« 旗津半島・まずはこんなもん | トップページ | 台湾のホテルはいくつもの名前を持つ »

2017年1月 9日 (月)

インドシナ麺選手権☆ベトナム編

後半はベトナム単独でいってみます。けっこう激戦が予想されますが、どうなることでしょうか。

エントリーNo.1 ブンチャー@ハノイ ダッキム

Vn01

つけ汁で頂くブンです。ブンは極細の米麺で、押し出して麺にします。ほとんど乾燥を加えないのでコシはありません。ブン自体がくっつきあっていて、あらかじめハサミで食べやすくカットされています。

つけ汁にはパパイヤが入っていますが、基本ヌクマムがベースとなります。あとは砂糖が入っているでしょうか。

具は豚肉の網焼きとチャート呼ばれる豚肉団子の網焼きです。それにハーブ。セットで頼んだので揚げ春巻きも付いています。

創業50年を数えるダッキム。お値段は90,000ドン。

元記事は「これが本命、ブンチャー、ダッキム」から。

エントリーNo.2 ブンボーナムボー@ハノイ Le Petit Hanoi

Vn02

実はホテルの朝食だったのですが、満足する味でした。細麺のブンですが、下茹でし、ドライ麺に仕上がっています。

具はレタスと、牛肉です。モヤシも少し入っています。

お値段は朝食付きホテルですから、フリーです。

元記事は「旧市街のナイスな宿」より。

エントリーNo.3 ミーヴァンタン@ハノイ スイカオ・トムトイ

Vn03

ベトナムでは珍しい中華麺の登場です。でも細麺です。そしてフォー以上におおぶりの丼で提供されます。

具だくさんで、空芯菜、チャーシュー、魚フライ、卵、臓物、水餃子に揚げワンタンといった具合。元記事では書き忘れましたが、シイタケにエビも入っていました。登場したときには空芯菜で覆われていて、麺がほとんど見えない状態でした。

「ミーヴァンタン」というのがベトナム語でワンタン麺という意味です。

これで35,000ドンと、フォーよりも安いです。

元記事は「ワンタン麺とチェー」です。

エントリーNo.4 フォーサオボー@ハノイ Lue Rambot Restaurant

Vn04

焼きフォーです。ベトナム版のパッタイみたいなものでしょうか。生麺のフォーをオイスターソースで具ごと炒めています。もっちり感あります。

具は牛肉とエノキ、シイタケ、空芯菜、トマトです。

オイスターソースがしみわたっています。

お値段はレストランで他のものと込みだったので不明です。高めに見て、100,000ドンくらいでしょうか。

元記事は「レストランでフォーサオボー」より。

エントリーNo.5 フォーボータイ@ハノイ フォーティン

Vn05

ハノイの定番フォーボーです。

スープは意外にもクリアです。シンプルそのもので、下味を付けた牛肉の半生とこれでもかというアサツキだけです。

ハノイでは野菜とハーブ類は出てきません。これに唐辛子入りのお酢とライムを搾って頂きます。

料金は50,000ドン。元記事は「フォーボーとバインミー」より。

エントリーNo.6 ブンダウマムトム@ホーチミン ブンダウフォーニョーゴーニョー

Vn06

またもやブンです。基本ブンチャーと同じ食べ方をします。

ただしつけ汁はマムトムというエビの発酵調味料で、ライムを搾り入れるだけです。これで好き嫌いが別れるようですが、つけ汁をヌクマムに換えてもOK。

具は基本揚げ豆腐のみ。セットものだったので、タケノコや魚の練り物、ハム、キュウリにハーブでした。

具も麺も多いのでお腹いっぱいになること間違いなしです。

料金はセットものなので90,000ドン。

元記事は「ブンダウマムトム、これまた美味し」より。

いかがだったでしょう。当初、エントリーに付け加えるといっていたチェーン店の麺料理ですが、採用やめました。あしからず。

それではコメント待っています。

|

« 旗津半島・まずはこんなもん | トップページ | 台湾のホテルはいくつもの名前を持つ »

02h Vietnam」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

ミーヴァンタン、こちら広島の醤油とんこつ味ラーメンに似てます( ^ω^ )。

投稿: おりんぴあ | 2017年1月 9日 (月) 23時35分

soccer
おりんぴあさん、こんにちは。
醤油とんこつってあるんですか。
それも食べてみたい。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月10日 (火) 21時56分

https://www.youtube.com/watch?v=orPF3HMEY2I

広島のラーメンはほぼこれですねぇ。

投稿: おりんぴあ | 2017年1月11日 (水) 00時09分

ブンチャー、フォーボー、ブンボーは食べました。ブンチャーがおかずが別であったり、食べ方がかわっていたりして面白いですね。また食べてみたいです。

投稿: とんび | 2017年1月11日 (水) 21時06分

soccer
おりんぴあさん、こんにちは。
そうなんだ。
食べてみたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月12日 (木) 01時29分

chick
とんびさん、こんにちは。
今ベトナムでは、フエ料理のチェーン店なども出てきています。
また、中部のダナンあたりではまた別の麺もあるということですから、奥が深いです。
南部でも、フーティウというのがありますね。
また行かねば。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月12日 (木) 01時31分

こんばんは。
連投を避けたいのと、見た目だけでは
判断が難しいのです。みなウマかったんでしょ?
で、結論は3番のワンタンです。
私はワンタン麺が好きなのです。ここは水ギョウザも
あったそうですね。一度行きたいですよ。
さて、近場に女性向けフォーの店があるんです。
そこは薄味なのと腹持ちがしないみたいです。
しかも2軒先がタイ料理屋。
残念ですが、ここではタイ飯の勝ちです。

投稿: TACOS | 2017年1月16日 (月) 22時08分

noodle
TACOSさん、リクエストに応えていただいてサンクスです。
ご指摘通り、美味かったやつだけ出しているんですが、困っちゃいますね。
ま、それだけハノイでは美味いものが多いと。
今のところ、ワンタン麺リードですね。
女性向けのフォー屋って、量が少ないんでしょうかね。
フォーの丼は確実にラーメンどんぶりくらいあるのが普通ですけどね。
ビンミン、日本米をフォーに加工しているんですね。
あそこ、侮れません。
日本じゃタイ料理がベトナム料理を圧倒していると思いますが、麺以外のベトナム料理もかなり美味いです。
ホント、レベル高いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年1月16日 (月) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64743175

この記事へのトラックバック一覧です: インドシナ麺選手権☆ベトナム編:

« 旗津半島・まずはこんなもん | トップページ | 台湾のホテルはいくつもの名前を持つ »