« レストランでフォーサオボー | トップページ | フォーボーとバインミー »

2016年11月25日 (金)

世界遺産の入口まで

Cv2501

<フォーガー>GR DIGITAL

ハノイ3日目。宿の朝食にフォーガーを選択。昨日から4食連続の麺食いです。でも飽きません。北ではフォーガーは例外っぽい食べ物ですが、我が宿の味はけっこういいです。

ハノイに到着し、宿で荷物整理のあと、ちょっと出歩いたらシンツーリストの支店がありました。ハノイに4日もいるので、ハロン湾のツアーを申し込みました。朝食後迎えのバスを待ちます。

ちなみに、ハノイにはびっくりするほどシンツーリストの店があります。ホーチミンのシンツーリストの正式な支店は2つほどだそうです。あとは、ライセンスをもらい業務を代行している店のようです。

旧市街には1つの通りに必ず見つかるほど多いです。ほとんどが「シンカフェツーリスト」と名乗っています。キムトラベルは1軒だけ見つけました。

Cv2504

<バス内>GR DIGITAL

時間ぎりぎりにやってきたのはマイクロバスでした。ほとんど英語が話せない人物が呼びに来ました。なんだコイツは?と思ったら、交替の運転手でした。んー、ツアーの案内人がいない。これでいいのか?

Cv2507

<ホン川>K-7/DA50-200mm

ともあれ、バスはなんの説明もないままホン川を渡り雨模様のベトナム北部の村落を抜けていきます。

Cv2518

<休憩>K-7/DA50-200mm

ここで休憩となりました。土産物屋兼ドライブインです。例の運転手が「○ミニッツ、ストップ!」と叫びます。これくらいは伝えられるようです。

トイレ行ってやや高額なコーヒーを飲みました。

Cv2525

<それっぽい>K-7/DA50-200mm

また小1時間ほど走るとこんな風景に。ハロン湾近し。

Cv2534

<到着>K-7/DA50-200mm

ハロン湾到着です。ここでようやく英語のできるおじさんが登場。バスの客は1ヶ所に集められました。

「嵐が来ている。危険なので皆さんはここからハノイに引き返します。おそらく料金の数割は返金されるでしょう。15分後にまたここに集合してください」だとぉ?

催行すれすれでもバスは運行されたということです。我々のバスだけじゃなく、他にもおびただしい数のバスがハノイからここに向かっていったはず。

ハノイに戻るとお言葉通り、返金がありました。

でも、最初から中止という考えはないのかい?

ちょっと前に天候不順で船を出したところ、嵐に遭遇し、たくさんの犠牲者が出たそうです。このことで、ハロン湾の船の出港には慎重になっていると思います。

問題は、ハロン湾のツアーにも数種類あって、大きくいうと日帰りコースと宿泊コースがあります。バスは両方の客が混在しています。つまりハノイからのバスで帰りの客も乗せて帰りますから、どんなことがあってもバスの運行は止めないものと思われます。

理不尽ですけどね。こりゃ、自分で行って、1泊くらいして戻るのが一番かも。あとは天候の安定する季節を選ぶことでしょうか。

ちくしょう、いつかリベンジだ。往復8時間くらい。途中なにも食べなかったので、いい加減腹が空きました。

今日のベトナム人

Cv2573

<健康体操>K-7/DA50-200mm

ハノイ市民の憩いの場、ホアンキエム湖にて。

エアロビクスかと思いましたが、普段着のおばさんたちの体操です。プノンペンではエアロビクスを目撃しましたが。

でも、おそらく早朝などにここに来れば、太極拳のようなものから、オリジナルの体操まで、あらゆる身体にいいことを行うベトナム人が観察できるのではないでしょうか。

|

« レストランでフォーサオボー | トップページ | フォーボーとバインミー »

922t Indochina」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

あらら、ひどい目に合っちゃいましたね。
帰りの客のためのバスも空では走らせずに小銭を稼いだということ?
金より8時間を返せ、と叫びたい感じですね。
ベトナム人、東南アジアでは一番きついですよね、いろいろな意味で。
さすがアメリカに勝った(というか負けなかった)国です。

投稿: Lunta | 2016年11月25日 (金) 22時08分

まぁ、最初から中止にせずハロン湾の近くまで連れてくるのがベトナムらしさですね(苦笑)。

投稿: おりんぴあ | 2016年11月25日 (金) 23時20分

ハノイからスゴイ時間かかるのに…お疲れ様でした。
大変でしたね。
私が昔行ったときも天気は曇っていて、中国の墨絵のようだなーという記憶があります。小舟に乗りましたが。
私も移動時間8時間くらいかけて日帰りだったのですが、ツアーの中にいた人が、一泊する人もいて、いいなーと思いました。

投稿: prego | 2016年11月26日 (土) 10時00分

pisces
Luntaさん、こんにちは。
バスが出ないとドライバーの日当も出ませんし。
時間はお金に換えられませんよ、ホント。
ベトナム人はツアー客の人数を調整して、バスに空席が出ないようにするなどのことは天才的です。
ホーチミンのキムトラベルとシンツーリストのツアーどちらにも参加したことがありますが、人数きっちり乗っていましたもん。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月26日 (土) 21時11分

soccer
おりんぴあさん、こんにちは。
その通りです。
インドネシア人だったらきっちり連絡してくれます。
タイ人だったら、運行やめますね。無断で。全額返金はOKでしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月26日 (土) 21時13分

rouge
pregoさん、こんにちは。
さらに帰りは、知らない客が数名いて、自分が座っていた席を横取りされていました。
最後尾の中央しかあいてなくて。
深夜特急じゃないんだから、途中の休憩で取り戻しました。
ハロン湾の入口から眺めても行きたくなる感じですよね。
往復に時間がかかるので、やはり自分で行くことにします。
いつか。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月26日 (土) 21時16分

往復8時間ですか・・・?
それはきつかったですね(^_^;)
やっぱkimcafemkimトラベルがいいですね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2016年11月29日 (火) 21時17分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
ツアーなんですが、どこで申し込もうが同じものなんじゃないかと思っています。
キムトラベルは1軒だけ見つけましたが、これでは主催するツアーが成り立たない感じがします。
おそらく旅行会社で「いくらで販売しているか」くらいの違いでしょう。
ワタクシの宿でもツアーを斡旋していました。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月29日 (火) 22時36分

私もいつか行きたいのですが、
1泊クルーズだと専用観光船とかも
有って料金相場に天井はないみたいです。
ところで、今年の雨量は結構なもので
台風!もあり、多かったわけです。
それで、収穫期に入ったベトナムコーヒーは
不作でした。
Dak Rak省産というのとホーチミン発FOBの市況が
昨年比30-40%高いです。仕事中に検索しましたw。
ともかく雨季のハロン湾クルーズは
厳しいという事ですねぇ。

投稿: TACO | 2016年12月 4日 (日) 20時58分

noodle
TACOさん、こんにちは。
クルーズ船は高そうですけどね。
ハロン湾のツアー出発地点にはいろいろなコースの船があって、チケットも数種類用意されています。
なので、ローカルホテルに泊まってここでチケットを買うというのがいいんじゃないでしょうか。
ワタクシのネット上の知り合いもそうしていました。
おお、ベトナムコーヒー株がそんなことに。
カルロスさんに教えなきゃ。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年12月 4日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64539294

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産の入口まで:

« レストランでフォーサオボー | トップページ | フォーボーとバインミー »