« 引っ張るチャイとコーヒー | トップページ | タミル・ナドゥ州営バスの旅 »

2015年12月16日 (水)

マドゥライのHotel Padman

マドゥライではバススタンドでリキシャワーラーに捕まってしまい、「ではわたしの知っているホテル」に連れて行かれました。

一応部屋を見せてもらい、ロビーだけですが、WiFiがあるというので泊まることに決めました。

Ck1560

<客室>GR DIGITAL

一見よさそうに見えますが、フロントではビザやマスターのステッカーが貼ってあるにもかかわらず、クレジットカード払いを拒否されます。そして、段差のあるエレベーター、暗い廊下というかなり安宿チックなところでした。

Ck1565

<小さなバルコニー>K-7/DA16-50mm

こういうものがあっても、引っかける場所がないので洗濯物は干せません。周囲は電気工具を売っているような店が多く、下町風です。でも、数軒ホテルは集まっていました。

Ck1562

<印洋折衷型>GR DIGITAL

便座付きですが、かなり腰を下ろす位置が低いです。おそらくはもともとインド式のトイレがあった場所に、強引に洋式風の便器を被せたものかと。まあ、これならば、純洋式を嫌うインド人も腰掛けずにしゃがんでいたせる利点はありますわな。

あと、2日目には水タンクのジョイント部分の金属が壊れまして、流すときにはタンクの蓋をずらして、内部のコックをいじることになりました。フロントにいっても逆に弁償などとなりかねないので黙っておきました。メンテナンスちゃんとやってよ。

Ck1758

<なんと新聞>GR DIGITAL

そんなショボイ宿ですが、新聞は届けられます。ベッドやテレビモニターなどはかなり新しく、高級感を出そうとしていますが、どこか詰めが甘い宿でした。

Ck1873

<屋上>K-7/DA16-50mm

ここで朝食が提供されます。なんとビールも飲めるそうですが、料理を調理している様子がうかがえず、ここでは飲んでいません。

Ck1872

<眺望>K-7/DA16-50mm

ミナクシ・アンマン寺院のゴプラムが見えます。もっとも、自分の部屋のバルコニーからも見えますが。

Ck1875

<リス>K-7/DA16-50mm

何か動くものがいるなと思ったら、リスでした。インドではこの小動物は比較的多いです。建物の壁を伝ってやって来るようです。客室に来なくて幸いです。リスは狂犬病ウイルスを持っているそうですから、噛まれたりしたら大変なことになります。

Ck1763

<朝食1回目>GR DIGITAL

洋式かインド式かの選択制でした。おそらくは近くの店から買ってくるんだと思います。イドリーとオニオンウタパームでした。これにコーヒーが付きます。

Ck1877

<朝食2回目>GR DIGITAL

またインド式で頼みました。今度はワダも付きます。そしてプレーンのウタパームとなりました。ま、割と美味しかったですが。

Ck1879

<チャイ>GR DIGITAL

さすがに飲み物は作っていると思います。1泊1750ルピー。500くらいディスカウントできそうですが、リキシャワーラーへのキックバック分も含まれていそうです。WiFiも途切れるときがありましたが、まあまあ安定してました。

入口には警備員がいます。でも、この値段ですから、スプリームなどの並ぶホテル街の宿とほとんど変わりません。あっちの方は全館WiFiで朝食付きだろうから、ここはあまりお勧めできません。

今日のインド人

Ck1829

<職業不明>K-7/DA50-200mm

やはりティルパランクンドラムにて。やや離れた位置から望遠ズームで雰囲気のある人物を狙って撮りました。

杖のような棒のようなものを置いて座っていますが、商売道具なのか売り物なのかも不明。ただサドゥではないことだけは確かです。後方にサドゥっぽい人物が写り込んでいます。こちらを撮ればよかったかも。

|

« 引っ張るチャイとコーヒー | トップページ | タミル・ナドゥ州営バスの旅 »

920t South India」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

洋式トイレ、タイで一般的なミニシャワー(?)じゃなくて、ミニバケツの水だと洗うのが大変だと思うのですが、洋式に慣れるとそちらの方が良いと思うインド人も最近は多いみたいです。夫の家族とか(笑)

トイレの話の後ですみませんが、朝食、素朴な感じで結構おいしそうです。

投稿: pudina | 2015年12月18日 (金) 20時55分

banana
pudinaさん、こんにちは。
インド人もあれに慣れちゃうと、手放せないでしょうね。
一応泊まったホテルでは、ミニバケツオンリーのところは2箇所だけでした。
朝食、屋外だったので自然光で撮れています。
それで美味しく見えるのかもしれません。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年12月18日 (金) 23時56分

そうなんですか、リスは狂犬病ウィルスを持っていることがあるんですか。
それは知りませんでした、今後海外では気を付けましょう。
町田リス園のリスたちは大丈夫なんでしょうね。
happy02

投稿: スクムビット | 2015年12月20日 (日) 11時28分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
日本では狂犬病ウイルスが撲滅されたので、町田リス園でも大丈夫だと思います。
ただ、狂犬病ウイルスが撲滅された地域はとても少なく、もちろんインドも非撲滅地域なので、注意した方がいいですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年12月20日 (日) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62883084

この記事へのトラックバック一覧です: マドゥライのHotel Padman:

« 引っ張るチャイとコーヒー | トップページ | タミル・ナドゥ州営バスの旅 »