« ティルチィ最大のビシュヌ寺院 | トップページ | ティルチィの中級ホテル »

2015年11月20日 (金)

ホテルの朝食も捨てたもんじゃない

Ck1531

<ホテルレストラン>GR DIGITAL

ティルチィではフェミナというホテルに泊まりました。1泊2300ルピー程度で現地飛び込みのホテルとしては高い部類です。

そして客室も100を越えるところです。制服のフロント係に警備員(*1)、客室係も備える中級といっていいところです。もちろん、朝食付きです。

というわけでインドのビジネスマンばかりが集うホテルレストランに降りてきました。

ホテルの朝食で、やはりビュフェスタイルです。当然、イドリーやワダが用意されています。その程度だろうなと思っていたのですが。

Ck1336

<1日目>GR DIGITAL

左から時計回りにアッパム、ワダ、プーリーです。サンバルで頂きます。

Ck1338

<ラヴァ・イドリー>GR DIGITAL

こんなのがありました。ラヴァ・イドリー。色が違いますね。これは、米とウラッド豆ではなく、「スジ」という小麦粉を使います。解説によると、スジはセモリナ粉とあります。スパゲティと同じ材料じゃん。

ともかく、スジを水で溶いてイドリーと同じく蒸し上げるそうです。野菜が入っていますが、材料に混ぜ込んで一緒に蒸すようです。イドリーの酸味とは違う味です。食感も異なりますね。もっちりしています。とはいえカレーをかけて食べるので後味はあまり変わらないかも。

ただ、イドリーよりも腹にたまる感じです。

Ck1551

<2日目>GR DIGITAL

前日食べ過ぎた感もあり、普通のイドリーでいってみました。でも、この日もこれまでお目にかからなかったティファンがあったので頂いてみました。

Ck1555

<イディヤパム>GR DIGITAL

イディヤパムです。最近よくコメントを頂くpudinaさんによれば、「イディヤッパン」とのことですが。意味はわからないものの、「アッパム」に接頭語が付くのではないかと。

見た目の通り、麺です。形状からして、そうめんそっくり。水気はありません。箸がなかったり、水気もないので塊でゲットした形です。

これまたカレーをかけるのですが、やはり手で食べるのです。「あー、行儀悪い」という声が聞こえてきそうですが、何を仰います。

かの、イタリアでもパスタはシルクロードを伝わって広まったと思いますが、イタリアの中世くらいの絵画ではパスタも手づかみで食べていた描写があるほどです。ナイフ、フォーク、スプーンなどの道具が導入されたのはずっと後のことなんです。

パスタをつまんで垂らし、それを受けるようにして食べていたのです。ワタクシもそれにならい、頂きました。うーん、やっぱりそうめんです。そのままタイに持っていけば、カノムチーン(*2)になりそうです。

でも、けっこうコシの強いそうめんです。

いやー、このホテル朝食は充実していましたね。イディヤパム、その後もあれば食べてみたかったのですが、ダメでした。アレッピー(*3)で、やっている店があり、気づいたのは別のものを注文したあとでした。翌日行くと、なかったです。

ラヴァ・イドリーにイディヤパム、見つけたら即味わうべし。

<註釈>

  1. デリーのタージ系ホテルに泊まったとき、廊下に警備員がいました。自分の部屋は廊下の端でしたが、そのドアの向こうにじっとたっているようでした。それはいいのですが、ライフル銃携帯です。なんか落ち着かなかったな。
  2. タイ風カレーで食べるそうめん。麺が柔らかく、レンゲで押し切って食べます。
  3. アルファベット表記「Alleppey」。新名称は「Alappuzha(アラップーラ)」。ケララ州の小都市で、バックウォータークルーズが盛ん。

今日のインド人

Ck1316

<孝行息子と母親>K-7/DA16-50mm

やはりロックフォートにて。前回のインド人4人組を撮ったあとに、すぐ横に立っていて、撮影を頼まれました。

一生の想い出になる写真…とは思いませんが、大事なショットではあるかも。でも、息子の方眼をつぶっちゃってます。

|

« ティルチィ最大のビシュヌ寺院 | トップページ | ティルチィの中級ホテル »

920t South India」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

Idiyappam、タミル語を正確にカタカナにすると、イディヤーッパムとなるのかも。
すみません、私、聞きなれた言葉はつい聞こえたままに適当に書いてしまっています。
それにしても、高級ホテル(私にとっては!)だけに朝食もおいしそうです。

ランガナータスワーミ寺院は最近ようやく修復工事が終わったみたいです。

投稿: pudina | 2015年11月25日 (水) 21時21分

banana
pudinaさん、こんにちは。
フェミナはこのたびで泊まったホテルでは南インドの軽食が一番充実していたところでした。
ビュフェでしたが、かなり多い種類のものがありました。
客が少ないと、「これだけ」というところもありますよね。
ランガナータスワーミ寺院、境内の中までトラックが進入してきました。
おちおち写真も撮ってられません。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月25日 (水) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62712931

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルの朝食も捨てたもんじゃない:

« ティルチィ最大のビシュヌ寺院 | トップページ | ティルチィの中級ホテル »