« 痛恨のタブルヌードル | トップページ | 水浸しのシヴァ寺院 »

2015年11月13日 (金)

隣のホテルでミールスのランチ

なかなか出てこなかったミールスの話。

Ck0180

<最初のミールス>GR DIGITAL

最初に食べたのは到着翌日のカーンチプラムです。オートリキシャにいろいろ連れて行かれたものの、昼を過ぎても行く気配がないので、リキシャワーラーにアピールして昼食にしてもらいました。

で、入ったのがこの店のミールス。こちらからアピールしたのでリキシャワーラー付きです。もちろん二人分の支払い。420ルピーもしました。一瞬「えっ?」となりました。まだ最近のインドの物価に慣れきっていないもので。

いきなりでしたが、もちろん手で頂きました。でも、隣にリキシャワーラーがいて、いちいち写真を撮っていられなかったのです。中央のチャパティを片づけたあとは、どーんとゴハンが来ます。中心近くの袋入りのものっはデザート。

それから約1週間。ティルチィでミールスを頂くことにしました。といっても動機は不純で、前の日の夕食でビールが飲めなかったので、ビール目的で隣のホテルに出向いたのです。ガイドブックによれば、ノンベジレストランがあり、ビールが飲めるとありました。

Ck1514

<この日のミールス>GR DIGITAL

通常営業中のホテルでしたが、工事中で駐車場の脇から入っていきます。で、レストランがあり、入ってみると、「うちはベジですよん」といわれてしまった。引き返すのもかっこわるく、そのままミールスを頂くことにしたのです。結局ビールはマドゥライまでお預けです。

ミールスの内容ですが、前回のものと微妙に違っています。長くなりますが、ひとつひとつ見ていきましょう。

Ck1515

<野菜カレー>GR DIGITAL

ミールスの盆の9時の方向から時計回りに。

胡麻入り。にんじんとキュウリ(かなあ)などのカレー。色悪いですが。そのままご飯にかけて食べるものです。ぐずぐずに煮崩してあります。ややさっぱり系です。

Ck1516

<白いもの2種>GR DIGITAL

もう3ヶ月近く経っていて、メモも取れませんから(右手を使いますから)、ほとんど味を覚えていないのですが。というか、ブツが多すぎて、覚えきれないような。

左側が、キュウリなどの隠れたライタで、右はヨーグルトです。ヨーグルトをご飯にかけても、意外にイケます。

Ck1518

<野菜カレーその2>GR DIGITAL

「野菜カレー」と書きつつはたと気づくとベジなんだからすべて野菜ですね。やや酸味のあるトマト系のカレー。フキのようなものが入って入るんですが、これ、繊維が硬くて喉ごしも悪いので、飲み込まない方がいいです。

この手のカレーはイドリーなどにも合わされます。フキを確認してからは、フキをよけて味わっていました。

Ck1519

<ラッサン>GR DIGITAL

スープなんですが、これもご飯にかけて食べるタイプ。どろっとしていません。さらさらです。酸っぱく調理した感じです。

Ck1520

<ダル>GR DIGITAL

たぶん豆。やはりさらさらです。

Ck1521

<葉物>GR DIGITAL

ほうれん草だったか、緑の葉物野菜のカレー。ややとろみありです。

Ck1522

<サブジー>GR DIGITAL

これがもっともカレーらしい。ジャガイモ主体かな。でも煮崩してあり、スパイシーです。

Ck1523

<角切り野菜>GR DIGITAL

香辛料で和えた角切りの野菜。以下はカレーじゃなくておかずとなります。

Ck1524

<ポリヤル>GR DIGITAL

タマネギとナスの炒め物です。この中ではもっとも重量感のあるおかず。

Ck1525

<炒め物>GR DIGITAL

ピーマンとトウモロコシの炒め物。

Ck1526

<デザート>GR DIGITAL

ちょっと甘いお菓子。これは正真正銘食後のもの。

Ck1527

<パコラ>GR DIGITAL

普通豆から作ったチップスのようなものが付きますが、ここのはこれ。

Ck1528

<食事開始>GR DIGITAL

で、チャパティを食べ終わると、「いいですか?」みたいな感じでボーイが登場して、ご飯をどーんと中央によそいます。黄色っぽいものはその際に何かをかけたんです。

おかわりのご飯は脇にあり、各種カレーをかけ、あるいは数種類を混ぜて好きなように味わいます。そしておかずをつまみ、心ゆくまで味わうのです。

南インドのご飯は北インドのインディカ米のようにぽろぽろではありませんが、やはり手だけで食べていくのはなかなか難しいです。

自分なりのこつですが、ご飯を皿に押しつけるようにして、固めていくことかな。それでもこぼれますが。手に取ったご飯の量ですが、インド人が100だとするとワタクシは30~40くらいですかね。それでも指の間からこぼれていきます。

ここの料金はソルトラッシーと合わせて183ルピーでした。ホテルといえども、この料金ですから、経済的と思います。

今日のインド人

Ck1287

<ついうとうと>K-7/DA16-50mm

ティルチィのバススタンド近くの花の飾り物のスタンドです。店主のおばあさん、船漕いでますね。やっぱり暑いと、眠くなりますよね。

眠るインド人、けっこうありますぜ。

このあたりから、急激に人物写真が増えていきます。

|

« 痛恨のタブルヌードル | トップページ | 水浸しのシヴァ寺院 »

920t South India」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

盛りだくさんですね!!
韓国料理のようにも感じます。
とせれも割とマイルドな感じなんですかね。
優しい味のようにお見受けしました。
インド料理、みんなで食べてから食べいないので食べたくなってきました。
おすすめのインド料理店あれば教えてください!(もちろん東京(^^;))

投稿: prego | 2015年11月14日 (土) 14時47分

二つ目のミールスですが、フキはフキよりぶっといドラムスティックという野菜でしょうか?
だとすると、皮は食べずに中の柔らかい部分だけ食べるのですが、誰か説明してくれないと分からないと思います!

後は、ボーイがご飯にかけたのは、今度こそ本当のきな粉です(笑)
(スキンヘッドに塗るのはサンダルとかターメリックの粉だったと思います。)
大豆ではないけど、豆や唐辛子を煎って粉にしたふりかけみたいなもの(ポディ)です。

投稿: pudina | 2015年11月14日 (土) 19時20分

rouge
pregoさん、こんにちは。
韓国料理もキムチがたくさん並びますね。
南インド料理は韓国料理屋タイ料理のように辛さが舌に来るものがありませんが、スパイスの組み合わせで、それこそ何種類にも変化する味があります。
で、北インドの料理に比べれば、ずっとスパイシーです。
あー、自分もアジャンター以来食べてないですよ。
わたしゃ日本のインド料理店にはあまり詳しくないので、巨匠にうかがってみてはいかがでしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月14日 (土) 21時10分

banana
pudinaさん、こんにちは。
フキみたいなもの、おそらくそのドラムスティックってやつです。
そう、中は柔らかいんですね。
でも、一回飲み込んで以来警戒してしまいました。
どうも、フォローありがとうございます。
ゴハンのあれはきな粉でしたか。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月14日 (土) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62666566

この記事へのトラックバック一覧です: 隣のホテルでミールスのランチ:

« 痛恨のタブルヌードル | トップページ | 水浸しのシヴァ寺院 »