« 豆腐系デザートで一息 | トップページ | 嗚呼、花園夜市 »

2017年2月26日 (日)

読めない牡蠣料理

Kt0786

<小さな店>K-7/DA21mm

安平地区3軒目のB級グルメです。この店は12時から開店とのことで、それまでしばらく散策をしていました。

場所は安平古堡の南外れです。すぐそばが安平港です。陳さんの牡蠣ロール店よりずっと奥です。

そろそろ開店するかなと出向きますと、すでに営業しておりました。早速入ります。

Kt0784

<店内>GR DIGITAL

ごく簡単なテーブルがいくつか。奥にはテレビが映っていてその下あたりに席を取りました。青年の店員が近づいてきます。やたらと画数の多い文字で、当然発音もできずガイドブックの写真を見せることになります。

Kt0782

<来ました>GR DIGITAL

なんという料理なのか。強引に書くと蚵(虫へんに可)+口へんに爹(父の下に多)となります。これで「カーディエ」と発音するようなんですが。

それにしても今回、日本語ワープロで表記できない文字の料理が続きます。

安平の料理ですから当然牡蠣です。野菜の上に牡蠣と肉をのせ、衣をつけて揚げた料理だそうです。

タレにワサビが入っていますよ。ワサビは日本原産だそうですが、台湾でも南部で山地同胞が作っているみたいです。ワサビも台湾ですっかり定着している香辛料といえましょう。

Kt0785

<なぜかカレー味>GR DIGITAL

最初から4つにカットしてあります。1切れを箸でつまみタレにつけて頂きます。

おや、カレー味です。これは意外です。衣がカレーの味をしているんです。

牡蠣の味もしますが、何とも衣の味が強いですね。小さく見えますが、朝から食べ続けでけっこうたまってきました。これで35元。ちょっと小腹が空いたときにはいいでしょうね。

自分の場合は朝食を含めてこれで5食目でいささか食傷気味になってしまいました。でも、このあと、屋台の串ものをつまみましたけど。やっぱ、食べ過ぎだよな。

今日のベトナム人

Cv2339

<モデルでは>K-7/DA50-200mm

8月のハノイ、ハノイ大教会前にて。

ベトナムに限らず婚礼写真を観光名所(というか地元でも有名スポット)で撮ることは非常に盛んなのですが、ウエディングドレスまたはそれに準じた服装の女性だけでの撮影はモデルなのではないかと想像します。

かといって、男女揃っての撮影でも、実際の婚礼写真ではなく、モデルを使っているものもありますね。今度出してみます。

|

« 豆腐系デザートで一息 | トップページ | 嗚呼、花園夜市 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

ここのところ、自分が食べた料理と同じものが続いていますね。なんだかブログも同じような感じになりますね。この料理を紹介するため、口へんに父の下に多、って自分も書いています。この料理は台南でも安平ではなく国華街で食べました。4つに切ってなかったのと、わさびがついてなく、カレー味じゃなかったのは違っていますが。

投稿: とんび | 2017年2月27日 (月) 00時37分

わさびにカレー?
カレー味がついているなら
タレは不要な気がしましたが・・・
たいわんってさっぱり味が多い思い出ですが
わさびとカレー・・

投稿: trintrin | 2017年2月27日 (月) 07時59分

chick
とんびさん、こんにちは。
台南、わたしゃ3度目ですが、とんびさんはもっと行ってらっしゃるので、被って当然なんじゃないでしょうか。
できるだけ、料理名は単純な方がいいんですが、こればかりは仕方ないですね。
TripAdvisorとか覗くと「カーディエ」の文字も入力している人がいまして、どうやっているんだろうと思ってしまいました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月27日 (月) 20時30分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
タレは醤油じゃないんですよ。
わさびも、我々が刺身に使うような水分の少ないものじゃなくて、とろっとしてます。
あと、香腸(ソーセージ)などのタレにもわさびを使うことがあるようです。
それほど強烈なわさびではありませんでした。
その点はマイルドです。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月27日 (月) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64944820

この記事へのトラックバック一覧です: 読めない牡蠣料理:

« 豆腐系デザートで一息 | トップページ | 嗚呼、花園夜市 »