« カレー棺材板リベンジ成功 | トップページ | ハヤシ百貨はパワースポットらしい »

2017年2月10日 (金)

市場の中の麺の店

Kt0597

<海安路の路上アート>K-7/DA21mm

まだ昼食時間なのですが、この日の4食目となる料理を求めて中正路までやって来ました。棺材板の店からさほど離れていません。

やはり、西門市場というマーケットの中にある店です。ちなみに「中正」とは蒋介石の本名です。

市場に入るとすぐのところにありました。

Kt0611

<鄭記>GR DIGITAL

ここです。裏側からのショットですが、カウンター席があってそこから撮りました。

ここの名物は鰆(サワラ)のフライを使った麺です。店も料理も正式名称があるのですが、日本の漢字ではまったくでてきません。

強引に書くと、こうです。

店名:大菜市鄭記[魚士]魠魚[火庚]
料理名は「大菜市鄭記」を取り去ってください。

魚へん2連発+魚でサワラということらしいです。最後の火へんはよくわからないです。

Kt0613

<来ました>GR DIGITAL

麺は選べます。中華麺か米粉(ビーフン)です。もはや、エビご飯と棺材板でかなり腹一杯なのですが、これを食べきったら昼寝でもするかという気分です。決めた。もうこの日は観光しません。

中華麺にします。あっという間に来ました。

Kt0614

<とろみ>GR DIGITAL

スープにとろみがついています。熱々です。個人的には魚フライに麺というのはあまり食指が動かなくて、まあ話のついでに食べていくかといった感じでした。

でも、サクサクで柔らかいです。をを、これならいけますね。美味いです。パクチーも効いていて大変よろしいです。

Kt0615

<麺とフライ>GR DIGITAL

他の具材は煮込まれて形が崩れた白菜が入っています。大変シンプルです。でも美味いですよ。かなり小ぶりの丼なんですが、腹にたまる感じもあり、朝食にするのだったらこれで十分なんじゃないでしょうか。

中華麺ですが、あまり鹹水を使っていません。色が薄いです。といって、牛肉麺みたいにうどんっぽくありません。ややラーメンに近い感じです。

料金50元でした。このあとマジに昼寝しました。B級グルメ食べ歩きはけっこうキツイものがあります。

<2017/02/12追記>
とんびさんよりご指摘があり、この店の店名と料理名をていせいしました。

今日のコンタイ

Mp0662

<托鉢小坊主>K-7/FA35mm

2011年のハジャイです。タイ南部の中心都市です。この圏内となるとムスリムがかなり増えてくるのですが、近くに上座部仏教の寺院があって、托鉢も行われています。

でも圧倒的に僧侶の数が少ないのでしょうか。ルアンパバーンのように集団で托鉢する光景はほとんど見られませんでした。

|

« カレー棺材板リベンジ成功 | トップページ | ハヤシ百貨はパワースポットらしい »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

朝から牛肉湯→→蝦仁飯→→棺材板→→[魚土]魠魚[火庚]
(※最後の字は[魚庚]ではなくて[火庚]ですよ)

よく食べましたね。かくいう自分はというと、朝から意麺→→[魚土]魠魚[火庚]→→棺材板 というコースで食べました。3種で打ち切り、次は夕食でいろいろ食べました。

[魚土]魠魚[火庚]とカレー棺材板を続けて食べたのは順序は違うけど同じですね(笑)。

http://tombi00.sblo.jp/archives/20141215-1.html

投稿: とんび | 2017年2月11日 (土) 22時56分

chick
とんびさん、こんにちは。
ご指摘ありがとうございました。
訂正済みです。
ここは一気に行くしかないでしょう。
後で休みました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月12日 (日) 18時23分

こんばんは。
私は行く機会がないと思いますが、ネットでは
有名店ですよね。
浅草新天地ないしは大菜市(市場の名前)で
鄭記 これが店の名前?
魚土魚乇 <さわら>
火庚が魚の甘辛炒めですかね。

看板が釣り下がっていて、「さわら専門店 鄭記」
みたいな和訳ですか。

魚土魚乇 米粉
魚土魚乇 麺
魚土魚乇 魚塊 などが一律 大50元 小40元で
よろしいですかね。
 なにか ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム
 と似た感じ の単品ショップという印象を
 受けます。
究極の調べものの仕方としては 新浪 微博 百度とか
当たるんですが、マニア的に過ぎます。

投稿: TACOS | 2017年2月13日 (月) 23時08分

noodle
TACOSさん、こんにちは。
有名ですね。
ちなみに市場の名前は西門市場となります。
「鄭記」が屋号でしょう。
台南では日本語JISで表記できない料理名をけっこう街中で目撃します。
ま、鰆フライ専門店ともいえましょう。
TACOSさんが調べたページ、ワタクシも記事にする上で拝見してます。
看板などはそこにありましたね。
大菜市については不明なんですが、いちお、例のガイドブックにそう書いてあったので、ここでもそう書いておきました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月14日 (火) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64876926

この記事へのトラックバック一覧です: 市場の中の麺の店:

« カレー棺材板リベンジ成功 | トップページ | ハヤシ百貨はパワースポットらしい »