« 新しいチェーン店でブンボーフエ | トップページ | これが本命、ブンチャー、ダッキム »

2016年11月12日 (土)

キムカフェで朝食

深夜特急の足跡を追うVol.24 番外編

ハノイに発つ朝、Kim Cafeに行くことにしました。朝食を食べようと思ったのです。B級グルメの巨匠、kimcafeさんにいわれたからではなく、これもまた深夜特急がらみなのです。

Cv2298

<キムカフェ>K-7/DA50-200mm

「えっ?沢木耕太郎は深夜特急でベトナムに行ってないじゃん」との指摘が聞こえてきそうです。だから番外編。沢木さんは「深夜特急」の続編ともいえる「一号線を北上せよ~ヴェトナム街道編」という著書があり、ファングーラオ界隈に泊まり、キムトラベル(当時はキムカフェ)のツアーとオープンバスツアーに参加しているのです。

Cv2296

<メニュー>GR DIGITAL

旅行会社がキムトラベルと改称しても、付属のカフェはそのままキムカフェを名乗っています。ちなみにシンカフェはシンツーリストに改称しました。カフェ部門はどこかへ消えてしまったようです。

キムカフェの従業員は店番のおじさんと若い娘でした。他に客はいません。一応メニューを開きこれらを朝食にします。

Cv2293

<カフェスア>GR DIGITAL

やはり起きたあとは苦みの強いホットですね。ここもアルミフィルターが活躍です。それにしても大型のポットまで付いてきました。必要ないですが。

でも、ここのコーヒーは本当に少しだけでした。その点は残念です。

Cv2297

<オムレツ>GR DIGITAL

チーズオムレツにしたら、チーズは別添えでした。それにバゲットです。特に感動する味じゃありませんね。ファランの皆さんはこういう料理で一安心なんでしょうけど。これもミッションの辛さですよ。

合計68,000ドンです。しっかりツーリスト価格です。

さて、ここからが本題です。

 七時、バックパッカーの溜まり場であるファングーラオ通りにある安ホテルを出て、角をひとつ曲がっただけの距離にあるキムカフェに向かった。七時半に出発ということだったので、隣のレストランで食事をしながら待つことにしたのだ。
 キムカフェの事務所にバックパックを置かせてもらい、隣のレストランでオムレツとパンとリプトンティーを頼んだ。
(中略)
 ようやくオムレツとパンが出てきたときには出発の五分前になっていた。私は早めに金を払うと、バゲットとコッペパンの中間の形をしたパンにナイフで切れ目を入れ、そこにオムレツをはさみ、チリソースをかけた。いつでもそれを手に飛び出せるような態勢を整えたのだ。幸い、最後の一口を食べ終わったところにバスが横づけされたので、ほとんど一番にバスへ乗り込むことができた。
(沢木耕太郎「一号線を北上せよ~ヴェトナム街道編」より引用)

旅行会社のキムカフェ,つまり今のキムトラベルの隣のレストランといえば、ここしかございません。そしてオムレツとパンです。パンの形も合ってますね。まあ、ワタクシはリプトンティー(ベトナムでは紅茶をこう呼ぶらしいです)ではなく、ベトナムコーヒーにしたのですが。

この描写はホーチミンからハノイへのオープンツアーバスに乗り込むところなんですが、その数ヶ月前、カントーまでの1泊2日のツアーにもキムカフェで申し込んでいます。そのときも、ここで紅茶を飲みながら待っていたようです。

間違いないですね。やった!

また番外編があるかもしれません。

今日のベトナム人

Cv2257

<アイスクリーム屋>K-7/DA50-200mm

統一会堂前で営業していた屋台のアイスクリーム屋。購入してからお願いしてこちらから撮らせてもらいました。

でも、視線をはずすんだよな。カメラ目線の来ない民族、それは中国人であることが多いんですが。中国人はカメラ目線よりもキメのポーズに集中していることが多いです。

まあ、遙か昔、ベトナムがフランスに植民地化される前は半分中国みたいなものでしたが。

|

« 新しいチェーン店でブンボーフエ | トップページ | これが本命、ブンチャー、ダッキム »

922t Indochina」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Midnight Express」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

今日のベトナム人にはkimcafeさんの写真が載せたかったところですね。
自分のブログは休みがちですが、ヒョウちゃんのブログは読ませてももらってますよ。

投稿: スクムビット | 2016年11月12日 (土) 20時57分

golf
スクムビットさん、こんにちは。
世の中には自分に似ている人が3人いるとかいいますから、ベトナム人でkimcafeさんのような人もいるかもしれませんね。
御拝読ありがとうございます。
もう終盤ですが、まだまだ続きそうです。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月12日 (土) 22時12分

おおお、実家が登場してた(^^ゞ
コーヒーが少なく、チーズが別添え、値段が68000ドン・・・ということは300円以上ですか
うーん、ダメじゃん、kimcafe・・・(^_^;)
今度、言っときます

投稿: kimcafe | 2016年11月15日 (火) 18時50分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
ようやく登場です。
ガイドブックを見てわかったのですが、旅行会社部門は「カフェキムツーリスト」にまたまた名称変更です。
ま、ワタクシにとっては沢木さんが食事しただけでも価値があるかと。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月15日 (火) 22時12分

前略、
PENTAXを中心に写真を撮っている者です。
以後、宜しくお願い致します。
最近、GRデジタル2005を買いました。
コンディション良い中古だと思うのですが
不自由を感じて撮っております。
腕前の問題ですわね、
つたないブログを始めますので
生あたたかく見てやってください。
さて下手糞ともいえない洒落ですが、
「らまだん」明けの男です。
活動を再開いたしますよ。

投稿: Takoh | 2016年11月18日 (金) 22時42分

noodle
Takohさん、こんにちは。
あー、どこかできいたことのあるようなお名前で。coldsweats01
GR DIGITALもお買いあげで。
ワタクシ的にはけっこう使い回しのいいカメラだと感じてます。
X-70はちょっと触ってきましたが、少し重いかな。
値段が7万を切ったら購入しようかと。
ああ、肝心のブログですが、リンク先がありません。
早く拝見したいです。よろしくです。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月19日 (土) 00時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64476017

この記事へのトラックバック一覧です: キムカフェで朝食:

« 新しいチェーン店でブンボーフエ | トップページ | これが本命、ブンチャー、ダッキム »