« ロックフォートへ | トップページ | 隣のホテルでミールスのランチ »

2015年11月 9日 (月)

痛恨のタブルヌードル

ティルチィではちょっといいホテルに泊まりました。とはいえ、1泊2000ルピー程度のところですが。

疲れがたまっていたのでしょうか。あまり外に食べに行く気がせず、ホテルのレストランを利用することにしました。ホテルにはベジレストランとノンベジレストランの両方がありました。初日に利用してみたのが、ノンベジレストラン、The Food Palaceです。

ものすごく肉が食べたいという気分だったわけではありません。「ビール」が飲みたかったのです。ベジレストランにはアルコールを置いていないので、ノンベジにしたのです。

だけど、なかったんですよ。健全すぎるぜ。

Ck1324

<バニラシェイク>GR DIGITAL

しょうがないのでこれで我慢です。バニラといいながら、キャラメルの味がします。まあ、そんなに悪くなかったですけどね。

Ck1327

<チキンクリームスープ>GR DIGITAL

だったら、肉に走ってやろうか。鶏肉入りスープです。かなりお上品な味で、さほど刺激がないので、塩を少々投入しました。こうだ。こうでないと。熱々です。

じゃあ腹一杯食ってやろうでないかと、切り替え、エッグヌードルとアメリカンチョプスイをオーダーします。

これまたお上品そうなウェイターが、「えっ?このふたつですか?」というような顔をします。いいからいいから、持ってきなさいって。

Ck1331

<エッグヌードル>GR DIGITAL

来ました。高級そうなレストランでも、味はほぼ一緒ですね。赤いペーストをつけながら食べると、まあまあ行けます。この時よほどインドの味に飽きが来ていた頃だったのかもしれません。でも、量が多いですね。まあ、いつものことです。

Ck1329

<アメリカンチョプスイ>GR DIGITAL

あちゃー。やっちゃった。ワタクシ、チョプスイを勘違いしていたようです。何か卵を使った中華風のおかずか何かと。

現実のチョプスイは硬やきそばにあんかけ風の具をのせたものです。

Ck1330

<シェフの遊び心>GR DIGITAL

まさかのダブル麺となってしまいましたが、チョプスイの具は予想通りの肉で、これが甘辛く炒めてありました。かなり美味しかったのが幸い。

そりゃ、ウェイター変な顔をするよな。

お代は463ルピー。やっぱ、ホテルのレストランはちょっと高めです。

今日のインド人

Ck1473

<スキンヘッドきな粉別ヴァージョン>K-7/DA16-50mm

ちょっと前のスキンヘッドに粉のようなものを付ける人物と同じ場所にて。寺院だったんで、かなり見かけました。

で、「スキンヘッドきな粉」は男性だけのものではなく、女性も子供もやるようです。

でも、この人たちおそらく家族連れで、全員がそうしているわけでもないし。謎がまた残ります。

|

« ロックフォートへ | トップページ | 隣のホテルでミールスのランチ »

920t South India」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

目玉焼き、かわいいです!
インドでもこんなことするなんて。びっくり。
さすが、ちょっとお高いホテル?

投稿: Lunta | 2015年11月10日 (火) 22時11分

pisces
Luntaさん、こんにちは。
やるんですね。
インド人シェフ。
ホテルレストランはあといくつか通いましたが、あまりこういうものはなかったです。
ちょっとほっこりしますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月10日 (火) 23時31分

チョプスイって本当は八宝菜みたいな料理でしたっけ?
でもインドでは、あんかけ焼きそばですよね。
しかもアメリカンってケチャップ味じゃありませんでした?
でも卵が本当にかわいいので、私も食べてみたいです!
すっかりインド頭な私、「腹一杯になるために、焼きそば2種類注文されたんだ〜」と普通に読んでいました(笑)

本当に、ノンベジレストランならビールくらい置いてほしいです。
でもタミルナードゥ州を禁酒州にしたい人とかもいるみたいで・・・

スキンヘッドは、ティルパティとか有名ですが、お寺で髪の毛を剃ってもらって神様への供え物にするんです。
で、髪の毛がないので、頭皮の保護のため、きな粉(じゃないけど!)を塗るようです。
家族全員ではないのは、何か願い事が叶った人だけしているのか、代表で子供にさせたりなのか、その辺は結構柔軟かもしれません。

投稿: pudina | 2015年11月10日 (火) 23時51分

目玉焼きの顔を見て「キャラ弁かっ(笑)」とツッこんだのは私だけではないでせう^^;。

投稿: おりんぴあ | 2015年11月11日 (水) 01時06分

banana
pudinaさん、こんにちは。
チョプスイの実態は本当はよくわかっていません。
知り合いに元インド駐在の人がいて、インドでチョプスイの話をよくしていたんです。
そのときから誤解していたようです。
味は確かにケチャップだったかな。
慣れ親しんだ違和感のない味で、なんちゃってやきそばよりずっと美味しかったです。
結局ビールはタミルナドゥで2回、ケララで1回って感じです。
あ、ポンディでも、1回、計4回。
わたしゃ飲みたいヒトではあるんですが、旅に出るとストレスがなくなるもので、飲まなくてもOKなところがあります。
現状はストレスためまくってますから、ないとダメです。

スキンヘッドの解説ありがとうございました。
何となくわかったような。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月11日 (水) 21時41分

soccer
おりんぴあさん、こんにちは。
インド人、けっこうキャラ好きかも。
ドラえもんはかなり見かけます。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月11日 (水) 21時42分

>「えっ?このふたつですか?」
私も同じような経験あります(^^ゞ
ウエイターが怪訝な顔をしてるときは、なんで?って聞くかな・・・

投稿: kimcafe | 2015年11月11日 (水) 23時27分

karaoke
kimcafeさん、連投ありがとうございます。
kimcafeさんも、やっちゃいましたか。
わたしゃフィレンツェで、リゾットと何かを頼んだのですが、リゾットがこれでもかというくらいの量で、頑張ってみたものの、リゾットもおかずも大量に残したことがあります。
まあ、今回も1品2人前くらいあったので、言い訳にはなりますかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年11月12日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62647994

この記事へのトラックバック一覧です: 痛恨のタブルヌードル:

« ロックフォートへ | トップページ | 隣のホテルでミールスのランチ »