« 北の角から | トップページ | 香港・マカオちょっとだけシンセン旅の概要 »

2016年1月 3日 (日)

経済特区に行ってきました

香港・マカオ最後の現地レポです。

予告通り、深圳に行ってきました。北角から紅磡(機種依存文字です。ホンハム)まで、フェリーが出ているんですが、ことのほか早く対岸に着いたものの、紅磡の駅までが時間がかかりました。

で、深圳の中国側イミグレーションを抜けたのが正午頃でした。

Hs1268

<羅湖>K-7/DA21mm

ここから地下鉄で老街というところに向かいます。地下鉄は自動券売機がありますが、大きな札は受け付けません。窓口で100元札を崩すと、さすが中国本土で、崩したお金を放り投げられました。

で、チケットを購入しますが、偽札が多いからか、現地中国人でさえ、札を投入してもはねられることが多いんです。わたしゃ、1発で成功しましたが、5元札を入れ、2元のトークンが戻ります。お釣りは3元のはずですが、そこには1元のコインが5枚あったと。

前の人物も時間がかかりましたが、しびれを切らせて釣り銭を取り忘れたのかも。

で、老街なんですが、明の時代からの古い町とありましたが、古い建物も、マクドナルドやKFCが入る始末です。おまけにユニクロまでありました。

で、美食街に入るとなぜか台湾料理の屋台風店頭販売みたいな感じで、ここで2品ほど食べ、あとはケーキとコーヒーでお茶を濁し、戻ってきました。フェリーで戻るのも疲れるので、そのまま尖沙咀近くまで出て、スターフェリーとトラムで帰り、一人でも入れる飲茶で夕食としました。

以上。

明日は帰りますが、帰国報告は後日とさせていただきます。これでも翌日から仕事なもので。コメントはするかもしれません。

ではまた、この続きは日本でやろうぜ!

|

« 北の角から | トップページ | 香港・マカオちょっとだけシンセン旅の概要 »

News」カテゴリの記事

コメント

台湾の新幹線の自販機は、最初は入れたお金よりもお釣りの方が多かったらしい。

太っ腹(笑)。

投稿: 伊 謄 | 2016年1月 4日 (月) 02時03分

自分の最初の海外旅行は1992年に行った香港でした。そのときに深せんにも行きました。経済特区になったのは1980年ですから、12年後。それから23年なんですね。7年前にも行ったのですが、すごい変わりようでびっくりしました。ユーラシア紀行の「92香港」の4日目が深せんです。ついでに3日目は北角に行っていますが、こちらもすごい変化です。

投稿: とんび | 2016年1月 4日 (月) 02時53分

ヒョウちゃんおかえりなさい!
今日からお仕事頑張って
じゃなくて
ボチボこなしてください
続きと
今日のインド人も
楽しみにしてまーす

投稿: trintrin | 2016年1月 4日 (月) 05時35分

train
伊 謄さん、こんにちは&あけましておめでとうございます。
地下鉄の自販機は1元札と5元札のみ受け付けました。
経済発展していると行っても、まだまだ物価は安いですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年1月 4日 (月) 23時14分

chick
とんびさん、こんにちは。
香港人が買い出しに行くようなところですね。
ワタクシ的にも8年ぶりくらいの中国でしたが、ほとんど変わっていませんでした。
痰を吐く音も聞こえたし。
でもインフラは確実に発展してますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年1月 4日 (月) 23時17分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
コメントの時点ではまだ、香港でした。
仕事は明日からで、ぼちぼちやります。
インドと平行してやっていくつもりですが、インドもいつ終わるのやらで、悩むところです。
「今日のインド人」を楽しみにして頂けて、励みになります。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年1月 4日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/62997547

この記事へのトラックバック一覧です: 経済特区に行ってきました:

« 北の角から | トップページ | 香港・マカオちょっとだけシンセン旅の概要 »