« ホテルはスクムウィットSoi8なのだ | トップページ | パタヤにはこうやって行く »

2016年8月28日 (日)

やっぱタイ料理はアローイ

バンコクの到着した日はラーメンで済ませてしまいました。朝食も付くのでこの時点ではまだタイ料理を味わっていません。次の日の昼食、レンズ不具合により宿で調べものをするためにすぐさま食べられる牛丼にしました。

ようやく食べたのが2日目の夕食でした。

Cv0109

<ビアシン>GR DIGITAL

気分は落ち込み、せめて夕食くらいは豪勢にやろうと、Soi11の行きつけの日本料理屋に行きますが、なんと、ビル工事の関係で店じたいがなくなっていました。

Soi8あたりに戻ります。スクムウィット通りに面したカフェのような店がありました。ガバオのようなものが、このあたりでは格安の99バーツとあります。

店はカフェでもなんでもなく、Raja Hotelというところの朝食用レストランでした。ホテルの入り口はSoi8側にあり、フロントもそちら側です。

ビアシンとガバオを頼みます。「ハッピーアワーでもう1本サービスですよ」とのこと。ちょっとラッキーです。

Cv0107

<ガバオ>GR DIGITAL

赤ピーマンと青ピーマン。タマネギにポークですね。あまり期待してなかったんですが、やっぱり美味いです。たったこれだけなんですけどね。

店の名前はCafe on 8というわかりやすいものでした。ホテルなので諸費用が付いて214バーツです。

翌日はパタヤに向かいます。9時くらいに出たのに、ホテルに到着したのは1時を過ぎていました。まずは昼食です。でも、土地勘がまったくありません。まあ、何とかなるでしょう。

Cv0154

<ビアリオ>GR DIGITAL

セカンドロードを突っ切りソンジャビーチ前の小さな店です。リオを頼みますが、グラスは付きません。ファランはラッパ飲みがお好きなようで。そのかわり、保冷用のケース付きです。画像は出した状態です。

パタヤ、暑いです。リオでも十分気分がいいです。

Cv0156

<またもガバオ>GR DIGITAL

店内は涼しげでしたが、テラス席で頂きます。でも、このソイ、大型バスの抜け道になっているようでゆっくりですが、通りすぎていくんです。

イカとエビのバジル炒めです。これも美味いです。こうしてだんだんとタイに馴染んでいくんでしょうね。

Sonja Beach Cafeというところで、リオが60バーツ、ガバオが120バーツの180バーツでした。

Cv0335

<店の外観>K-7/DA50-200mm

こういうところでもWiFiがあります。WiFiが登場し、スマホが登場し、今や完全にWiFiなしに旅が考えられませんね。

Cv0328

<カフェ・イェーン>GR DIGITAL

続くパタヤ2日目の昼食。ビーチから戻り、ホテルすぐそばの比較的大型のレストランです。ビールは飲んじゃったからカフェ・イェーンで済ませます。

パタヤ暑かったです。水分補給は積極的にやらないと。

Cv0330

<イカ入りカオパット>GR DIGITAL

入ったときには客がいなかったのですが、傍若無人そうな中国人の家族がやって来ます。ビールを勝手に出しています。でも、痰・唾を吐き出すような大陸丸出しの者はいません。個人旅行者の中国人はあまり見かけませんでしたが、タイもカンボジアもベトナムも中国人が席巻してますね。

凝ったメニューはなくて、定番のカオパットです。いや~これも美味しいよ。

カフェが50バーツ、カオパット60バーツの110バーツでした。パタヤなので、この値段でしょうか。地方都市だと、もう少し安く、100バーツ以内に収まるでしょう。

こうして徐々にタイの味に馴染んでいくのですが、魔都バンコクでさる日本料理を食べてしまいましたが。まあ、いいでしょう。

今日のコンタイ

Cv0166

<海の中で体操>K-7/DA50-200mm

パタヤビーチにて。

望遠側のズームしか使えないので、ビーチや歩道から何か面白そうなものを探して、撮ることになります。

よく覚えていませんが、この人何をしようとしていたんでしょうね。

水着でないところがタイ人っぽいです。ちなみに、ビーチではほとんど泳ぐ人はいません。もちろん、水着の人はほぼファランに限られ、ビキニなんぞ着ている人は数名くらいしかいないと思われます。

島やプーケットあたりに行くとファランの天下なんですが。パタヤは他のビーチと風景が違いますね。

|

« ホテルはスクムウィットSoi8なのだ | トップページ | パタヤにはこうやって行く »

922t Indochina」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

タイ飯、おいしいですね。とくにガバオはいいですね。アローイ、おいしいっていう意味でしょうね。コンタイも知りませんが、タイ人ってことでしょうね。なんとなくわかりますよ。長旅だと、いろいろな店に入れてうらやましいですよ。

投稿: とんび | 2016年8月29日 (月) 21時12分

chick
とんびさん、こんにちは。
タイ料理、好きではあるんですが。
スクムウィット界隈にいると、中級~高級タイ料理店はあるんですが、普通の食堂があまりないので、お手軽な日本料理に走ることもしばしばです。
サパーン・クワイあたりだと、食堂がたくさんあるらしいので、自分の「バンコク食堂」を見つけようかな。
コン○○で「○○人」ですね。
コンタイ、コンイープン。
短期旅行でもいろいろな店に入るようにしています。
でも、美味しい店があったら、通いますね。
今はそれを発掘中です。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月29日 (月) 21時59分

スクムビットの安いタイ飯ですか?
ソイの偶数、6から16くらいまでは難しいです。
もちろん、究極はホテルに出前でしょう。

奇数ソイだと11近辺だけは厳しいですね。
屋台も少ないのでサブウェイとかインド屋になります。
でもアソークから、東の大きいソイならお任せ下さい。

さて、写真はエビが中心に入っているので
カオパットタレーです?
自分はこれとガパオ肉の同時注文が好きです。

投稿: TAKA | 2016年8月29日 (月) 23時44分

cancer
TAKAさん、こんにちは。
4年くらい前はフジスーパーの近くにローカル食堂あったんですけどね。
あと、マンハッタンのすぐそばに2軒くらいあったかな。
ここも、新しい建物ができたからなくなったかもしれません。
あとは川沿いか運河沿いですかね。
そこまで行くと、激しく歩くか乗り物に乗るので、除外ですか。
トンローのソイ38に屋台が出るとのことで、行ってみましたが、夜だけだったみたいで、戦利品なしでむなしく帰りました。
カオパット、説明文はイカだけでしたが、「タレー」になりますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年8月30日 (火) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64124282

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱタイ料理はアローイ:

« ホテルはスクムウィットSoi8なのだ | トップページ | パタヤにはこうやって行く »