« ハヤシ百貨はパワースポットらしい | トップページ | 富盛號で朝食 »

2017年2月15日 (水)

ひとりでも気軽に入れる台南料理レストラン

Kt0722

<ガジュマル>K-7/DA21mm

南国特有の樹木、ガジュマル。台湾ではこれがとりわけ多いです。しかも、台南ではとりわけガジュマルが目立ちますね。

ハヤシ百貨店のあと腹もなんとか空きだして、夕食に向かいます。考えてみればB級グルメばっかりで、おかず2品とご飯という組み合わせがここまで皆無でした。

では行くのはあの店しかありません。そう、前回も訪れた赤嵌擔仔麺です。

場所は赤嵌樓の並び、民族路二段です。

Kt0655

<台湾ビール>GR DIGITAL

ここもレトロな感じで売っています。だいぶ古い民家を改装したもののようです。落書きなどはそのままです。

でも、歩道にもテーブルが出ていたのでそちらに席を取ります。注文はラミネート加工されたメニューに赤鉛筆で書き込んでいくだけなので楽です。しかも日本語あり。まずはビールなんですが、なんと台湾6日目にしてお初です。

台湾ビールもいろいろな種類がでてきたようですが、クラシックなタイプでした。そして、グラスじゃなくて「コップ」と呼んだ方がしっくりする小ぶりの容器で飲みます。

Kt0659

<本日の夕食>GR DIGITAL

ご飯に豚の耳、豚の角煮にメンマです。ご飯には胡麻がふってあります。いつも食べている日本のご飯と変わりません。

豚耳があったので、ビールを頼んだようなものです。新鮮でコリコリしていて美味いです。ビールのお供にぴったりです。マクロ撮影した画像は思いっきりぼけていました。なので画像はありません。

Kt0661

<豚の角煮>GR DIGITAL

結構な塊なんですが、箸ですーっと切れます。それだけ柔らかいです。付け合わせのメンマも美味いですね。こちらもご飯に合いますし、もちろんビールにも合います。

さりげなくパクチーがのっています。これもまたよし。

この店はレストランでありながら、お一人様でも歓迎なんです。席数も比較的多いですし。回転も割と速いからでしょうか。

普通のレストランですと、香港並みに入りにくいです。台湾料理とはいえ、中華の一種ですから、ひと皿が大人数向けなんですね。よって、複数でないと難しいんです。ヨーロッパですと、何を頼んでもひとり分きっちりですから、入りにくい雰囲気であっても大丈夫なんです。わたしゃ、その点は克服しています。ワインもハーフボトルやキャラフの量り売りですから問題ありません。

そう、赤嵌擔仔麺はひとりでも入れる店なんです。ありそうでなかなかないんです。貴重な店です。

でも、あまり台南の料理っぽくなかったかも。でも、下のリンクにたくさんの台南料理が載っています。

料金は270元。カプチーノ2杯よりも安いです。

赤嵌擔仔麺  その他、食べログから台北ナビ検索するとぞろぞろヒットします。

今日の台湾人

Kt0771

<台南のハヌマーン男>K-7/DA15mm

画像の加工が少し進みまして、使える人物写真も結構出てきました。

台南の安平地区の天后宮前の広場です。サルっぽい扮装をした男性が出てきたと思ったら、片っ端から人を捕まえて記念写真を撮っているんです。

お金を取っている雰囲気はなかったんですが、なんだったんでしょう。

|

« ハヤシ百貨はパワースポットらしい | トップページ | 富盛號で朝食 »

923t South Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

おお、旨そうな角煮です(^^ゞ
ひとりで気軽に入れるレストランはいいですね
しかも歩道のテーブルですか・・・
小さいコップもいいですね

投稿: kimcafe | 2017年2月16日 (木) 22時22分

karaoke
kimcafeさん、こんにちは。
いいですよ。ここ。
この界隈は歩道のテーブルの店が結構あります。
そういった店で台南はどこかちょっと違いますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月16日 (木) 22時56分

おいしそうな台南グルメ、毎回続いて、これは食べた、これは食べてないって、毎回楽しんでいますよ。ここのお店は入ったことはないですが、通りっかってよく知っています。店頭にサンプルが展示してあって、その意味でも入りやすいお店ですね。今度は入ろうと思いながら、ほかのお店に行ってしまって、なかなか入れないのですが、今度行ってみようと思います。自分のほうの台南グルメの紹介もう終わってしまったのですが、どんなに思われましたか。お待ちしていますよ。

投稿: とんび | 2017年2月17日 (金) 20時26分

少し前に、中華航空からプロモメールが来ました。
私の登録情報が英語繁体語なので、
「情人節 でんでん----」というものでした。
バレンタインデーの何か、割引とかお勧めが内容でした。
本邦のチョコレートも当てはまりますが、3世紀の
ローマ帝国の司祭が
情人に当て字付けられてしまう国際交流の不思議。
驚きます。
本編では赤毛城、オランダ人の城跡ですかぁ?
自分は勉強足りませんね、ううぅ。


投稿: TACOS | 2017年2月17日 (金) 23時31分

chick
とんびさん、こんにちは。
台南だからこんなことも可能ですね。
他ではほとんどこういうことはできないと思います。
この店は仰るようにサンプルがありますね。
そういう店でもわかりやすいです。
フォローありがとうございました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月18日 (土) 20時50分

noodle
TACOSさん、こんにちは。
義理チョコひとつだけの収穫でした。
日本はなぜか食品メーカーが八百万の神に乗っかっちゃうんで、これをひとつひとつこなしていくのもしんどいなと思います。
プロビデンシャル城、紅毛城ですね。
安平にあるのはゼーランディア城と呼ばれていました。

投稿: ヒョウちゃん | 2017年2月18日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/64898180

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりでも気軽に入れる台南料理レストラン:

« ハヤシ百貨はパワースポットらしい | トップページ | 富盛號で朝食 »