« キムカフェで朝食 | トップページ | 旧市街のナイスな宿 »

2016年11月13日 (日)

これが本命、ブンチャー、ダッキム

Cv2352

<ハノイ大教会>GR DIGITAL

サイゴンからハノイへひとっ飛びしました。ベトナム国内線についてはまた後日記事にします。

宿はこの近くにありました。ハノイの旧市街です。道は狭いんですが、どこに行くにも便利です。そして、ここが肝心ですが、ハノイに来たら是非とも食べたかった店がありまして、その近くに宿を取ったくらいです。

Cv2384

<ダッキム>GR DIGITAL

旧市街ハマン通りにある店です。ここでブンチャーを食べるのです。というか、ブンチャーしかありませんが。

Cv2390

<ブンチャー>GR DIGITAL

頼んだのはブンチャーと揚げ春巻きのセットです。これにビールをつけました。

セカホンのベトナム特集でも紹介されていた店です。ハノイでブンチャーというとほとんどこの店の名前が挙がるという超有名店です。

Cv2394

<ハノイビール>GR DIGITAL

北まで来るとビールも変わります。おまけにここではグラスではなく、プラスチックの不透明のコップを渡されました。容量がかなり少なくて、小瓶くらいです。タイの瓶ビールよりも小さいです。

たくさん飲む場合はビアホイに行けということでしょうか。

Cv2387

<つけ汁>GR DIGITAL

ブンチャーですが、肉とブンをこのつけ汁で頂くのです。つけ汁の中にはパパイヤが入っています。ニンジンも見えますが間違って入ってしまったものでしょう。そこは御愛嬌です。ちなみにつけ汁はもうひとつありました。足りなくなった場合の予備みたいです。

つけ汁はもちろんニョクマムがベースですね。

Cv2388

<肉>GR DIGITAL

肉は豚肉を炭火であぶったものと豚肉の肉団子のミックスです。これも汁に入っています。

Cv2389

<揚げ春巻き>GR DIGITAL

こちらはごく普通の揚げ春巻きです。カニ肉入りです。これはつけて食べませんね。そのまま頂きます。

Cv2392

<野菜とハーブ>GR DIGITAL

これは大量に付いてきます。これも麺と肉のようにつけ汁に投入します。個人的には入れなくても美味しかったです。

サイゴンと違い、ハノイではこのような大盛り野菜はあまり出てきません。

Cv2391

<ブン>GR DIGITAL

ブンボーフエのところでも登場したブンです。大量です。ブン自体がくっついていて、あらかじめ店員がハサミで食べやすいサイズにカットしてくれています。

細麺のブンです。ほとんど生麺に近いものです。これはまったくコシがありません。そうめんを柔らかくしたような感じです。

Cv2393

<頂きます>GR DIGITAL

コシのないブンですが、肉や肉団子と食べるととても美味しいです。肉も肉団子もたくさんあり、夕食にはぴったりですね。

昼食でも揚げ春巻きをなしにすれば、大食漢の方も満足する量と味です。いやもう、美味いものですから、ほとんどハーブを入れるようなことはなかったです。あれも完食していたら、ベルトを緩める必要があったでしょう。

料金ですが、セットのブンチャーが90,000ドン、ビールが20,000ドンでした。単品のブンチャーだと60,000ドンらしいです。なお、2015年のセカホン放送時は50,000ドンでした。物価上がってますよ。

ダッキムのブンチャー、もちろん麺部門にエントリーさせて頂きます。

今日のベトナム人

Cv2363

<アッチムイテホイ>K-7/DA50-200mm

ホアンキエム湖はハノイ市民の憩いの場です。夕方ともなるとパジャマのおばあさんなども登場して、くつろいでいるんですが、どうやら写真を撮られていることに気づいて、顔を見せないようにしたようです。

そうそう、ダッキム、kimcafeさんも訪れていらっしゃいます。「ハノイ キムダックのブンチャー」にトラックバックさせて頂きます。kimcafeさん、「ダッキム」だってば。それにしても、15,000ドン、100円だったんですね。

|

« キムカフェで朝食 | トップページ | 旧市街のナイスな宿 »

922t Indochina」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

私が2008年に食べた時は揚げ春巻き付きで5万ドンでした。
http://blog.goo.ne.jp/lunta_november/e/7031d35757fc8bb41f28a1ccf30764e6
ベトナムの物価上昇おそるべしですが、kimcafeさんの100円っていつのことなんでしょうね。

投稿: Lunta | 2016年11月14日 (月) 01時35分

HPの写真でみると2003年に行ったときとまったく同じですね。大量の野菜があって、肉に、春巻、スープ。麺がこまかく切ってあったことも記憶しています。麺はともかくとして、おかずは美味しかったですね。ビールの銘柄は写真ではよみとれません。その日は昼食でいただいて、夕食は別の店で食べて、昼夕飲み物代もあわせて48000ドンでした。だからこの店では料理とビールで20000ドンくらいだったと考えられます。

投稿: とんび | 2016年11月14日 (月) 19時28分

pisces
Luntaさん、こんにちは。
8年で1万ドンなら納得かもしれません。
50円の値上げです。
kimcafeさんは10年くらい前でしょうか。
その後急激に物価が上がったみたいですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月14日 (月) 23時32分

chick
とんびさん、こんにちは。
やはり行かれていましたか。
創業50年の店です。
元々、ブンチャーやブンダウマムトムは食べやすく麺をカットしてます。
他でも同じはずですが、お皿とかがkimcafeさんやLuntaさんの時と同じですね。
やあ、昔はもっと安かったんですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月14日 (月) 23時36分

あっちむいてほいのおばあさん
パジャマですか?

投稿: trintrin | 2016年11月15日 (火) 08時59分

ブンチャー、旨いですよね(^^ゞ
えっ、今は単品で60000ドン、300円ですかね
うーん、辛いとこです

投稿: kimcafe | 2016年11月15日 (火) 18時53分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
パジャマです。
外に出てもあまり違和感のないパジャマですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月15日 (火) 22時13分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
これは絶妙に美味かったです。
ハノイに行ったらまた食べたいです。
今度はビールと上げ春巻きなしでいいですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月15日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64489550

この記事へのトラックバック一覧です: これが本命、ブンチャー、ダッキム:

« キムカフェで朝食 | トップページ | 旧市街のナイスな宿 »