« ママーを屋台で | トップページ | タイのキャラクター »

2016年9月11日 (日)

ワット・パクナムに行ってきた

毎年、タイフェスティバルにはタイの寺院のブースが出ます。そのひとつである、ワット・パクナムですが、成田に日本別院があり、1年半ほど前にヤムの会で訪れました。

その後、購入してあった「地球の歩き方・バンコク」にタイのワット・パクナムが掲載されていたことが判明し、行ってみることにしました。ちなみに「地球の歩き方・タイ」には載っていません。

Cv0430

<白い仏塔>K-7/DA50-200mm

最寄り駅はBTSのウッタカートのようです。わたしゃ歩き方のバンコクは持参してなかったので、だいたいの見当をつけて、ウッタカートのひとつ手前、タラート・プールーで降りました。こういうとき、サナームキーラーヘンチャートに宿を取っていると便利です。

白い仏塔はBTSのホームからよく見えます。でも地上に降りるとわからなくなります。

タクシーかモタサイを探します。トンブリーの外れなのでタクシーは待機していませんでしたが、モタサイがいました。「ワット・パクナム」と告げるとすぐに理解してくれて、10分もかからないくらいで到着です。40バーツでした。

Cv0432

<日本語の表示>K-7/50-200mm

ここはタイの第三級寺院です。けっこう有名みたいで、次々にクルマやタクシーがやって来ました。素性はよくわかりませんが、学生が見学しています。お寺ということも関係しているのか、いつもはパッツンパッツンのミニスカート女子大生もパンツルックです。

Cv0458

<有名な坊さん>K-7/DA50-200mm

プラ・モンコン・テムニー師だそうで、タイ人なら誰もが知っているとのことです。すでに故人だそうですが。

このまわりが瞑想する人でいっぱいです。本堂の上の空間にありました。

Cv0445

<あのtrueも>K-7/DA50-200mm

かなり敷地の広い寺院です。まるでビルディングのような僧坊もあって、どのくらいの僧侶がいるのかわかりません。ひとつひとつの建物がかなり大きいです。

この団扇らしきものはおそらく寄付をすることで飾ってもらえるのではと推察します。あの、タイの通信事業会社で、ワタクシも今回SIMを購入したtrueのものもありました。

Cv0436

<食堂>K-7/DA50-200mm

すでに朝食時間は過ぎているので、昼食の支度でしょうか。もちろん、寄付か托鉢によって集められた食べ物でしょう。

Cv0481

<寺院所有のメルセデス>K-7/DA50-200mm

仏塔に入ります。内部は寺院が所有する様々なものを展示していました。こういったクルマも数台ありました。

果たして、現在の高僧はどんなクルマに乗っていることでしょうか。ロールスロイスやマセラッティあたりでしょうかね。でも、右ハンドルであることが条件のような気がします。マセラッティはありませんね。

Cv0488

<日本語>K-7/DA50-200mm

こうしたものもあります。日本人がどのくらいやって来るのかわかりませんが、英文のパンフレットはあったものの、日本語のものはありませんでした。

Cv0495

<エメラルド仏塔>GR DIGITAL

白い仏塔の最上部です。実はエレベーターがあるのですが、誰も使ってませんでした。おそらく老人や障害者向けのものでしょう。

なかなかの不思議空間で、仏塔の中に仏塔がある構造です。さらにこの上に続く階段もありますが、一般に公開されているところはここまでです。

帰りはバスかなと思いましたが、バス停を見つけられず、モタサイも待機していないので、参拝客が乗ってくるタクシーを拾いました。駅まで41バーツとモタサイとほとんど変わりませんでした。

成田の別院で我々を歓迎してくれた僧侶にでも出会えたらとか思いましたが、これだけでかいと無理ですね。

今日のコンタイ

Cv0316

<パタヤのコンスワイ>K-7/DA50-200mm

コンタイらしく、日陰にいます。タイ人は徹底的に日焼けを嫌いますね。

でも、この人たちビーチではなく歩道にいるんですよ。敷物はありますが。常に望遠レンズをつけていると、たまにはこんな写真も撮れますね。

|

« ママーを屋台で | トップページ | タイのキャラクター »

922t Indochina」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Temple/Church」カテゴリの記事

コメント

ワット・パクナムは昨年行きました。大きな寺ですね。最上階の空間は驚きものです。そこでしばらく休みました。
トラックバックかわりに記事をあげておきます。
http://tombi00.sblo.jp/archives/20160706-1.html

投稿: とんび | 2016年9月11日 (日) 03時41分

chick
とんびさん、こんにちは。
実は成田の別院も相当な面積を誇っているのですが、未完成状態ですね。
仏塔から隣の寺院が見えたので、このあと訪れてみました。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年9月11日 (日) 12時48分

ワット・パクナム・・・
行かねばと思いつつ、なかなか行けないです(^^ゞ
塔の中のエメラルド仏塔というのが珍しいですね
しかし・・・
>ミニスカート女子大生もパンツルック
は、まずいでしょう(^^ゞ
この辺にも水上バスがあるとか、一時的だとか・・・読んだ気がします

投稿: kimcafe | 2016年9月11日 (日) 15時30分

こういう寺院が英・日だけウエルカムで、
特にお賽銭なんてあると単純な自分はうれしいです。
スクムビットの古いホテルの館内とか、
マッサージ屋でも「フットマッサージ250バーツ」
などの日本語張り紙は普通ですよね。
さて、そもそも画像の解析でなく、
公共交通機関で見たダボダボスボンについて
発言してしまいます・・・
これはJDではなくて、
JCくらいの年代の道徳教育や宗教行事
(まさか修学旅行)、的なものと思いますけど。
誤解ですかね?

投稿: TAKA | 2016年9月11日 (日) 21時23分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
4番のバスでクロントゥーイからも行けるようですよ。
不思議なことにプラクルアンなどを売る門前町というものがないんですが。
どこから出ているのかわからないのですが、船着き場があって、ボートも運航していました。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年9月12日 (月) 01時08分

cancer
TAKAさん、こんにちは。
一説によると王室と関係のある寺院だそうです。
張り紙は日本でいうと、ハングルや簡体字の案内みたいなものでしょうか。
中学生の見学ですか。
もうちょっと大人びていたように思うんですが。
水上マーケットで小学生の見学に出会ったことはあります。
サワディカップなんて挨拶されましたけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年9月12日 (月) 01時13分

成田思い出しました
あの広い敷地は豊かな経済力を物語ってます
ベンツの2台や3台どうってことない!
みたいなお寺でしたもん
また楽しく飲みましょうね~
ヒョウちゃんのシャツの色すっごく好みでした
紫=高貴なんですよー

投稿: trintrin | 2016年9月12日 (月) 08時16分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
何たって、クルマのナンバー9999ですからね。
最強です。
ああ、またビンミンには行きたいですね。
焼き鳥また食べたいです。
ま、次は早いけど忘年会ですかね。
あの高貴なシャツ、昨年インドで4日に1回は着ていたものです。
ユニクロですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年9月12日 (月) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64186653

この記事へのトラックバック一覧です: ワット・パクナムに行ってきた:

« ママーを屋台で | トップページ | タイのキャラクター »