« インド洋の波 | トップページ | カニャークマリのキリスト教会 »

2016年1月20日 (水)

廟街の大型屋台

深夜特急の足跡を追うVol.21

沢木さんは熱に浮かされたように中環のミッドレベルを歩き回ったあと、金宮招待所にいったん戻ってからネイザンロード(彌敦道)を北上し、ジョーダンロード(佐敦道)を左折し港まで出たようです。

現在のジョーダンロードが海にぶつかるのは、エアポートエクスプレスの九龍駅よりも先ですから、かなりの距離を歩いたと思われそうですが、このあたりの地形は埋め立て地だと推測します。現在の油麻地に埠頭はなく、海岸線もだいぶ手前にあったと思われます。

そこから帰りは油麻地あたりに出て、廟街にぶつかることになります。

Hs0217

<廟街の鳥居風の門>K-7/FA77mm

当時まともなガイドブックはなく、廟街という存在もまったく知られていなかったはずです。もちろん「地球の歩き方」が創刊されたのはずっと後です。とはいえ、「深夜特急」が新聞連載されたのが旅から戻って10年くらい経ってからですから、ほぼ同時期に廟街を日本に紹介することになったようです。

Hs0191

<居眠りする古書店の主人>K-7/DA21mm

廟街は露店が建ち並ぶところですが、夕方からテントが歩道を占め、どうにか人の行き来ができる道がテントの間にできあがります。

それらのテントはほとんどが衣料品や雑貨です。沢木さんははじめにここに遭遇して、ぶっ飛んだようです。

Hs0194

<ヒスイ屋台>K-7/DA21mm

また、占いだけをやるブースもありました。ワタクシが訪れたときにはあいにくと小雨で、「香港的美空雲雀」などの芸人は出ていませんでした。

そんな合間に食べ物の屋台や食堂もあります。成り立ちがテントでありながら、水道設備と調理場を持つけっこう大きな常設の屋台を大牌檔(機種依存文字です。「木」へんに「當」)と呼びます。一応、香港の行政に許可を受けて営業するもので、メニューだけは一般の酒楼(レストラン)と変わらないものを頼むことができます。

沢木さんはその大牌檔でチャーシュー飯を食べたようです。ではワタクシも頂いてみましょう。2度目だけど。

Hs0199

<定番の生力>GR DIGITAL

入ったのは「得記海鮮大牌檔」というところで、これまた2度目。隣にも同じような大牌檔があるのですが、出される料理や衛生状態、混み具合などから自主的に判断してこちらにしました。

メニューも壁に書いてあったりしますが、写真付きのものがあり、これならば指さしで大丈夫です。まずは定番のサンミゲル(生力)です。600mlくらいの中瓶なんですが、ボトル部分がずんぐりしていて、日本のメーカーの中瓶とは形状が違いますね。

それにしても、なぜ、フィリピンのビールが香港ではメジャーなんでしょうね。誰か知っていたら教えてください。また、近年の大陸中国人の進出のためか、青島もありました。

Hs0202

<白灼蝦>GR DIGITAL

まずはエビのシンプルな塩ゆでです。殻をはずし醤油につけて食べるだけです。20~30尾はありました。ここに来たというのは、記事を書くためというのもありますが、やはりひとりだとまともなレストランには入ることができないからです。

中華料理はスケールメリットのある料理で、人数が増えるほどたくさんの種類のものをほどよく食べることができます。ひとりや二人だと、金はかかるは、食べ残すはでメリットがないのです。でも、ここならば、低料金でほどよい量が食べられます。(もっとも、近年のレストランでは二人用の「二人世界」なんてセットもありますが。)

エビですが、料金もあって、大酒楼のエビよりも落ちますかね。どんどん殻がたまってくるんです。でも、殻用の皿はありませんし、食べ終わったときのお茶を入れたフィンガーボウルも用意されません。せいぜいテーブルの上にあるトイレットペーパーで手をぬぐう程度です。

Hs0205

<チキンポット>GR DIGITAL

ポットには煲仔という文字を当てます(機種依存文字です。「保」が上で「火」が下)。近くには煲仔飯という、土鍋の炊き込みご飯の店がありますが、こちらは鉄の鍋でした。

ほどよくレバーも入りますが、肉の部分はほとんど骨付きでした。その他ネギと白菜が入ります。食べにくいんですよ。手もべとべとになるし。豚肉や牛肉のポットもあるので、そちらならば小骨もないでしょう。

「ご飯はいらないの?」ときかれましたが、もうこれで腹一杯です。料金180HKD。安いですね。

ちなみに前回のメニューはこれ

|

« インド洋の波 | トップページ | カニャークマリのキリスト教会 »

921t HK-Macau-Shen Zhen」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Midnight Express」カテゴリの記事

コメント

香港にはフィリピン系のメイドさんなどフィリピンからの出稼ぎの人が多いのでサンミゲルが香港にあるのかもしれませんね(^-^;。

投稿: おりんぴあ | 2016年1月21日 (木) 01時21分

soccer
おりんぴあさん、こんにちは。
今や、フィリピン人はメイドだけじゃないようで、休日の中環にはとんでもない数のフィリピン人が集まりますね。
ビールとはあまり関係ないと思いますが。
インドネシア人も結構いるんですよ。
ビンタンもあってもいいかも。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年1月21日 (木) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/63096040

この記事へのトラックバック一覧です: 廟街の大型屋台:

« インド洋の波 | トップページ | カニャークマリのキリスト教会 »