« やっぱりマカオ・ポルトガル料理でしょ | トップページ | 昼食はインディアン・コーヒーハウス »

2016年2月27日 (土)

スリーパーでトリバンドラムへ

Ck1907

<カーニャクマリ駅>K-7/16-50mm

インド最南端カーニャクマリ駅です。オートリキシャで宿から50ルピー。これからトリバンドラムへ列車で向かいます。もうバスは飽きました。

Ck2317

<チケット>GR DIGITAL

二等寝台(*1)の席、75ルピーです。二等座席はさらに安いです。予約不要というか、前日に購入しようとしたら、「当日買ってください」とのことでした。かなり空いていると思われます。

Ck2320

<プラットフォーム>K-7/DA16-50mm

終着の行き止まりの駅ですが、プラットフォームは4つあります。でも、人が流れていくのはここだけだったので、間違いありません。

Ck2325

<バンガロール・エクスプレス>K-7/DA16-50mm

乗り込む前に、乗客のお兄さんにこれでいいのか確かめました。あとで調べたら、バンガロール行きで、かなりの長大な編成です。ほぼ二等寝台のみで、少しだけAC付きの寝台席があるようでした。

Ck2322

<車内>K-7/DA16-50mm

もうボロボロな車両です。ノンエアコンの3段寝台車です。

Ck2329

<座席独占>K-7/DA16-50mm

寝台として使用しないときには、6名まで座れます。通路を挟み、二人用の座席があり、そちらを寝台として使用するときは、上下に分かれて進行方向にひとりずつ寝ることになります。

さすがに誰も来ないと広いです。でも、エアコンがないので暑いです。

Ck2340

<西ガッツ山脈>K-7/DA16-50mm

おお動いた。ほぼ時間通りです。特徴的な山は西ガッツ山脈で、世界遺産ですね。この山がモンスーンを遮り、タミルナドゥ州ではこの時期に雨があまり降らないのです。そのかわり、これから訪れるケララ州は毎日のようにスコールがあるはず。

Ck2350

<チャイ>GR DIGITAL

物売りも行き交います。チャイを買ってみました。1杯10ルピー。ごく普通の味ですね。素焼きのカップではなく、紙コップなのが味気ないです。

Ck2369

<黒いリキシャ>K-7/DA16-50mm

トリバンドラムにはほぼ定刻着です。10:30出発で12:40到着。バスより速いです。なんとエスカレーターがありました。ケララ州の州都です。州が変わるとリキシャの色も変わりますね。ここにはプリペイドリキシャがありましたが、待ちかまえていたリキシャワーラーに騙されてしまいました。

<註釈>

  1. インドの鉄道は座席によってクラス分けされています。SS(Second Sitting)、SL(Sleeper )あたりが予約不要で、エアコンなしのFC(First Class)あたりは快適でしょうか。でも、予約が取れないかもしれません。エアコンありは、CC(AC Chair Car)、3A(AC 3 Tier、3段寝台)、2A(2段寝台)、1A(ファーストクラス、個室)と値段が上がっていきますね。

今日のインド人

Ck2174

<海を見つめる>K-7/DA50-200mm

カニャークマリでフォトジェニックを探し、ようやく撮れたのがこの写真です。美人を撮るのはけっこう難しいです。

|

« やっぱりマカオ・ポルトガル料理でしょ | トップページ | 昼食はインディアン・コーヒーハウス »

920t South India」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

へえ、インドの列車でガラガラというのも拍子抜けですね
このままバンガロールへ行きたい感じですね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2016年2月27日 (土) 20時38分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
いつもこれくらいだったら、移動も楽ですね。
でも、ここだけみたいなんです。
調べてみたら、トリバンドラムまで2本しかありません。
ちょっと先のナーガルコイルからはたくさんでているようです。
次の移動も列車です。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年2月27日 (土) 23時53分

遂に列車の旅だと思ったら、カーニャクマリからトリバンドラムってこんなに近かったのでしたっけ?(笑)

チャイの素焼きのカップ、私ももう何年も見ていません。
北インドではどうだか分からないですが・・・
私は紙コップよりはガラスのグラスの方がまだ雰囲気があると思うのですが、ちゃんと洗っているか分からないものより紙コップの方が清潔とインド人は思うようです。

投稿: pudina | 2016年2月28日 (日) 12時03分

カーニャクマリをカーニャマクリだと思ってた!
8月16日だったのですね~
インドも暑いが東京もいい勝負の暑さだったはず

投稿: | 2016年2月28日 (日) 12時23分

banana
pudinaさん、お久しぶりです。
鉄道で2時間、バスで3時間くらいですね。
カニャークマリにはトリバンドラムから多くの観光客がやってきていました。
写真を撮ってくれといった3人組もトリバンドラムからでした。
素焼きカップは、前回2011年のコルカタ-ガヤの間でありました。
インド人の不浄感はそこまでいってますね。
紙コップでOKなんですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年2月28日 (日) 19時57分

boutique
おそらく、trintrinさん、こんにちは。
ワタクシも、かつてはカニャーマクリといっていたような。
バスの呼び込みはかなり早口で、そういう風に聞こえることもあります。
カニャークマリは海風が吹くので、結構過ごしやすいんです。
8月の東京の路上の方が間違いなく暑いですよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年2月28日 (日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/63270411

この記事へのトラックバック一覧です: スリーパーでトリバンドラムへ:

« やっぱりマカオ・ポルトガル料理でしょ | トップページ | 昼食はインディアン・コーヒーハウス »