« 遺跡ショートコースダイジェスト | トップページ | 一ノ瀬泰造とクイッティオ »

2016年10月10日 (月)

おしゃれな昆虫カフェ<閲覧注意>

Cv1503

<看板>K-7/DA50-200mm

この店を見つけたのはガイドブックからです。どこか近くに適当なレストランはないか。そんなくらいの動機でした。

「虫を食材にした料理を提案する新進気鋭のカフェ」とあります。

素材はともかく、フランス人のオーナーとのことで、大丈夫だろうと出掛けてみました。

Cv1475

<メニュー>GR DIGITAL

入っていくと、くだんのオーナーが丁寧に説明してくれます。クメール様式の高床式の住居を改造したところでその2階へ行きます。2階はエアコンがありませんが、風も入るし眺めがいいです。

1階はエアコンありで、密閉された空間です。

素材はサソリ、蜘蛛、コオロギ、カイコなど。ワニ肉もあります。

サソリ入りパパイヤサラダとココナッツカレー(ライス付き)に昆虫ミックスでお願いしました。もちろんビールも頼みます。

Cv1476

<まずは生ビール>GR DIGITAL

ワタクシの席の隣では子連れのファランがいました。すでに食事は終わっているようですが、あの子供も虫を食べたのでしょうか。そういう雰囲気もなさそうですが、特にメニューには普通の食事はなかったと記憶します。

Cv1479

<パパイヤサラダ>GR DIGITAL

来ました。でっかいサソリが3匹です。サソリはカリカリに揚げてあります。まずはサソリから。

殻がやや固いですが、よく揚がったエビを殻ごと食べるようなもんでしょうか。腹の部分が美味く感じました。

Cv1480

<サソリ>GR DIGITAL

なんと、サソリをはじめとする昆虫は、チルド保存してあるそうです。そういや、屋台で売買されるものより生きがよくて、今にも動き出しそうな感じがしませんか?

サラダもジューシーでなかなか美味いです。一応、メニューではスパイシー印がついていましたが、そうでもありません。食べやすく、美味しいです。

さあ、次と待っていましたが、どうやら忘れられてしまったようです。下に降りて、改めて注文します。

Cv1484

<ココナッツカレー>GR DIGITAL

見た目酢豚みたいですね。肉はありません。そのかわりが虫なんです。

Cv1490

<蜘蛛>GR DIGITAL

サソリのように固くありません。揚げてあるはずですが、全体的に柔らかいです。何ともでかくて、調べてみたら、カンボジアではタランチュラを使うようです。サソリといいタランチュラといい、毒を持っているはずですが、あまりそのことは考えないようにします。

Cv1488

<カイコとコオロギ>GR DIGITAL

こちらも軽く素揚げしてあるはずです。カイコは食べるとプチュッと中身が出るようなこともなく、滋養に満ちたような味がしました。

コオロギはあまり食べでがないですね。

Cv1492

<巨大アリ>GR DIGITAL

そしてご飯の上にもでっかいアリが。これは食べた感じがしますよ。

さてカレーそのものですが、けっこう美味しいです。さすがに長年研究を重ねた成果ですかね。

とはいえ、料理の美味さに意外な感じを覚え、肝心の虫の味そのものはほとんど残っていません。サソリと蜘蛛とカイコは割と美味かった気がします。でも、ここなら、絶対ダメっていう虫はありませんね。

屋台の昆虫を試す前にここで慣れておくのもまた一興かと。でも、食べませんでしたけどね。また今度ですね。

気になる料金はビール2杯を入れて、16.5ドルでした。オーナーは途中で自転車で帰っちゃいましたよ。

TripAdvisor

今日の中国人

Cv1002

<試し撮り>GR DIGITAL

今回は変則で。

中国人観光客多いですね。遺跡でシャッター押しを頼まれました。スマホだったと思います。こちらもすかさず頼んだら、何度やっても撮れないようで、「シャッター半押しでピントを合わせる」ことができないんですね。

そこで見本として、やり方を実践しました。その人の連れを撮ってみたものです。

シャッター押し、英語で頼まれたんですよ。その後の会話も英語。中国人には違いないと思いますが、もしかしたら台湾か香港の人かも。

|

« 遺跡ショートコースダイジェスト | トップページ | 一ノ瀬泰造とクイッティオ »

922t Indochina」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

おフランス人がオーナーのせいか、ビジュアルがインパクトありありですね。
サソリの唐揚げは上海の薬膳料理屋で食べたことがありますが、もっとかわいらしいものでした。川エビみたいでおいしくいただけましたけどね。
虫類をおいしくいただくコツはカラッと揚げることなんでしょうか。
中からぷちゅっはやっぱりちょっと勘弁ですね。

投稿: Lunta | 2016年10月11日 (火) 10時10分

impact
Luntaさん、こんにちは。
ワタクシも中国のどこかでサソリが出てきたような記憶があるんですが、食べたかどうか覚えてません。
ま、たぶん初めてです。
けっこう大きなサソリで川エビというよりは手長エビの唐揚げくらいありますかね。殻の固さも。
これまた未食ですが、タガメあたりは中の体液を味わうのがいいそうです。
やっぱりよく揚げてある方が無難ですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年10月11日 (火) 21時05分

こりゃすごい!
淡々と食べて解説しているヒョウちゃんもまたすごい。
平然としているところにかえってすごさを感じます。
スクムビット

投稿: スクムビット | 2016年10月11日 (火) 21時11分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
意外なことに料理自体が美味かったんですよね。
で、昆虫の味については、サソリを除いてメモを取り忘れました。
特に、カレーを長らく忘れられて放置状態でしたから、写真は撮ったものの、無心で食べていた気がします。
そんなことで、あのような表記になりました。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年10月11日 (火) 21時56分

またこれはかなり攻撃的な食事ですね(笑)。

実際は美味しいという話ですが、ヒョウちゃんは実践されていて凄いですわ^^;。

投稿: おりんぴあ | 2016年10月11日 (火) 23時20分

soccer
おりんぴあさん、こんにちは。
少しはネタになりそうなものがあったらという、不純な動機もありました。
結果的にはネタ満載なので行かなくてもよかったんですが。
今回もっともインパクトのあるネタかもしれません。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年10月12日 (水) 21時14分

なかなか迫力ありますね
それに旨そう(^^ゞ
カンボジアの森の昆虫とフランス料理の結婚・・・てやつですか
お値段も思ったより安いですね
ここは来年のインドシナ小回りでぜひ行きたいです

投稿: kimcafe | 2016年10月12日 (水) 23時01分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
そう、料理が美味いんです。
フランス料理というよりは、アジア料理そのものですね。
食材は昆虫でも、レシピはアジア料理です。
是非とも行ってきて下さい。
この近所のYOKOHAMAという店で日本人が集っています。
ほぼ大学生みたいですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年10月13日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64328465

この記事へのトラックバック一覧です: おしゃれな昆虫カフェ<閲覧注意>:

« 遺跡ショートコースダイジェスト | トップページ | 一ノ瀬泰造とクイッティオ »