« 台湾のホテルはいくつもの名前を持つ | トップページ | 新しい麺、米苔目 »

2017年1月14日 (土)

台東への道

台湾を最初に訪れたのが2001/2002年の年末年始でした。ルートは反時計回りに台北から1周するというものでした。

当初は鉄道で回るつもりだったのですが、高雄でチケットがないということで、ここからバスに変更しました。現在国光客運という民営化されたバス会社の国光號を使いました。いや中興號だったかな。

これが途中故障してしまい、台東に到着したときにはもう夕方でした。では台東から花蓮までは列車があるだろうと、駅に向かいますが、その年のうちに台東新站(現在の台東站)・台東站(現在バスターミナル兼インフォメーションセンター)の路線が廃線となっていたことをここで知るわけです。

しょうがないので民営バスで花蓮に向かいました。到着したときはすっかり夜でした。ついでにいうと花蓮でも鉄道チケットはすっかり売り切れでした。どうやって台北に戻ろうかと真剣に悩みましたが、花蓮で泊まったホテルから大有把士(バス)があることがわかり、ほっとしたものです。

Kt0195

<自強號チケット>GR DIGITAL

2回目の台湾では阿里山に行きました。台北の勝美旅行社と直接やりとりして、台北・嘉義往復の自強號チケットと、阿里山鉄道の往復チケット、宿を押さえました。チケットは台北の宿に届くというものでしたが、阿里山鉄道のチケットは嘉義で勝美系の旅行社の係が直接渡すという何ともおおらかな時代でしたね。

その帰りの自強號はめちゃくちゃ混んでいて、自願無座(立ち席)の人が通路にあふれるという状況でした。

ま、それから15年も経っているし、台湾高速鉄道(高鐵)もできたので、チケットの入手はそれほど困難ではなくなったと思いました。でも、台湾の東側は西海岸と違い高鐵もないので、高雄到着の翌日に購入しました。自強號というのは台鐵の最上級列車です。西海岸ではちょっと速い列車という感じで、高雄・台南などの短距離でもよく使われます。でも、東海岸では飛行機の次に速い乗り物ですね。

Kt0181

<高雄車站の跨線橋>K-7/DA21mm

改札から月台(プラットフォーム)までかなりの距離があります。列車到着5分前くらいだと乗り遅れる可能性があります。

Kt0187

<乗車した自強號>K-7/DA21mm

これから乗る南廻線は坊寮・知本間が非電化なのでディーゼルの列車となります。また、ほぼ単線となるので、待ち合わせも多かったです。

台湾のインフラが整備されてきてもこのあたりがネックですね。

Kt0191

<座席>GR DIGITAL

シートに掛けられた布にはくまモンみたいなキャラがプリントされていました。太魯閣のキャラクターのようです。

けっこう足下は広いです。バスよりも快適です。

Kt0200

<山がち>K-7/DA21mm

南廻線は台湾で一番遅く開通した路線です。途中の中央山脈を横切りますので、山とトンネルが多いです。

Kt0204

<東海岸>K-7/DA21mm

それが終わると太平洋に沿って北上します。明らかに西海岸と違い、大きな都市も少なくなるし、せいぜい村落が現れるのみ。寒々しい風景が続きますね。

Kt0208

<台東站>K-7/DA21mm

ようやく到着しました。ですが、台東の中心部はここから路線バスに乗る必要があります。到着してすぐに次の台南行きのチケットを購入しました。午前中のダイレクト便はなんと1本のみ。窓口でメモを見せると、日本語のわかる女性でした。

Kt0209

<バス>K-7/DA21mm

中心部まで24元です。お釣りもくれますし、悠遊カードも使えます。駅を出て案内に沿って歩くとバス停に到着します。あまり本数は多くなさそうですが、タイミングよく乗ることができました。ただし、荷物はすべて車内持ち込みです。

けっこう疲れました。

今日の台湾人

Kt0172

<高雄中学前>GR DIGITAL

高雄の朝。ホテルがちょうど中学校の前でした。登校時間には緑のオバサンならぬ、生徒自らが交差点に立ち、信号が緑に変わると遮断機のような旗を降ろし、クルマを止めます。

比較的交通マナーはいいと思うので、必要ない感じもしますが。

でも、このようなボランティア活動は優秀な人材を当てるのかも。こういう人たちの中から将来の総統が現れるかもしれません。

|

« 台湾のホテルはいくつもの名前を持つ | トップページ | 新しい麺、米苔目 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

初台湾は2001年で同じだったのですね。自分は台北だけ2泊3日だったのですが、ヒョウちゃんは最初から台湾一周だったとは行動的でしたね。1日かけての高雄から花蓮をバス移動は大変だったと想像できます。自分はまだ台湾一周はしたことがなく花蓮・台東はまだ通ってません。

投稿: とんび | 2017年1月14日 (土) 20時24分

chick
とんびさん、こんにちは。
ちょうど個人旅行に切り替えて、慣れだした頃ですね。
あのときは、列車の数が少なかったのだと思います。
今なら大丈夫でしょう。
台東-花蓮はバスだと海線と山線があります。
山線は鉄道沿いで海が見えませんが、時間は早いみたいです。
わたしゃ、海線で時間がさらにかかりました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月15日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64762582

この記事へのトラックバック一覧です: 台東への道:

« 台湾のホテルはいくつもの名前を持つ | トップページ | 新しい麺、米苔目 »