさは感じませんし。
やはりインド人、鍛え方が違いますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年10月31日 (土) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62586487

この記事へのトラックバック一覧です: ダーラースラムに行ってみた:

« 不思議系ドリンク | トップページ | Anand Sweet & Snacksで朝食 »