« 香港島右往左往 | トップページ | 賽の踊りを体験してみた »

2015年12月29日 (火)

マカオに来てみたものの…

マカオに移動しました。

あまり早く移動すると、ホテルのチェックインより早すぎるかなと思って、9時ちょっと過ぎにチェックアウトしまして、上環のマカオフェリーターミナルに行ってみたんです。

唖然とするような長蛇の列です。平日だというのに。結局11:50発のフェリーでマカオに向かいました。宿には送迎バスがありませんが、近くのカジノホテルが無料送迎バスを出しているのでそれを待ちましたが、なかなか来なくて、リスボア行きのバスに乗り、そこから歩いて宿に到着しました。

宿は結構いいです。バスタブではなくシャワーですが、それ以外は申し分ないです。値段に見合うところです。

宿のロケーションは中国の珠海市が見えるところで、沢木氏が大小をした船上カジノがかつてあったところに近いです。環境はかなりいいのですが、近くの古い通りから観光客が増えてきて、セナド広場や聖パウロ教会学院跡あたりは中国人で埋め尽くされていました。

おかげで昼食も満足にとれず、串揚げとカツバーガーということになりました。これはこれでネタになりますが。

夕食は近くのポルトガル・マカオ料理店へ。ここも中国人だらけで入れなかったらいやだなと思いましたが、大丈夫でした。夕方からは、中国人も国に戻ったようです。

ともかく、人口50万もいないようなところに、かなりの数の観光客がやってくるわけです。今日の密集度合いは新宿や渋谷の休日の雑踏以上ではないでしょうか。あるいはタイフェスの午後の時間帯のような。

夕食後はカジノに出かけ、「見学」しました。

Hs0563

<リスボア>K-7/DA21mm

まずはリスボアへ。以前は入場の際にカメラを持っているかどうかのチェックがありましたが、なくなりました。

まず入るといきなり大小の卓が。最小掛け金100HKDと200HKDです。たまにゾロ目が出ますが、沢木氏が指摘していたほどには出ません。また、プッシュする音の引っ掛かりで判断などは到底無理です。でも、なんかやっているんだと思いますよ。どの卓も大と小が交互に出たり連続して出たりすることが多いんです。

1時間近くは見学していたんですが、「勝てるとき」はわかりませんでした。

続いて、グランド・リスボアへ。こちらは最低掛け金300HKD。大小は人気がないようでした。

ついでに近くのポンテ16へ。こちらは合計8台くらいの大小の卓があって、最低掛け金200HKDです。しかも、リスボアみたいにプッシュする音がカメラのシャッターみたいではありません。

行くなら、リスボアの100HKDの台でしょうか。すぐ終わっちゃいそうですが。ではまた。

|

« 香港島右往左往 | トップページ | 賽の踊りを体験してみた »

News」カテゴリの記事

コメント

皇宮大旅館に行ってみてください(^^ゞ
http://4travel.jp/travelogue/10280621

投稿: kimcafe | 2015年12月30日 (水) 11時23分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
今泊まっているところが、福隆新街に近く、バンコクのチャイナタウンあたりにありそうな安宿が結構あるんですが、皇宮大旅館には遭遇しませんね。

投稿: ヒョウちゃん | 2015年12月31日 (木) 01時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62963882

この記事へのトラックバック一覧です: マカオに来てみたものの…:

« 香港島右往左往 | トップページ | 賽の踊りを体験してみた »