« ポルトガル料理の隠れ名店 | トップページ | 3軒目のポルトガルレストラン »

2016年6月 6日 (月)

麺といったら黄枝記

Hs0582

<セナド広場支店>K-7/DA21mm

朝は軽いものが食べたいです。それはやはり麺でしょうか。でも、普通の雲呑麺では当たり前すぎて、ちょっとひねってみます。

宿から軽い散歩感覚で、セナド広場までやって来ました。この店は8:00からやっているとのことでしたが、まだ開いてなくて、また散歩します。実は前日の昼食の候補だったんですが、大陸中国人が押し寄せていて、ひとつも空席がありませんでした。

戻ると開いていました。この時間帯なら大丈夫ですね。

Hs0579

<メニュー>GR DIGITAL

黄枝記は香港にも店がありますが、発祥はマカオです。香港の麺はマカオからはるばる運んでくるそうです。でも、この店は有名ですが、支店なんです。

本店は十月初五街にあるとのこと。そっちの方が近いので、はじめからそっちに行けばよかったです。

Hs0577

<招牌蝦子撈麺>GR DIGITAL

頼んだのはこれです。撈麺というのは、いわゆるスープが別になった麺です。タイだったら「ヘーン」にあたるものです。

Hs0578

<エビの卵かけ>GR DIGITAL

エビの卵を和えたものです。具は青ネギのみ。麺はこの地独特の細くて弾力のあるやつです。箸でたぐり寄せるのですが、麺が絡んじゃってちょっと食べにくいですね。味はいいです。

麺は竹で打つそうで、これをはるばる香港まで運ぶというこだわり。

美味いんですが、いかんせん麺なのに、68パタカもするんです。1パタカ約15円です。その点だけが残念です。他の麺はもうちょっと安いんですが。

Hs0576

<店内>GR DIGITAL

通されたのは、地上階でした。傍らでは店員が賄いメシを食べています。そして自分の向かいにはおじさんが座りました。雲呑麺と何か単品をかき込んでいます。

やっぱり場所がいいですからね。どうしても大陸中国人のターゲットになりますわ。

黄枝記
新馬路議事亭前地17號

TripAdvisor

前回の雲呑麺

この麺が高額としても、前回訪れたときとは遙かに物価が上昇してますね。

|

« ポルトガル料理の隠れ名店 | トップページ | 3軒目のポルトガルレストラン »

921t HK-Macau-Shen Zhen」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

このお店で食べたことがありますよ。食べたのはスープのある麺でした。細い麺は印象的ですね。こちらのスープ別の麺も美味しそうですね。

投稿: とんび | 2016年6月 7日 (火) 07時18分

おはようございます
えびの卵がのってるからお高いのかしらん
魚卵イケるなんてヒョウちゃんとっても健康です!
痛風恐し!

投稿: trintrin | 2016年6月 7日 (火) 09時11分

chick
とんびさん、こんにちは。
アップしたあとで気づきましたが、HPなどではエビの卵の他に、ワンタンも付くという豪華版でしたが、省略されたのかもしれません。
撈麺はタイでのスープ別になれていたら、いけますよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年6月 7日 (火) 21時04分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
海外で魚卵は滅多にないですね。
キャビアとかからすみくらいなので、手が出ませんです。
まあ、これくらいはいいでしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年6月 7日 (火) 21時05分

私、前歯の噛み合わせが悪いので、こういう麺だと噛みきれなくて・・・(^^ゞ
弾力の麺と粉粉の魚卵て不思議な食べ物ですよね

投稿: kimcafe | 2016年6月 7日 (火) 22時36分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
いやー、ワタクシも前歯がオリジナルではないですから、結構キツイです。
でも、食感は好きですね。
こういう店が近くにもあるといいのに。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年6月 7日 (火) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/63741641

この記事へのトラックバック一覧です: 麺といったら黄枝記:

« ポルトガル料理の隠れ名店 | トップページ | 3軒目のポルトガルレストラン »