« 台東鉄道芸術村 | トップページ | 知本温泉 »

2017年1月19日 (木)

「下水」を頂く

Kt0210

<綜站前>K-7/DA21mm

なんと、台東にはユニクロまでが進出していました。それにこのビルは馴染みのある店がかなり入っているし、日本料理店もあります。

少ない人口ながらも、近くにはシェラトンまであります。そんなに観光客が多いのか!

ともあれ台東で一晩過ごしまして、朝がやって参りました。宿には朝食が付きませんので、外出して食べに行きます。だいたいお決まりのコースとなりますが、近くで朝から開いている店ですね。

Kt0284

<旺旺鷄肉飯>GR DIGITAL

ここにしましょう。なんと、24時間営業です。

壁にずらりとメニューがあります。どれも安いです。米苔目もありました。食べたいものをメモして店員に見せます。了解されました。でも、よく観察すると、オーダーシート(*1)がありました。

Kt0280

<本日の朝メシ>GR DIGITAL

ご飯にスープです。

Kt0281

<鶏肉飯>GR DIGITAL

本当は「鷄」の文字になります。魯肉飯の鶏肉ヴァージョンといえましょうか。鶏肉を細く繊維に沿ってちぎった労作です。

比較的淡泊な味です。こちら30元。

Kt0283

<下水湯>GR DIGITAL

これ、よく屋台などで見かける言葉なんですよね。食べ物なのに「下水」とは。

ま、わたしゃモツのことであると知っていましたが、お初の料理です。いわばモツスープ。

鶏モツです。コリコリしています。でも、臭みを消すためか、ショウガが使われています。ショウガ味のスープ。でも、これも淡泊です。海苔か昆布みたいなものも入っています。いずれも細かく切られているので、ほとんど全体の味には影響していません。

こちらも30元。計60元の朝食です。

物価の比較からいうと、タイよりは2割り増し。ベトナムのツーリスト価格とどっこいどっこいかな。カンボジアとマレーシアよりは安いでしょうか。

淡泊な組み合わせを選んでしまったようで、野菜ものでも取ればまた違ったかも。まあ、壁にずらりとあるメニューを組み合わせば、そのバリエーションは無限です。明日もここでしょう。決まりです。

<註釈>

  1. 紙にすべてのメニューと単品価格が記載されているもので、欲しい数を書き入れていくもの。漢字が読めて、メニューの理解力があれば言葉がいりません。台湾ではほぼこれがデフォルトです。

今日の台湾人

Kt1094

<路上パフォーマンス>K-7/FA50mm

瑞豊夜市そばの路上で、ヒップホップに合わせて踊る男性グループ。

かなり動きが速くて、ぶれてます。

以前はこういう人たちは皆無に等しかったんですが。

|

« 台東鉄道芸術村 | トップページ | 知本温泉 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

台東で旺旺鶏肉飯で昼食食べたようです。店の名は忘れていましたが写真をみたら旺旺鶏肉飯の看板がうつってました。ただ様子が少し違うので、3年前から変化したのか、同じ店の別の支店なのかがよくわかりません。本来ならトラックバックするのが適当なのでしょうが、機能を停止しているので、かわりに↓にリンクさせておきます。
http://tombi00.sblo.jp/archives/20140209-1.html

投稿: とんび | 2017年1月22日 (日) 01時20分

chick
とんびさん、こんにちは。
支店はないと思います。
たぶんここでしょう。
このあたり、同じような店が並んでいるんですが、ここだけ24時間営業なので、朝食には重宝いたしました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月22日 (日) 20時35分

台湾は大好きな国ですが、食べ物は結構嫌いなものが多い私です。
下水湯もその一つでたべことありません。
内臓系が全部だめなんで、食べ事ないんですが、
スープだけなら生姜の味でたべられそうかなー?と読んでいて思いました。
牡蠣もダメなんで蚵仔煎も食べ事がありません…

投稿: prego | 2017年1月24日 (火) 09時12分

rouge
pregoさん、こんにちは。
ワタクシの場合、肉よりモツ派です。
でもダメな人のことはわかります。
下水湯のモツは心臓(ハツ)かな。
コリコリ系です。
それより、屋台などで鶏や鴨の頭なんか販売してますが、その方がインパクト強くないすか?

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月24日 (火) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64784580

この記事へのトラックバック一覧です: 「下水」を頂く:

« 台東鉄道芸術村 | トップページ | 知本温泉 »