« 謎の祭 | トップページ | アレッピーのカレー蟹 »

2016年3月28日 (月)

バックウォーター船の旅

Ck2579

<ジェッティ>K-7/DA16-50mm

1週間のご無沙汰でございました。

年度末ということで多忙を極めておりました。すぐ年度初めということで、やはり多忙となりそうなんですが、ひとまず落ち着いたので、南インド終盤の旅レポを再開します。

アレッピーの2日目。シー・クッタナードを利用し、運河と湖を巡るツアーです。ツアーと銘打っていますが、利用するのは公営ボートで、一般の乗客もいます。ツアー利用者は終点まで行っての往復で、料金は船の係に終点でもう一度払います。40ルピーを2回で、80ルピーです。なぜ最初から80ルピーではないのかはよくわかりません。

しかしボートは30分近く遅れてやって来ました。

出発間際の様子を動画で撮りました。まあ、のどかなもんです。

Ck2663

<運河から湖へ>K-7/DA16-50mm

アレッピーの運河から湖へ。水は比較的綺麗に思えます。

Ck2665

<小さなハウスボート>K-7/DA16-50mm

こういう船は個人で交渉して乗り込むもののようです。アレッピーには比較的小さな宿が点在していて、宿が所有するボートもあるようです。これはその手のボートみたいです。でも、傾いていますね。

シー・クッタナード利用者はワタクシの他にインド人観光客3名だけでした。利用者は眺めのいい、2階のデッキに上がるので、高めの視線から気持ちのいい展望を楽しめます。ガイドの説明などありませんが、ゆったりした気分と心地よい風が手に入りますよ。

Ck2675

<大型ハウスボート>K-7/DA16-50mm

こちらは大型のハウスボートです。エアコン付きの客室があり、宿泊も可能。調理人も乗るので、食事も船の上でできるそうです。

なんでも、この水郷地帯を利用して、香辛料を運んだ船を模したものとも、改造したものともいわれています。収穫量の多い、ケララ米を運んだともいわれています。

Ck2690

<手漕ぎボート>K-7/DA16-50mm

水郷地帯に住む人にはなくてはならない手段でしょう。カヌーのように前を向いて漕ぐようです。

Ck2729

<ザル?>K-7/DA50-200mm

網がのっています。一寸法師じゃあるまいに。くるくる回ってしまって、安定感に欠ける乗り物です。

Ck2681

<食器洗い>K-7/DA50-200mm

人々が生活する日常のシーンも手に取るように観察できます。たいていの民家には小さなガートのようなものがあって、ここで炊事も洗濯もします。

Ck2698

<洗濯>K-7/DA50-200mm

このおじさんは奥さんに頭が上がらないのでしょうか。水の流れはあまりありませんが、ヴァラナシーのガンガーのような水ではありませんので、問題ないですね。バンコクの運河よりも何十倍も綺麗ですよ。

Ck2742

<沐浴>K-7/DA50-200mm

もちろんシャワーなんてないんでしょう。水道もないのでは。ということは、トイレもここでするのかな。

往復2時間ちょっとでしたが、けっこう楽しめました。ハウスボートに是非乗ってみたいという人以外は絶対のお勧めです。

今日のインド人

Ck2657

<公営ボートの係>K-7/DA16-50mm

けっこう大きい船なんですけどね。エンジンは非力ですね。押さないと、狭い運河で方向転換できません。

|

« 謎の祭 | トップページ | アレッピーのカレー蟹 »

920t South India」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

快適そうですね(^^ゞ
しかも、往復80ルピーとはめっちゃ安いですね
早く行きたくなってきました

投稿: kimcafe | 2016年3月29日 (火) 01時03分

ザルのお二人、
ズームの写真があるならば
今日のインド人に出してほしいです
きっと必死でカキカキしてるはず

投稿: trintrin | 2016年3月29日 (火) 07時34分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
公共料金はホントに安いですね。
食費や宿泊費もこうあって欲しいですが。
ワタクシもあまりもの研修漬けに、またインドに行きたくなっちゃいました(遠い目)。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年3月29日 (火) 23時08分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
えー、これでもズームで撮った写真でこれが精一杯です。
一応もう1枚あるので、リクエストにおこたえして、次回出しましょう。
ベトナムでもこんな船がありましたよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年3月29日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/63409317

この記事へのトラックバック一覧です: バックウォーター船の旅:

« 謎の祭 | トップページ | アレッピーのカレー蟹 »