« カンボジアの話をしよう | トップページ | 豊かな食文化のベトナム »

2016年7月24日 (日)

ベトナムの麺

カンボジアを通過し、ベトナムまで行きます。長らく楽しみにしていましたが、行く機会がなかったのです。

Hs1049

<フォーボー>GR DIGITAL

ベトナムというとベトナム料理。その美味しさはかなり前から話題を呼んでいました。初めて食べたベトナム料理がフォーだったと思います。もちろん日本で。同時にベトナムコーヒーも頼んだ記憶が。

そのときはまったく美味しさを感じませんでしたね。現地で捕れたハーブ類や生野菜、唐辛子を浸けた酢、ライムを搾り入れて初めてあの味が出るということを、ベトナムを訪問してわかった次第です。

ただし、東南アジアにある麺料理の中でもかなりのボリュームがあることだけはわかりました。

Mk2114

<ブンチャー>GR DIGITAL

ベトナム訪問以前ビエンチャンでベトナム料理を食べました。「ゴハン(ライス)ものはないの?」ときくと、ブンチャーを出されました。当時まったく謎でしたが、ブンと呼ぶ細麺もフォーも米から作る麺だったのです。

焼き肉と生野菜と細麺。通常通りに行くと、麺を付け汁で食べ、肉と野菜は別に食べることになるでしょう。ですが、これは、肉を付け汁に入れ、そこに麺と野菜を入れて同時に味わうということが判明しました。

なもんで、ブンチャーも記憶がぼんやりした味なのですが、本場では豚肉と肉団子を炭火で網焼きしてあり、とても美味しそうです。

また、肉を揚げ豆腐に変えたブンダウマムトムというものもあるそうで。なかなか、食欲を刺激されますね。

Md0801

<ブンボーフエ>GR DIGITAL

今回は行きませんが、フエには特徴ある料理があります。ブンボーフエはレア牛肉と辛めのスープが刺激的です。ブンボーフエのチェーン店もあります。

フォーなら牛肉のフォーボー。鶏肉のフォーガー。メコンデルタ地方の乾麺(米麺)フーティウ。ブンチャーやブンダウマムトム。バリエーション豊かですね。

さらには、乾麺を作るときにサトウキビの汁で色づけしたハイフォンの麺、バインダークアというものもあります。

フォーの変わり種として、フォーを揚げてあんかけ野菜と牛肉をかけたもの。フォーボーコーというビーフシチューにフォーが入ったものとかもあります。その他にもいろいろな特徴ある麺が待っています。

麺好きにはたまらないですね。どれも安いんで楽しみです。

|

« カンボジアの話をしよう | トップページ | 豊かな食文化のベトナム »

02h Vietnam」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

新宿でベトナム料理食べましたね。何年のことだったか忘れましたが、時期は今の時期でした。ただ、あのときは、料理はイマイチだったように思います。

ベトナム料理、あっさり系が多くて食べやすいですね。ベトナム、料理が楽しみのことだと思います。フォーや生春巻きなど有名なものはもちろんですが、全体として、こってり系や激辛系はすくなく、マイルドで自分にはよくあっています。

投稿: とんび | 2016年7月25日 (月) 19時49分

ブンチャー旨いですよね
ハノイの店、なんだっけ?(^^ゞ
また行きたいです

投稿: kimcafe | 2016年7月25日 (月) 20時54分

chick
とんびさん、こんにちは。
あのときもフォーでしたね。
初めて食べたのは、それ以前ですが。
ベトナム料理、和食に近いものがあるかもしれませんね。
特に、北の料理は中国の影響を受けていますね。
逆に南部はかなりフランスの影響を受けているようですよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年7月25日 (月) 21時55分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
ご無事に戻られたようで、何よりです。
ハノイの店は「ダッキム」でございます。
狙った訳じゃありませんが、ここに近いところに宿を取りました。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年7月25日 (月) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/63960141

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムの麺:

« カンボジアの話をしよう | トップページ | 豊かな食文化のベトナム »