« ブンダウマムトム、これまた美味し | トップページ | インドシナのコンビニ事情 »

2016年12月15日 (木)

Hotel Majestic Saigon

深夜特急の足跡を追うVol.25 番外編

Cv2862

<憧れのドンコイ通り1番地>K-7/DA50-200mm

サイゴンで最後に泊まったのはここでした。通常宿の予約ははじめの方から埋めていくんですが、今回ばかりはここが最初です。

それはなぜってもうおわかりでしょうが、沢木耕太郎氏が泊まったからです。

 しかし、外観はさほど立派なものではなかったが、中に入るとロビーはクラシックな雰囲気で満たされていた。天井からはシャンデリアが下がり、木製の自動ピアノがショパンを演奏している。レセプションにいる女性はアオザイを着ており、柔らかい物腰でチェックインの手続きをしてくれた。
(沢木耕太郎「一号線を北上せよ~ヴェトナム街道編」より引用)

Cv2944

<レセプション>GR DIGITAL

わたしゃ、1泊9000円ちょっとなので思い切って予約しました。あ、でもAgodaのポイントもつけてですから、もうちょっと高いかもしれません。

そう、外観はあまり冴えない感じです。ペニンシュラやラッフルズよりは威圧感が少ないですね。でも、中は割といい感じです。チェックインすると、手続きをしてくれたアオザイ女性がそのまま部屋に案内してくれました。

タクシーを降り、キャリーバッグを持ってはいるのですが、すぐにベルボーイが荷物をキープします。荷物はあとから届けられました。

Cv2947

<例のピアノ>GR DIGITAL

ショパンはかかっていなかったような。

パッケージツアーを使っていたときには格のあるホテルにも泊まった経験はあります。でも、格があって歴史もあるクラシックホテルにはあまり経験がありません。もちろん、個人旅行をするようになってからは、コストパフォーマンス重視ですから、せいぜいバンコクのセンターポイントくらいです。それも割安な時間帯を狙ってですね。

Cv2823

<ベッド>GR DIGITAL

案内された部屋は2階でした(日本式に数えるなら3階)。開業は1925年とE&Oとかペニンシュラ、ラッフルズよりは新しいですね。

でも、ベトナム戦争時代は各国のジャーナリストたちが宿泊し、歴史をかいま見たホテルですから、ペナン、シンガポール、香港の英国系コロニアルホテルよりも意味があるところかもしれません。

ここには旧館と新館があるのですが、旧館でした。沢木さんも旧館だったそうです。

扉を開けると、エントランスの小部屋があり、それと区切られたかたちでベッドルームがある。そこには木製の大きな机が据え付けられており、布張りのソファーとテーブルもセットされている。テーブルの上には籠に入った果物とミネラル・ウォーターがのっていてマネージャーからの手紙が差し込まれている。床も木でできているが、歩くとギシギシというようなことはなく、きれいに磨き上げられている。
(沢木耕太郎「一号線を北上せよ~ヴェトナム街道編」より引用)

んー、残念ながら「エントランスの小部屋」はなかったです。やっぱりマジェスティックで一番グレードの低い部屋ですね。それでも満足です。

Cv2861

<フルーツ>GR DIGITAL

ランブータンとバナナは食べました。ま、昼食替わりということで。マネージャーからの手紙はありませんでしたね。そのかわりなんでしょうか、テレビをつけるとメッセージが流れました。これに取って代わっているんでしょうかね。

Cv2833

<浴室>GR DIGITAL

広いです。この旅で初めてバスタブに湯を溜めてゆっくりと浸かりました。

Cv2835

<ネーム入り>GR DIGITAL

これは土産になりますね。ミネラルウォーターはここにありました。トイレは当然シャワートイレです。

Cv2954

<金の蛇口>GR DIGITAL

決して嫌味じゃないセンスです。洗面台も同様です。

Cv2900

<クッキーと蘭>GR DIGITAL

ブンダウマムトムを食べて戻ると、ベッドメイキングされていて、こんなものが置いてありました。

沢木さんはサイゴン川に面したリバーサイドの部屋で、バルコニーが付いていたそうです。わたしゃ、プール側の部屋でバルコニーはありません。窓を開けるといきなり廊下で、ずっとカーテンをしていました。ま、ケチったから仕方ありません。

部屋にはもちろんWiFiがあります。というか、全館WiFi。大きな声ではいえませんが、パスワードがかかっていません。たぶんないと思いますが、WiFiのない宿に泊まった場合、マジェスティックのロビーに入り込めば、ネットにつながります。

Cv2950

<プール>K-7/DA50-200mm

小さなプールです。ホテルの内側にあります。プールサイドにいても景色は見えず客室ばかりが見えることになります。ここにもバーがあるそうです。

朝食は「なし」にしました。食べたい場合はプラス20ドルだとか。予約段階で朝食付きにしてもよかったかな。でも、ローカル朝食の誘惑に負けました。単なるケチともいいますが。

今回客室まわりを紹介しましたが、続編もあります。

今日のベトナム人

Cv2973

<マスク屋の姉さん>GR DIGITAL

ベンタイン市場の中で衣類専門の店です。かなり面白い柄のマスクを見つけたので購入したついでに撮らせてもらいました。

こうしてみると、ベトナム人はスリム系が多いですね。

|

« ブンダウマムトム、これまた美味し | トップページ | インドシナのコンビニ事情 »

922t Indochina」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

Midnight Express」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

なにを隠そう、昔はクラシックホテルマニアだったkimcafeでございます(^^ゞ
マジェスティックでは、ドンコイ通り沿いだけど河の見える部屋でした
朝食付きでベッドルームとリビングが別れてましたね
1泊追加したらus100$でした
最初に行ったとき(98年?)は改装ちょくごでロビーが光輝いてましたが、泊まったときはそうでもなかったです(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2016年12月18日 (日) 11時00分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
わたしゃ、そうそう泊まれませんがたまにはこういうところもいいと思いますね。
マジェスティックは今回経験しましたが、E&Oやペニンシュラ、ラッフルズは高額すぎていつになることやら。
kimcafeさんがお泊まりになった頃は沢木氏がちょうど訪れていた頃のような気がします。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年12月18日 (日) 13時56分

初めてサイゴンに行った時、最終日にこのホテルのカフェでアイスコーヒーを飲んだら、帰りの飛行機の中でえらいことになりました。
例のフィルターを氷の入ったグラスの上に置く形でしたが、まさかこのホテルの氷にやられるとは、不覚でした。
もう20年前の話し、まさか今はそんなこともありますまい。

投稿: Lunta | 2016年12月20日 (火) 18時39分

pisces
Luntaさん、こんにちは。
知り合いがベトナムに行ったとき食中毒になったと申しておりました。
ただ、マジェスティックではないと思いますが。
東南アジアで食べ物でやられたのは1回あります。
でも、アイスコーヒーも平気で飲んでますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2016年12月20日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64626347

この記事へのトラックバック一覧です: Hotel Majestic Saigon:

« ブンダウマムトム、これまた美味し | トップページ | インドシナのコンビニ事情 »