« 安平といったら牡蠣ですよ | トップページ | 読めない牡蠣料理 »

2017年2月23日 (木)

豆腐系デザートで一息

Kt0744

<清時代の墓地>K-7/DA21mm

安平にはこういうものもありました。午前中からやや重いものを食べました。でも、まだ食べたいものがあるのです。その店はもう少し後でオープンするので、それまでつなぎに軽いものを頂くことにします。

Kt0714

<安平豆花>K-7/DA21mm

こちら、バス通りにあるデザートの店。個人的にはデザートや甘いものは積極的に食べていません。敢えて食べなくても大丈夫だし、せいぜいおつきあい程度です。

ま、今回は例外中の例外ということで。

Kt0719

<店内>K-7/DA21mm

店頭にカウンターがあり、ここで写真入りのメニューを見ながら指さしで選ぶことができます。

Kt0716

<タピオカ豆腐>GR DIGITAL

オリジナル豆腐にミルクをかけ、タピオカをトッピングしたものをオーダーしました。

Kt0717

<味は豆腐>GR DIGITAL

豆腐じたいは特に甘いわけでもなく、トッピングとかけるもので味付けしてある感じです。

でも、これなら、腹にたまらないし、45元なので財布にも優しいです。

豆腐はオリジナルと竹炭黒豆、濃厚牛乳から選べ、トッピングは小豆、緑豆、タピオカとレモンから選べます。

Kt0720

<けっこう古いらしい>K-7/DA21mm

デザート店ですが、女子ばかりが集う店ではなく、子連れの夫婦とかもやって来ます。小さい子も食べてます。そのくらいの年齢から親しんでいるからか、台湾人は特に甘党とか辛党という区分けはなさそうです。

どちらもOK。でも、情熱を傾けるのはアルコールじゃなくて、食べ物である…みたいな。

ホームページ

ちなみにここは2号店でした。さあ、そろそろ、次の店が開店するかな。

今日の台湾人

Wt0332

<道士>K-7/DA50-200mm

こちら、2012年の旅より。北港の媽祖廟にいたおじさんです。

いや、おじさんといっては失礼かもしれません。台湾も中国本土同様あまり仏教寺院は目立たなくて、すべての信仰を受け入れるといわれている道教の建物が多いです。そこにいた人なので、えらい道士なのかもしれません。

一見おもらいさん風ではありますが、インドと違って、小難しいことはいいませんし、バクシー攻撃もありませんね。とはいえ、近寄って撮るのもはばかられるので、望遠ズームでワンショットです。

|

« 安平といったら牡蠣ですよ | トップページ | 読めない牡蠣料理 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64931409

この記事へのトラックバック一覧です: 豆腐系デザートで一息:

« 安平といったら牡蠣ですよ | トップページ | 読めない牡蠣料理 »