« ボリュームあり、百年肉粽 | トップページ | 朝から牛肉 »

2017年2月 2日 (木)

擔仔麺の「乾」

Kt0458

<日本風の建物>K-7/DA15mm

中央分離帯のある大通り、海安路です。この通り沿いにはどういうわけか日本風の建築物が多いです。昔からあるものではなさそうで、近年わざわざ作っているものだと思います。

前回は4年前なんですが、気づきませんでした。たぶんあまりなかったのだと思います。

ここなんか、酒蔵風ですが日本酒を醸造しているかは不明です。ただのオブジェかもしれません。ひらがなを多用したり、どうにかこうにか日本らしさを醸し出そうとしている感じがします。

さて、再發號で特級の肉粽を食べ、もうひとつ行くかどうか思案中。

Kt0518

<歩道の店>K-7/DA21mm

赤嵌樓のある民族路三段。食べ物屋が増えてきました。赤嵌樓と道を隔てて、度小月の看板もあります。でも、この度小月は台北にも支店を持つ「度小月擔仔麺」ではございません。

台湾に商標登録がないのでしょうか。あったとしても度小月擔仔麺が「度小月」を商標登録していないから使われてしまったということでしょうか。

そこから歩いてすぐの歩道にテーブルが並んでいました。なぜか別の店のシャッターにメニューが掲げてあります。擔仔麺、50元。すぐそばの擔仔麺よりも安いです。食べていきましょうか。

Kt0519

<オーダーシート>GR DIGITAL

ここも言葉がいりません。でも、店の主人は簡単な日本語を話しました。店は石春臼擔仔麺という屋号です。(看板では「石春臼」と読めますが、この一帯には「石精臼」を名乗る店がたくさんあります。さて、どちらが正しいんでしょう。)

Kt0520

<擔仔乾麺>GR DIGITAL

頼んだのは擔仔麺の「乾」です。タイでいう「ヘーン」にあたる、ドライ麺です。

度小月擔仔麺もその他の店の擔仔麺もニンニクをきかせたり味に工夫を凝らし、メリハリをつけているという話を聞きました。それはイコール日本人向けという味になります。台湾の味はどちらかというと薄味で、塩分も少なめ、あっさりとした中に美味しさが宿るものなんだそうです。

その文の中で、麺にも「乾」があるということを知りました。ならば、食べてみようと思いました。ここには乾麺があったのです。

Kt0522

<量は少なめ>GR DIGITAL

台北の林森北路。すなわちそれは、日本人向けの飲屋街で、おびただしい数のスナックがあります。現地駐在員に連れられて何度か足を運んだことがあるんですが、脇にホステスを侍らせてウイスキーの水割りをお代わりし、カラオケを歌うような店でした。

飲んだあとは同じ林森北路にある麺屋(台南擔仔麺)に行きます。飲んだあとのシメですから、擔仔麺の味もかなり強めです。

読みは当たりました。ここのは台南人向けというか、比較的薄味でニンニクも効かせていない優しい味です。乾麺ですから、スープはほとんどなく、タレで味付けしているような感じです。

そのタレも薄味です。美味しいです。かなり気に入りました。

擔仔麺じたいは度小月擔仔麺と同額です。でも、トッピング類はこちらがわずかに安いです。1食分にするにはかなり少なめなので、何か物足りないときにぴったりです。あるいはオヤツがわりとか。

今日のコンタイ

Il0250

<スコータイの婆さん>K-7/DA21mm

スコータイ遺跡をソンテオで回ったとき、最初の遺跡で突然現れたお婆さんです。カメラを構えると、なぜかポーズを取ってくれました。

なんかわざとらしく天秤棒みたいなものを担いでいるんですが、今考えると遺跡ですから、農業などはやりたくてもやるところがないと思うんです。

撮影したらじゃあとその場を離れ何ともなかったのですが、もしかしたらモデル代を請求される寸前だったのかもしれません。

|

« ボリュームあり、百年肉粽 | トップページ | 朝から牛肉 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

日本風建物にオリオンビール!
沖縄系?
度小月はニンニクきいてました!

投稿: trintrin | 2017年2月 3日 (金) 08時45分

boutique
trintrinさん、こんにちは。
この通りは日本料理店も多いです。
ちょっとしたオフにはぴったりかも知れません。
台湾では飲食店や屋台でアルコールがあまりセットになっていないのですが、ここなら大歓迎でしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月 3日 (金) 21時58分

ははは、ヒョウちゃんは、ちまきのあとに担仔麺だったのですね(笑)。食べる順序が違っていましたね。

投稿: とんび | 2017年2月 3日 (金) 23時49分

chick
とんびさん、こんにちは。
少し余裕があったので食べました。
他のものは無理でした。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月 4日 (土) 21時08分

お邪魔します。
タンツーメンですか。
エビの頭とカツオのだし汁。
チャイナエアは薄味、
キャセイは少し味が濃いですね。
そして自分は中国北方とか南方航空を試すことは
多分ないでしょうから想像つきません。
林森北路、最高です。
一晩10万円つかったのでコスト大なんですがね? 
日本と何にも変わらないし、交通費が乗っているので
浪費した!って感じました。
嫌味でしたか。。。

投稿: TACOS | 2017年2月 4日 (土) 22時14分

noodle
TACOSさん、こんにちは。
ご出身、名古屋でしたっけ。
名古屋の台湾ラーメンは台南出身の人が擔仔麺を元に日本人向けにアレンジしたものとか。
中国南方航空は何度か乗りましたよ。
香港から昆明に行くときとか。
それにしても1晩10万って、凄いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月 4日 (土) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64843400

この記事へのトラックバック一覧です: 擔仔麺の「乾」:

« ボリュームあり、百年肉粽 | トップページ | 朝から牛肉 »