« これが本命、ブンチャー、ダッキム | トップページ | ワンタン麺とチェー »

2016年11月16日 (水)

旧市街のナイスな宿

Cv2369

<シクロ>K-7/DA50-200mm

ハノイではハノイ大教会の近くに泊まりました。リーコックスー通りにあります。

Cv2399

<入口>GR DIGITAL

Le Petit Hanoi。Agodaで1泊あたり約1900円のミニホテルです。ベトナムにはミニホテルとかエコノミーホテルというカテゴリーがあるようですがいずれも結構なお値段です。部屋数は少ないながらも設備は整っているということなんでしょう。

予約の際、旧市街であることが条件でした。その中でも破格の値段。朝食付きだったんですが、掘り出し物かと思ってポチッとクリックしました。

Cv2329

<ダブルベッド>GR DIGITAL

日本でいう4階建ての細長いビルです。1フロアーに2室のみです。部屋は最上階でした。とんでもない急階段でもちろんエレベーターはありません。ひいこらいってたどり着きました。

ベッドは大きいですが、部屋も広めです。階段に熱気がたまっていました。そういうところでは天井からの熱が部屋に籠もるんですね。

従ってちょっと蒸し暑いです。

Cv2333

<ベトナム製エアコン>GR DIGITAL

もちろんエアコンはあります。でもきいたことのないメーカーですね。おそらく、北ベトナム(ベトナム民主共和国)時代からのメーカーでしょう。サイゴンにもないブランドでした。

部屋が広いせいかなかなか涼しくなりません。

Cv2332

<エアクーラー>GR DIGITAL

おや?これは、水を入れてその水を冷やし、風で冷気を送る機械です。エアコンとエアクーラー両方を稼働させてしばらくすると熱気は収まりました。やれやれです。

Cv2330

<こうしてみるとなかなか>GR DIGITAL

下まで降りていくのがやっかいなんですが、1900円ですから我慢しましょう。こうしてみると悪くないですよ。

Cv2334

<洗面所とシャワールーム>GR DIGITAL

少なくともムアンポンマンションより安いのに、まあまあな感じがします。もちろんコンセントも複数あって、WiFiもばっちりです。

ちなみにベトナムではほぼすべての宿にWiFiがあるようです。まあここも客室が少ないからか、自分のブログ記事にコメントを書き込めないというニフティ特有の現象があったんですが、もう慣れました。

Cv2335

<アメニティ>GR DIGITAL

大手ホテルじゃないので、こんな感じです。ここにドライヤーがあって、やはり「ナショナル製」でした。

Cv2336

<タオル>GR DIGITAL

まるでバリ島の宿にいるような感じです。ちなみに花は造花ですが。タオル交換と部屋の掃除は4泊して3回やってくれました。ま、翌日から鶴はいなくなっちゃうんですけど。

フロントにはフレンドリーな若い女性が2人と、寡黙そうな若い男性が2人。1900円だったんですが、ここの良さはこれだけじゃなかったんです。

Cv2395

<すいかジュースとコーヒー>GR DIGITAL

フロントの奥が朝食を出すレストランとなっています。すでに飲み物とフルーツ、パン類、カラトリー類はセットされていて、セルフで持ってきます。

ほとんど期待しない朝食だったんですが、メニューを広げられ、選ぶことができました。麺があったので選びます。その麺も数種類あって、4日分のバリエーションが楽しめます。

Cv2396

<ブンボーナムボー>GR DIGITAL

ひえー、本格的ですよ。これはブンボーナムボーといい、スープなしの麺です。

Cv2397

<レタスと牛肉>GR DIGITAL

この時はわからなかったんですが、ナムボーとは「南部」という意味のようです。

ブンですからコシのない生麺です。ソテーした牛肉と生のレタスが和えてあります。これもシンプルながら美味いですね。やあ、楽しみが増えました。

麺は奥で作ってくるのですが、パンやフルーツももちろん食べていいとのことです。このホテルの隣に食堂のような店があったんですが、ほぼ同じものを出していました。おそらく系列の店ですね。そこでは「ベトナム・ストリートフード」といっていました。

他の朝食はまた後日紹介させて頂きます。ちなみに「今日はできない」ものもありましたが。

この麺も後日のコンテストにエントリーさせてもらいますので、よろしくです。

今日のベトナム人

Cv2375

<ストリートミュージシャン>K-7/DA50-200mm

ホアンキエム湖のまわりを歩くといろいろな人間観察ができます。湖と書きましたがちょっと大きめの池という感じです。

おじさんが手にしているのはバンジョーに見えます。でも、弦は4つみたいですね。バンジョーは5弦で、バンジョーと同じようにギターをチューニングしたのが「オープンG」というチューニングです。

ストーンズのキース・リチャーズが6弦を取っ払って、オープンGで弾きまくっているのですが。

よくわかりませんがベトナム特有の楽器なのかもしれません。携帯型のアンプまで用意してますね。まわりで聴いている人はまったくいませんでしたが。

|

« これが本命、ブンチャー、ダッキム | トップページ | ワンタン麺とチェー »

922t Indochina」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
タオルは白鳥ですかね
来年はトリ年なので喜ばれるでしょう
ベトナムには12支あるのかしらん

投稿: trintrin | 2016年11月17日 (木) 08時31分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
おお、白鳥という見方もありますね。
でも、ベトナムには白鳥は来ませんね。
ベトナムも仏教圏だし、中国の支配があったから十二支もあるんじゃないかと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年11月17日 (木) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64503091

この記事へのトラックバック一覧です: 旧市街のナイスな宿:

« これが本命、ブンチャー、ダッキム | トップページ | ワンタン麺とチェー »